オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チリ2000円台の狙い目・・・が、輸入中止!という話なので呑んでみた。 ヴェンティスケーロ・ラミラナ・カベルネ2011

うぇるかむ!
これまでの流れから唐突にチリのカベルネを更新!え、なぜって?いや~、なんとなくなのですがコレがなかなかバリューワインでして・・・・・・

9VPBD.jpg
ヴェンティスケーロ・ラミラナ・グランレゼルヴァ・カベルネ2011
チリのギリギリ中級価格?のカベルネ主体です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
馬のラフい感じは可愛いのですが、オレンジ全開なのは賛否わかれるかもですネ。いかにもカジュアルって感じがいいような悪いような・・・・・・
qitqv.jpg
裏の方が訴求効果あったんじゃ?

作り手はヴェンテスケーロというチリ第6位の大手です。
スーパーマーケットをめっちゃやってるアグロ・スーパー社というのがあるんだそうで、そこが展開する自社ワイン……日本でいえば、イトーヨーカドーが自社でワインを作っているみたいなモンですかネ。
(ちなみに、西友とかがやってるセレクション・ブランドではないのです。あれはあくまでも作ってる人から買ってから売ってる)
コンサルトにはグランジのジョン・デュヴァルを呼んでたりしており、大手生産アイテムとしてはそこそこ。
今回のコレは、ポジション的にはコッポラのディレクターズカットシリーズに近いようなラインかな。
なのですが、タイトルの通りこれ輸入停止が決まったのだそうで。
元々は2680円ぐらい、それがまぁ1580円ということでちょっとカベルネ呑みたくて買っちゃったんですよね。
さて、どんなモノだったかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
ワォ!クラシカルなキノコ系カベルネの良品!!
これが良かった訳で。うん、定価でもなかなかいい感じだと思います。
何せ、私、キノコっぽい風味が出てるクラレット系大好きなんですヨ。

色は比較的強く赤紫。ルビーというよりは紫感強めな気がします。
香りからなかなかチリらしさがあって、カシス果実にコーヒー感、葉っぱ系葉巻の雰囲気、それからトリュフオイルとダシぽさ。
色の割に熟成要因であろう部分が出ているんですが、だから良いのです。
味わいも口当たりは比較的サラッとしていて重たくないのですが、味わい自体はじっくりとしています。
紫系果実からスタートし、ちょっと赤果実の酸も含みつつ、前述のキノコ要素が出てきます。
どれもあまり強い訳ではないんですけれども、突出しすぎない結果バランスがとれている感じ。
エレガント、というよりは控えめです。要素自体はストレートなんですよね。
あとあとからスモーキーさがやってきて、これまたちょこっとミネラリーさも出しつつキノコ感とハーブの印象を残してフィニッシュ。
葉巻っぽさは全体で見ると多少あるかな、ぐらいであんまりダーティーではなかったりします。
これのいいところは値段で引いた時によくある「シロップ甘味感が強すぎる」「味わいに変化がなさすぎる」「酸の強さが旨味につながってなくて酸っぱい」「味わい深いように見えてただ果実感がないだけ」などなどエトセトラエトセトラでありますが、そういう次元にはなく
「メドック格付けだったらどの辺りだろうか?」
という域で話が出来る、カベルネワインとしての完成度です。
確かにチリ寄りのバランス感と風味なのですが、カベルネとして実にらしくかつ熱い仕上がり。
勝ち気系なヒロインの定番、王道を行くデザインのキャラかな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(定価でも♥♥♥♥)
これは在庫をケース買いするのが妥当なのでは?
販売中止で安くなっているらしくて1500円程度。うむ、それなら購入であります!
全体の印象としては、定価でもヘタに他のカベルネ買うよりはいいんじゃないのコレ?というのが正直なところです。
とてもバランスのいいカベルネとしてちゃんと仕上がっているではありませんか。
最近は暑くなってきましたので管理が大変という方も多いでしょうから、買い占めは難しいにしても1本ぐらいはお試しあれ。
バリューなテーブルカベルネとしては、かなり珠玉。

というわけで、ヴェンティスケーロ・ラミラナ・カベルネ2011でした。
インポーターからすれば残念なアイテムを売っぱらっている訳なんでしょうけど、一般消費者はこういう時こそズズッ!と出てくる。
最近チリとかアルゼンチンとかで勿体無い感じの特売セールを良く見かけるのは嬉しいやら悲しいやら・・・・・・

ネット上では割りと余ってる感じもありますが、一応終売セールらいしので早め購入のがいいかも

スタンダードなバトルヒロインの代表例……というかもはや女性主人公の代表例?
関連記事

| チリ | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/655-af2b1228

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT