オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アキバ系にワインは流行るのか?~酔っぱらいの考察~

うぇるかむ!
今日はばっちし酔っぱらいです!いくつかのワインやブラインドティスティングをかましてきてかなーりヘロヘロです。
まともに文章を書ける気がサラサラないので、今日は日記なのです。

・アキバ系にワインは流行るのか
定期的に書いてる「アキバ系にワインは流行るのか」という門限。
私は「知らないだけで、あいつらには流行る」と確信していますし、その為の当ブログでありますが……それを物理的に考える事は出来るのか。
出来る。

アキバ系オタクがHUBでダッサイシリンダーノアルコールをとっているのがトレンドだったのは3年ぐらい前。
最近でもまだまだオタクの溜まり場となってるHUBさんですけれども、昔よりは盛況さがなくなっているように見受けられます。
で、アキバでも最近になってオシャレっぽい雰囲気をウリにする店が増えている。
オタッキー心にも、ちょっとした高級感を求める向きがあるんですね。
更に、神田が今、ワイン祭りを開くなど精力的にワインバーを推し進め、実はアキバから徒歩5分ぐらいで万世橋の下には有料試飲をやっているワインショップがあるではないですか(プラグラスなのが最悪ですが)。
ついでに珈琲ショップも近くにあってイイ感じだ。
そもそも、アキバって神田および東京が近いし上野だって歩いていける範囲なハズなのですよ。
アキバ系オタクがアニメグッズに使ってる分を、こうしたショップに出すようになったら、えらい経済効果だと思いませんか?
アキバに行くオタクの大半が妙に小さな世界の中で生きてたりしますが、案外と近くにオシャレが存在しているのではないか。

GgmSq.jpg
そんな万世橋にはラーメンすらオシャレが漂っているのですから。
銀座の「むぎとオリーヴ」がいつの間にかアキバ出店してました。
オリーブオイルを結構使ってる、モダン・鶏醤油で量は足りないもののオシャレ系定番の低温チャーシューやローストビーフに長芋と焼いたナルトや鶏をかつお節風にした鶏節で卓上トッピングがエシャロットオイルなど超モダンなお店。
これが最寄り駅秋葉原のラーメン屋。ラーメンだってコレなんだから、もっとオシャレで雰囲気のいいお店をアキバで出店する・・・見直す価値はあるハズ。
あ、ただエシャロットオイルに使ってるオリーブオイルはちょっと軟弱なのは直した方がイイと思います。

ic0JX.jpg
逆に、アキバ文化から流行ってる料理とかもあって、コレは池袋のお店の牛カツ。
遥か前からアキバでは牛カツの店が何店舗かあった訳ですけど、一気に普及して色んなところで牛カツのお店が出来、池袋にもここ1年で3件ぐらい新しく「牛カツの店」が確認されるように。
アキバと池袋はお互いにあるお店をまるでパクり合うかのように、ありとあらゆるジャンルの同一ショップ(系列点)が増えたり減ったりしあうのが特徴なんですけれども、その激化でいえばワインだって同じなように感じます。

という訳で、世界唯一のアキバ系ワインティスティングブログとして、今後もワイン評を書いていく訳です。
ワインがオシャレで「いけすかない」ではなくオシャレなアニメの世界を「体現出来るお酒」として広まってくれる可能性は、神田をキーとしてあるように思うのでした。
同時に、秋葉原のジャンルって見直されるべきだと思うんですよネ。弱小風俗みたいなダサさのメイド喫茶とかも「コンセプトカフェ」という意味では昔からしっかりとコンセプトを持っている事が多いのですから(そういうのをハズしてるダサい店はどうやら潰れているみたいですし)(なお、筆者は未だに純度100%のメイド喫茶は行ったことがない)

このアニメとか、ワイン飲みながらだと超最高ですヨ。日本のドラマなんぞよりヨッポドオシャレだと、貴方思いませんか?

これとか売ってるお店が神田にはあるしネ。

万世橋下のワインショップはこの辺りのインポーターと提携してて、ちょと新しいスタイルが知れます(ただし、プラスチックグラスなのが最悪だ!)
関連記事

| アキバ系記事 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/654-a882b2d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT