オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中途半端に熟成感のあるピノ?意外な程変わり種で独特なモントレースタイル。 パライソ・ウェストテラス・ピノノワール2009

うぇるかむ!
例大祭お疲れ様でした!という感じでして、昨日のイベント→今日仕事→グランブルーファンタジーで正直更新する気力がありませ~ん・・・
ということで、今日は割りとデータが揃ってる品で。

HWO1j.jpg
パライソ・ピノノワール・ウェストテラス2009
またパライソですよっていうかこのインポーター、パライソぐらいしか呑むものもねーのです(超大胆なぶっちゃけ

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
先日シャルドネを紹介したばかりですね。なお、今回はシャルドネとは一緒に呑んだわけでなく、例大祭帰りにぼっちになり打ち上げムードを妬ましく思いながら「あぁ、なんかカリピノが呑みたい」と思ってたらコレがやってたので呑んだというだけの話だったりします。
rCvQ6.jpg
従って、ワインの内容に関してはこっちでご確認を。
で、一個だけよくよく気をつけてほしいといいますか私もちゃんと確認しきってなかったんですが
ピゾーニの隣畑というにはあまりに離れた位置にあります
ギリギリで近い。けれども、隣畑というと「道一個分ぐらい?」って普通思うんハズですけど、これおそらく山一個分は、ある。
とはいえ、このワイナリとしてはベストブロックチョイスではあります。
っていうか、このワインに関しての情報は公式インポーターのヴィノスやまざきよりも遥かに私が良く使ってるこちらの方が詳しいし正しいです。

こっちの詳細説明のがずっと詳細ですし無駄がありそうでありません。公式インポーター恥ずかしいゾ。

と、相変わらずやまざきディス気味な私ですが、実際このワインの事を見るべきですねさてさて・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
呑み頃じゃないっぽいけどなんか面白くはあるゾ!?
熟成してるのかしてないのか良くわからないような味がします。
なんじゃそりゃ?
もうちょっと詳しく書くと「果実感などがハッキリと残っているしそれらがチャーミングなタッチ」なのに「熟成による梅感が激しい」んです。
Bu7SB.jpg
色は中心地こそ赤みがあるが、朱色がエッジには入っています。
香りにまずはチェリーの印象が強く目立ちますが、よくよく香ってみるとキノコや紅茶の印象がほんのりと浮かんできます。
時間がたつほど、キノコ要素が強まる辺りは熟成めいた感覚でしょうか。
酸味は香りの段階からそれなりに感じられ、典型的甘味カリピノでないことはわかります。
味わいはそうした少し熟成した赤果実の感覚とダシ感が早めに感じられ、じんわりとした梅干し感があります。
柑橘系を伴う梅干し要素。それらにチェリーの要素が絡まるという、文章化すると美味しくなさそうな感じなのですが少し熟成感が入ったピノノワールの印象ままとも言えるでしょう。
アフターも梅やちょっとしたカツオダシ感があります。しかし、アタックはフレッシュなちょっと重た目のチェリー感なのです。
ただ、バランス感覚で言えば悪い部類。
果実自体はフレッシュ系なのに、キノコ感や梅の味わいがキッチリ見られるのですから。つまり融合感といいますか、こなれた感じが全然しません。
全然しないものの、それはそれで独特で味がある。
こうしたダシっぽさなどを上手くひっかければ料理にも使えるのではないか?と思わせてくれる程度に良い方向でバランスの悪さが転換しています。
アキバ系アニメジャンルにはロリ巨乳というのがありますが、その中でもバランスが悪い体のデッサンバランスしちゃってるような部類。
で、それはそれで好きな人いるでしょう?
書いててむしろピノ・ネロなんじゃないかとか思わせるような部類かもしれませんネ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
4000円ぐらいならまぁまぁの部類、ないし独自の個性を活かした使い方や好きな人にとってはバッチリ楽しめるワインとなっているのではないでしょうか。
モントレーでも単純にもっといいのはある気がするんですけれども、これ結構独特なスタイルに(偶然かもしれませんが・・・)仕上がっており、オンリーワンな魅力があります。
これをもっと洗練とさせると以前書いたフェイトなどのようによりらしく高級感が出てくれるのでしょうけれども、案外とこっちの方がおもしろみもあるかもしれませんネ。
プレゼントにするにはあまり向かず、かといってワイン会に持っていくにはちょっとダサい印象ではあります。ブラインドとかなら結構楽しい結果が出せそうです。
この意外な面白さを経験するには、インポーターのショップの有料試飲で呑むのが最も早いかもしれません。結構な頻度で開けてるワインでもありますからネ。
その上で購入判断を。

という事でパライソ・ウェストテラスでした。
何気に紹介する事が3回目になっちゃったパライソ・ヴィンヤードですが、理由は単純に「偶然たまたまネタがあったから」という事と、もう少し複雑な理由に「ここのインポーターで呑んだ時に割りといい評価を出せるワイナリだと思うから注文しがち」というのがあります。
ずば抜けて素晴らしい訳でもないんですけれども、比較的ハズレを引かない気がする。
それはSLHという地区そのものの実力だと私は思ってたりします。だからセントラルコーストはスゴいんですって。
パライソのブルゴーニュ品種は、このインポーターの信頼の基板といえるでしょうネ。
(ただ、シラーとかのローヌ品種はあんまりかな・・・)

ネットショップで買うよりはセール狙いがオススメ

ロリ巨乳代表としてとりあえず貼っておく潮氏
関連記事

| アメリカ | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/651-36c50231

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT