オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳥さん印の凄腕カベルネ!ナパカベのトップクラスの飛翔感!! リヴァース・マリー・ナパヴァレー・カベルネ2012

うぇるかむ!
カリフォルニアワイン界隈で注目を集める方法、それは一番は醸造家だろうと思います。
「あの~~が作った!」
というフレーズのルーツ的な部分は、カリフォルニアブーム及びそれを牽引したパーカーたんに寄るところ・・・・・・これが嫌で余計にフランスはテロワール主義的になった節もある気がしますネ・・・・・・であり、今回はそうした意味ではカリフォルニアワイン界隈らしいワインかもしれません。

f2ofh.jpg
リヴァース・マリー・ナパ・カベルネ2012
良年のリヴァマリ、それもカベルネ!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ソノマピノ専門だったハズのリヴァマリがカベルネを始めたぞ、と話題になったワインです。
何時もの鳥さん柄も独特に仕上げて・・・・・・え、鶏に見えない?
yGE5l.jpg
こう映せばいいかしら?
正直ネットショップ貼った方がどういう事かわかりやすそうなので貼りますと

この鶏を線で描いたデザインになっているんですネこれ。
超カッキェー!!自社ブランドがあった上で、アレンジかけたデザイン素敵すぎでしょう。

作り手はトーマス・リヴァース・ブラウン。
経歴とか本元といえるピノに関しては以前やったことがあります
ついでに江川卓が好きなワイナリです(やきう民アッピル
その時はこの項目を♥♥♥♥にしておりひとつ+してるんですけれども、理由は2つ。
「ラベルのリファインがカッコイイから」
「そもそもトーマスはパーカーやスペクテイターからカベルネ・ソーヴィニヨン種主体のワインで100点をもらっている、パーフェクターだから」
です。なので、もともとピノが好きとはいえピノの専科でもない人がプライベートに楽しんで作ってたのがこのリヴァーズ・マリーブランドだったんですヨ。
それが、ついにカベルネも自社で始めたゾ!という事であります。
zgQwm.jpg
裏も、とりさん!

今回のモノは、その自社カベルネの中ではセカンド格になっています。
シングルヴィンヤードでいくつか作っており、その中の「パネク・ヴィンヤード」産の下級ロットにパレット・ヴィンヤードという別畑がちょっぴり入ってバランスをとっているという・・・・・・ほぼほぼ、ボルドーのセカンドワインと同じ状態です。
また、上述した内容でいえば、実は2003年からこのカベルネは始まっているらしく正確には「日本への正規輸入としては初」ではあるんです。
とはいえ300ケースぐらいしかこれでも作られていないらしく、おそらく2012年がブドウの出来と同様に収穫量も豊富だった事で割り当てが日本にやってきたのかな?とも。
名高いトーマス・リヴァー・ブラウンのカベルネ作品、その片鱗は果たしてココにあるのかしら?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
超クールビューティーなカベルネのエントリーだ!
実にエレガントなスタイルのナパカベであります。
ナパカベメイド説、なる謎のイメージを持っている私でありますが、これはまさにクールキャラなメイド属性。
風を感じさせる、ぶっ飛びなワインです。
HZenj.jpg
色は透けない赤紫。
香りにかなりクリアにカシスとハーブの印象があります。
クリーン。
カベルネのこれを青臭い、と索敵する人もいるそうなのですが、サンジョベーゼにも似た爽やかなハーブ感と言えると思いますヨこれは。
自分で書いてて改めて、どちらかというとスーパータスカンに近い印象の香りかな。
果実も果実でジャミーでもなく、紫果実のソース感があるといいますか・・・・・・
味わいもとてもしなやか、サラッとした口当たりからスタートします。
率直にカシスの酸味と甘味があり、それからバニラクリームの印象を漂わせつつ、アフターがハーブ感で綺麗に抜けていきます。
14%を超えるアルコール度数ですが、重たさよりも飛んでく感じ。翔べッ!
意外な程サラッとしていますから逆に重厚さをナパに求める人向けではないかもしれませんネ。
凝縮、とまでいかない引き締まったツリ目キャラ。
筋書きの綺麗さはナパ的なインテリジェンスを感じちゃうんだけれど、それを押し付けない謙虚さがとてもイイ。
黒髪ボブショートツリ目のクール美少女そのものですネ。
綾波系ともいえるのかな?あそこまで暗みと重たいストーリーではないのだけれど。
驚きといえば、改めてコレを作っているのが評論家100点ワイン醸造家であろう事。評論家受けしないタイプだけどポテンシャルを魅せつけています。

コストパフォーマンス(最大10PT)
♥♥♥♥♥(高額ワインとしては)
このクオリティのナパであるなら妥当な値段なのでは!?
いや、むしろ安いのではないかと感じてしまいます。
冒頭に書いたとおり、カリフォルニアの特色は「重視は醸造家やグロワー」である点。
で、あるならばこのワインの作り手の最も有名なアイテムが同じ年にどれぐらいの値をつけているのか。

6倍です。
もちろん畑やコストのかかりかたも重要な要素ですし、それらが違うので単純に6分の1だとか言うのも不自然ですが・・・・・・しかしこのプロデュース力は是非味わってみてほしいかな。
私は今回のラベル、超カッキェーので高く評価しているのですが、全く知らない人には安く見られちゃうかもしれないのでプレゼントにするならワインマニアに。
出来れば体感してほしい部類の、実に今風なナパだと思うのですが値段とロットが少ないので、購入はお早めに。
ホントはもっと、飛ぶ勢いで市場からなくなってるべきワインじゃないの?と思います。

というわけで、リヴァース・マリーよりナパ版カベルネ2012でした。
パワー=グレートヴィンテージ×名醸造家×いい畑
という部分をセカンド格とはいえやってはいるこのワイン。その方程式がゆでたまご理論なのか、正当なモノであるのかは是非お確かめアレ。

正直、ピノよりこっちのが私は好印象だなぁ

最近やってるアニメで例えるなら、ヤモト=サンは実際近い。ただし、リヴァマリは平坦ではない(重点
関連記事

| アメリカ | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/649-dd7c5744

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT