オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮殿?ジャクソングループの妻が見守るグレートなシャルドネ。 カンブリア・キャサリンズヴィンヤード・シャルドネ2013

うぇるかむ!
連日続けて朝気味更新でカリフォルニア・シャルドネを。

ixx8b.jpg
カンブリア・エステート・ワイナリー・キャサリンズヴィンヤード・シャルドネ・サンタマリアヴァレー2013
略してカンブリア・シャルドネです(短!)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体は大したことない感じですネ。畑までばっちり区切ってますが、ともかく最低限の情報とオシャレ文字という作りです。
91CBf.jpg
裏もべたーな感じね。

実はこの有料試飲会、ケンダル・ジャクソン・グループのワインが多めに出されていたんですけれども、このカンブリア・エステート・ワイナリもそのひとつです。
古くからブドウ農家があった場所の中でも最良の地をカンブリアと名づけて、ジャクソンファミリーが購入した・・・・・・程度にしかあんまり情報がないワイナリだったりします。
確かに1987年頃というとセントラルコーストって大して良く見られていない地域でしたから彼らの先見の目はあったことは事実です。
スゴイ巨大なグループであるケンダル・ジャクソンファミリーであるものの、ここは創始者の奥さんとその娘が切り盛りしておりちゃんとファミリー経営で2009年からは有機になっているんだとか。


日本においては、「カンブリア」という文字を見ると即コレが思い浮かび、実際これが興ぜられてた時も「カンブリア宮殿に出演した友人に」とこのワインを買って行かれる実業家の方とかがいらっしゃり。
うん、グレートセレクトセンス。
では実際にこのワインはカンブリアで紹介されるような素晴らしさがあるのか・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
濃厚リッチの極み!
パワフルさと同時にちゃんと細やかに繊細さがある、非常に優れたシャルドネでした。
やはりサンタ・バーバラは神の土地であります!

色は黄緑系でそこそこの強さのカラーリング。
香りにおしろいやクリーンなソープの印象があるのが特徴で、色と香りのイメージはむしろ仏国寄りと感じるかもしれませんネ。
味わいはそうした見た目の印象に比べてダイナマイツ!
ぽったりとした口当たり、バッチリと甘やかなパインやマンゴーなどの南のフルーツ感。
まさにあったか地域特有のあったかシャルドネになっています。
そうした南国フルーツ感と同時にココナツ&ソルトのミネラリーさや香りから来るクリーンな印象も同時に存在するので、アフターがとても綺麗なんですね。
パワーのある黄色果実要素の中でも、最後はシトラスなどの香味が強いキャラで終わっていく感じ。
筋書きの綺麗な、リゾート地で呑みたいシャルドネです。
グッと強い割に、どこか海を感じさせる。名所でいえばシンガポールな感じ?
アニメで言えば、いわゆる水着回。それもただ馬鹿騒ぎするだけじゃなく、ちゃんと展開も用意された秀逸な脚本です(決して艦これアニメのような残念さではない(ここ重要

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
高額シャルドネのスタートはコレでいいのでは!?
素晴らしい事に、これで市場価格4000円前後ぐらいっぽいのですヨ。
たまげますね、ケンダルグループって当のケンダル・ジャクソンの安めのヤツは甘いばっかりで大したことないのに、値段があがる方が逆にお買い得なんですから・・・・・・
という訳で、ギリギリ高額ラインに突入しちゃってるものの、そうした高めのシャルドネの印象はバッチリ持っているので、むしろシャルドネはこれ以上の価格買わなくていいんじゃないの?とも。
パワフルなシャルドネがダメな人にもギリギリ許容出来る気がするのですけれども・・・うーん、どうだろう。
プレゼントには上述したような、楽しい使い方が出来れば最適ですが、そうそうカンブリア宮殿に出た人が友達って人もいないでしょうから、基本的には家呑みかな。
出来れば休日の朝から。グダグダしながらとか呑むとセレブレティな気分になれる、かも?

という訳で、カンブリアよりキャサリンズヴィンヤード版シャルドネでした。
名前のカンブリアだったりキャサリンズというキスラーと被った畑の名前だったりで、正直飲む前はあんまり期待してなかったんですが、その反動が如くいい感じのシャルドネでした。
ほんと、侮れないグループです。

ネットでは2012年がまだまだあるっぽい?

「カンブリア ワイン」で調べるとコレとか出てきますが・・・・・・あえて言おう、高い!

更に「アニメ 水着回」でムフフな女の子を貼り付けようぬるっふっふーとか思って調べたらトップがコレでした畜生
関連記事

| アメリカ | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/648-880b8586

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT