オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

珍品!バラオイルの入ったマヴルッドロゼ!! パミドヴォ・ブルガリアローズワイン

うぇるかむ!
非定期的にブルガリアワインをやっている当ブログですが、今日は過去最大の珍品だと思います。

9oqmV.jpg
ブルガリアローズワイン。
こう、なんというか、すごいネ!!!!!!!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
なんとこのアイテム、箱つきだったりします。
GfzRS.jpg
とにかくビンビンなおみやげ物感、というよりお土産物的に作られているとしか思えません。
裏ラベルの説明がこんな感じ。
5eOvD.jpg
ろ、ローズオイルゥ!?
そう、このワインはブルガリア地品種のマヴルッドをロゼで作りしかもローズオイルを混ぜたという恐らく日本では唯一の存在です。
そもそもマヴルッドのロゼって何事?って中にローズオイル&ウォーターを混ぜたというのだから、もうブルガリアなんでもアリですな・・・・・・
ついでにそれ以上のデーターがロクに存在しません!ワォ・・・・・・!!

ブルガリアというと実は楽天とかで標準検索すると

よりも先に

が順列にくるとおり、実はバラの名産地であったりするんですね。
とにかくお土産物であります。すこぶる土地の品・・・・・・日本の各地のワイナリに非常に近い気がします。
好奇心に身をまかせて呑んでみたのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥(好きな人はいると思う)
まるで香水を呑んでるみたい・・・
比喩とか表現論でなく、香水呑んでる感じに満たされます。
これ普段からローズオイル使ってる人とかであれば、むしろ自分の体とコンビネーション発揮しそうな気がします。
CRE6n.jpg
色が驚きの朱色。
初めてみた色だったもので「グラス洗い忘れてたかな?」と一度グラスを洗いなおしちゃいましたよ私・・・・・・
香りがとりあえずワイン的でありません。
この段階でローズ香水っぽい感じが満彩。石鹸的でもあります。
普通はそうした要素と同時に果実感が出るものですが、オイルの印象が強すぎて果実感はピントがあわないのです。
で、味わいもそうしたローズオイル感たっぷりで最初から最後まで口の中を満たすという。
個人的には、それがそこまで嫌でなくわずかにバニラ感があったりして面白い飲み物だと感じました。
ワイン的観点での良さは全くありませんけどネ。あくまでも「ローズオイルアルコールドリンク」です。

コストパフォーマンス(最大5pt)

判断にめっちゃ迷う・・・
超絶なネタワインであり、2500円前後という価格としてはワイン的にあらずの珍品ですし、かといって奥深い面白さがあるでもなく・・・・・・みたいな謎すぎるので私の考え付かない用途があるのかも。
例えば、母の日に出すアイテムとしてはとても面白いと思います。
または、頑張れば料理に面白いアクセントを加えられるかもしれません(普通に呑むとか隠し味に使うとか)。
一般的かつカッチコチな頭のワインキチには瓶を叩き割られそうな具合であるので注意かも。

というわけで、ブルガリアローズワインでした。
いやぁ、不可思議な体験をした気分であります!
たまにはこういうのもイイよネ。

そうだよね、ローズってところを考えると母の日用だよネ

ある意味こんな気分
ゴジラvsビオランテ [DVD]

ゴジラvsビオランテ [DVD]
価格:39,500円(税込、送料別)

関連記事

| ブルガリア | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/628-7e532547

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT