オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムエックスの最も注目すべきサン・テミリオン!の、バッドヴィンテージはいかほど? シャトー・ベレール・モナンジュ2011

うぇるかむ!
ココ最近、ボルドーのプリムールまっただ中だったので、ワイン情報関連がとにかくボルドー!ボルドー!ボルドー!で流石の私ものみた~いってなっていたのでした。

*ボルドープリムールって?:フランスの一番高いワイン作ってる地域がボルドー。そこでは先物取り引き(プリムール)が行われていて、各ワイナリーが大規模にティスティング会を開いてアッピルするのです。

というわけで、たまたまこのワインが開いてたストアがあったのでついついネ

qNC8X.jpg
シャトー・ベレール・モナンジュ2011
サン・テミリオンPGCCBのムエックス傘下!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ちょっと天使の顔がジョジョの大統領みたいなのは残念ですが
それはさておき、知名度としては比較的高めのワイナリーではないかと。
IXR3m.jpg
ちょっとオリジナルグラスのデザインがダサいのは気になりますがネ。

このワイナリ、元々「シャトー・ベレール」というワイナリでそもそもが結構いい土地にあったんですが割りと地味ーな感じだったんです。
なにせサン・テミリオン最大のワイナリのひとつであるオーゾンヌよりも標高が上なんですから(基本的に、畑は上の位置にある方が良いという俗説があるのデス)。
それを2007年頃にクリスチャン・ムエックスの率いるムエックスブランドが購入し、彼が監修するようになります。
マグドレーヌという元々ムエックスがもっていたワイナリと合体し、「ベレールってワイナリすっごく多くて面倒だから祖母の名前足して生まれ変わり図ろうか」
と、ペトリュスで一時代を作り上げたマーケティング手腕で2008年からガラッと一新して「ムエックスブランドのPGCCB」として売り出しているのがこのワインです。
っていうか、もう基本的なアレコレは検索すればすっごい量で出てきます!

なので、個人的な思い出を話すのでして。
当ブログが出来る前に、クリスチャン・ムエックス来日イベントが某所であって、いくつかのワインと共に試飲しつつ質問したりするまぁよくあるイベントがあったんですネ。
そのとき、数種類のワインがあった中、全体へのトークが終わり試飲タイムに入った直後、店員さんが
「どちらか飲まれますか?」
とクリスチャン・ムエックスに尋ねた訳です。そのとき、(ペトリュスとドミナスこそなかったですが)真っ先に指差して彼が味を確かめていたのがベレール・モナンジュだったんですね。
そして、確かにこの日一番美味しかったのはベレール・モナンジュでした。確か同格にオザンナがあったんですが、それよりモナンジュのが良かった記憶が鮮明で・・・・・・すごーく個人的に印象強かったりします。
久々にベレール・モナンジュ呑んだのですが、その印象というと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(呑むタイミングミスったかも?)
これはかなりクラシカルな・・・・・・
開けたてだったっぽいのもあるんですけど、すごく厳格で堅物な感じでした。
もっと以前はしなやかだった覚えがあったので、これはヴィンテージによるものかもしれませんネ。
vcORr.jpg
裏エチケットも堅物ですがな。

色は紫感強めのクリムゾンレッド。かなり濃い目です。
香りにかなり葉と土の印象があります。そこにカシスなどの重た目のベリー果実がかいま見えるシックさ!
とにかく身を潜めたような香りの立ち方。正直なところ呑むタイミング間違えた感がひしひしとします。
味わいも同様で、葉と土のアーシーさが如実にありつつ、カシスの多様性を見せるというクラシカルなボルドースタイル。
こう、セピア写真っぽい不鮮明さなんですネ。
流石に口当たりはムエックスブランドらしいなめらかかつ重たすぎない仕上がりであり、そこに高級さを感じさせるものの全体にストレート&クラシカルな要素が強め。
すごく控えめなキャラクターをしているんですね。そこそこにタニックだしミネラリーな辺り、品もすごくあるし徐々に開けてくると果実のバランス感が良くなってきてボリュームもあがってくるのでそこからが勝負だったっぽい。
風格や質はそれでも、とても感じさせます。高級なムエックスブランドならではの、紳士な質感はキープされているものの・・・・・・多分数年置いた方が良さそうネ。

コストパフォーマンス(最大10pt)
♥♥♥♥
それでも、15000円アンダーっぽいので相対的にみれば安い部類だろうとは思います。
ボルドー全体がめちゃくちゃ高い昨今であれば、まぁ良心的です。
プレゼントにするには、年号が若いものしかないのでバースデーヴィンテージといった使い方が出来ないんですが、そういうの無視して合わせるならば悪くない選択肢だと思います。
ただ、ある程度ワイン飲み慣れている人向けかな~とも。
ムエックスブランドは低価格が意外と面白くなかったりするんですけれども、その高額帯の中では比較的安価なのもあるので、見かけたらちょっと呑んでみるのは参考になると思いますヨ。

というわけで、ベレール・モナンジェ2011でした。
多少贔屓目ある気がしなくもないのですけれども・・・・・・まぁ、個人のブログだしいいよネ!!!!!
シックなサン・テミリオンを今すぐ味わうならば有効手ですし、セラー持ちの方なら今のうちに買っておくのは悪くない選択肢のように思います。

因みに楽天ではこのヴィンテージ売ってすらいないんですけど、エノテカのショップでは売ってます。怠慢な・・・

似てるっしょ?
関連記事

| フランス | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/624-efa7631e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT