オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガレージワインを旅する レッド・カー・トロリーシリーズ・シラー

うぇるかむ!
アメリカといえば、カルト・ワイン、更にはガレージ・ワインというレアどころが有名です。
所謂少数発行で値段がお高くなる事、ラベルが奇抜かシンプルかというのが大体総合的な特徴ですね。
そんなガレージ・ワインの片鱗が見られるのが本日のワインです。

763533034.jpg

レッド・カー・トロリーシリーズ・シラーです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルは電車柄。パッと見ワインらしくないのですが、ここはデザインセンスでして

763541752.jpg

裏までカワイイ!ラベルだけで満点でございます。
レッド・カーはシリーズとしていくつか商品があり、その中では価格帯は安い部類。
見た目などからシン・クア・ノンという超級カルト(安い白で2万を超える)と比較されるアイテムです。
アメリカワイン故といっていいのか、今回の作り手は「元脚本家」。
2000年ごろは今回のワインも年間十桁のケースで作られる完璧なカルト・ワインだった模様・・・
なのですが、その醸造家は亡くなってしまい現在はサシ・ムアマンという醸造家が指揮をとってやっています(以前ここで紹介したストルプマンというワインの醸造家ですね)

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
色は濃い目のバイオレット、香りからは良質なブラックベリーとジャミーさを予感させます。
味わいに胡椒、ブルーベリーとプラムのジャムがバッチリとあり、スモーキーで濃厚さバッチシ。
甘味の部分にシナモン入りココアとキャラメルを感じさせ口当たりも非常に柔らかく出来ています。
果実爆弾系・・・と思いきや予想よりも遥かに飲みやすい仕上がりで、シラーのお手本のような作りです。
高級感のある舌触り、余韻はあまりネトつかづにサッと通り過ぎる印象。
濃いけれどもゴクゴクやれてしまいそうなのが、まさにジャーニー。
れっどかー

旅したくなるようなウキウキ系ワインです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
私はラベル惚れして約5000円で買ったのですが、それならば十分に有りな一本であると思います。
ただ、流通は少なく現行で買えるお店はなかなか少数なのではないかという点。1万円を超えちゃう店なども見られそうなると手が出しづらいかなぁとは思います。
ガレージ・ワインとしてみれば納得でもあるのですがね。
裏のセリフも格好いいですし、味わいもシラー種にしては非常に飲みやすいタイプなので贈り物にも使えるクラスだと思いますよ。

当ブログ的にはこれもまた、理想的なワインのひとつ。
ラベルからまず楽しませてくれる、味わいに楽しさがある、値段が・・・もう少し安いと言うことがなさすぎる一本。
ワインの旅に是非出てみて欲しい、と思わせる逸品でした。

*P・S:ここ数日ほぼ毎日更新でしたが、同人誌原稿(全くワインと関係はない)があったり色々環境が変わったりありますので更新頻度は落ちるかもです。
ご了承あそばせ~



関連記事

| アメリカ | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/62-e718cd13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT