オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マコネのスタンダードが・・・アメリカン? ドメーヌ・パケ・プイィ・フュイッセ2012

うぇるかむ!
かのルフレーヴが亡くなったそうで。これはまた白の巨匠が・・・・・・フランス大丈夫なのかしら?
そう思いまして、なんか彼女が関係してそーなの最近呑んだっけなぁと探したのですが全然関係銘柄もモンラッシェとかも呑んでなかったのでこちらで

L8lJT.jpg
ドメーヌ・パケ・プイィ・フュイッセ2012
ブルゴーニュつながりということでひとつ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はなんの変哲もなくまさにブルゴーニュなラベルといえるでしょう。
写真だと変色して見えますが紋章は緑です。
nr5fm.jpg
裏ラベルも面白いことなし・・・っていうか本来のラベルの上からこうやってシール貼るの日本の業者はやめて欲しいデス!

作り手はジャン・ポール・パケ。4世代前からマコネでやってる多少の老舗。
今は息子さんに引き継ぎ予定っぽい。石灰質だからモンラッシェに似てるよー・・・・・・
というまぁありがちな情報以外はあまり入ってきませんでした。
雑誌掲載歴とかもイマイチないようで、かなーり目立ちません。
とはいえ、まぁ、なんとなーく呑んだのでした。意外と私、マコネ呑んでなかったですし。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
うん、なんかカリシャルっぽいな!?
ソノマっぽい。すごく大柄かつ元気のいいスタイルでありました。
モンラッシェとかの要素あんまりないですよ、コレ・・・

diqZZ.jpg
色はかなり強めのカラーリングでままゴールド。
香りに力強くバニラ感が見られるが、王道を往くソープ感なども存在。ミネラルもそれなり。
果実要素よりも、そうした醸造感があってそれから黄色い柑橘各種がほんのりと見えるという。
ある種、シャルドネらしいといえるでしょうか。
味わいはそれなりに冷涼にグレープフルーツの感覚が見られ、同時にパンチのあるバニラ要素。
アフターはそれでいてしっかりと酸味が出ていて、通り抜けが良い・・・というよりはくどいぐらいかも。
全体に強い中にバランスがとられていて、塩っぽさもがっつり効いています。
要素自体は多くありませんが、一個一個が濃い。
スポーティーで、不器用な感じがすごいしますネ。この作り手さん、写真見てないのですがもしかしてかなり大柄な人?
そうした肉厚でアメリカンな作りがフランスというより逆にソノマだとかあたりでフランス意識して作ったみたいになっているのです。
そして、そうしたパワフルさが楽しいワインでもあります。
チアガールな白。勝ってる時の選抜高校野球大会の応援団って雰囲気。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
3500円の白としては、まぁまぁといったところで、他でもいい気がしますが濃厚目好きな人にはオススメ出来る部類だと思います。
良く知っている人がブルゴーニュ白のつもりで買うと大変がっかりしそうではあるんですけどネ。
逆に、私のような米国めいた舌感覚の人はオススメ度あるなぁと。パワフルなんで単体で呑んでもイケドンなのがgood!
価格帯的にテーブルにもちょっとしづらいのですし、またプレゼントにするには最高に地味なので使い勝手はあんまり良くないかも。
ブラインド大会でもっていけば、私の経験的にこれはカリフォルニアシャルドネと書かせる事が可能だろうと思います(その日の状態次第かもですが)。
シャルドネらしさは出つつ、イメージの国とは違うみたいな典型例なんですネ。

というわけで、ドメーヌ・パケよりプイィ・フュイッセ2012でした。
全体に地味めではありつつも、元気がいいところは好ましいですね。花形キャラではないですが、もっと安くなってくれると嬉しいタイプでありました。

他国に較べてかなり高めの設定なのも残念

個人的にこんなイメージ
関連記事

| フランス | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/618-a2bc1c99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT