オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

降格前最後のヴィンテージ?今、最も注目される「スーパーセカンド」の「セカンド」 レ・オード・ポンテ・カネ2011

うぇるかむ!
ワインレポートさんを見てたらこんな記事が載っておりました
ポンテ・カネいいよねー、そういえば前にこの噂のセカンドの一個前呑んだなぁ・・・と思ってたのですが、なんと!記事にしていなかったのです!!アチャー
という訳で、割りと前の試飲になりますが、今日はこれ。

rcnVe.jpg
レ・オー・ド・ポンテ・カネ2011
メドック5級ポンテ・カネのセカンドです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
ラベル自体は変哲もなくボルドースタイル。お城と情報。それもフラッグシップでなく、セカンドワインです。
lui9o.jpg
裏も普通という他ありません。

が、今、ボルドーワインで最も注目を受けているワインの一つがポンテ・カネです。
ボルドーではもっぱらビオディナミ移行ブームなのですが、そんなことの遥か前にビオディナミを実践し認証されたのがポンテ・カネ。
メドック格付け5級、ムートンの隣畑で生産量は多めという「うーん、イマイチ感ある?」って感じの立地だったりするものの今やムートンよりも評価が高い事も多くパーカーポイント100点をゲットした唯一のメドック5級ワイナリだったりします。
もうこれ(メドック格付け)わかんねぇな!と言わざるをえないノデス。
更に、新ダルを減らしてアンフォラという陶器熟成を始めるなど、かなり最先端を突き抜けてらっしゃる。
そんな今回のワインが2012年版は格下げされる事になったのです
(逆に私は2012年版は+♥つけちゃうと思いますが)
そんなこんなで、とにかくボルドーにおいて毎年話題騒然のワイナリなのであります。
伝統性以上に話題性が強いワイナリ、というのは同メドック格付けだと一級軍団とパルメたんぐらいでは?という程。
ワイナリとしては相当イマイチな感じの葡萄を使っているっぽいのでありますが、じゃあダメなのかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
これが充分に旨い!
思わずバカな・・・と唸ってしまいました。じっくりとしたクラシカルさも感じられる典型的クラレットです。
作り方かなり奇抜なのにネ
DvKJw.jpg

色はギリギリ透けない程度のクリムゾンレッド。
香りにシックなカシスと木苺少々のベリー感。
なるほど、樽感は極めて低い。風味が高く果汁タップリな印象を受けます。
味わいもそのままフルーツを主体としたキリッとすましたスタイル。
酸に木苺、控えめな甘味にカシスなどの重ためベリー果実、ビオビオしくはないもののわずかに苦味、土っぽさとスモーキーなニュアンス。
タンニン自体も高めで渋めのダージリン。でありながら、ミルキーなバニラ要素などはみられず。
要素だけ見ると、樽を使っていない安めのクラレットスタイルにもみられるポイントでありますが舌触りが滑らかにアタックとアフターが妙にシックで品位もあるのが驚かされます。
飲みやすさが(ドリンカピリティ抜群ってガバガバ感はないけれど)高いのも特徴的かな。
いわゆる、レストランワイン。料理を引き立てる為のワインとして見本的とも言えるでしょう。
果実度の高さ(そしてそれがちゃんと美味しい)という自然派に絶対必須の要素を捉えており、これまで自然派を名乗っていた人々にとっては大いに脅威といえるでしょう。
だって、ラトゥールまでもがココを見てビオディナミ実践するっていうし。
しかしこれで、微妙ヴィンテージの時のセカンドでしょう?多くのクラレットの中でもこれの10倍でも駄作たっぷりあるというのに・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥(ギリだけど)
5000円前後の推移であれば、他の5000円前後のボルドーワイン買うよりはずっとイイという事です!
レストランでこれをボトル1万5千ぐらいで置いてたら、「おぉう、やるなぁ」って関心すること間違いなし。
有名ドコロ以外は名乗れないポイヤックとしては安値の部類ですし。
世界的に見ればもっとずっと安いクラレットもあるんですが、完成度の高さは駄作系セカンドにしてコレなのですから。
ボルドーのセカンドラベルとしては、数少ない「プレゼントから試飲会まで喜ばれる確率が高いワイン」となっています。
ふつー、セカンドって何とも二番煎じ感があってプレゼントには(ヴィンテージで何か特別性でも出さなければ)全く向かないどころか失礼ではないか、と私は考えているのですが例外的にメドック一級とレオヴィル系やパルメたん(アルター・エゴ!)やココなどのスーパーセカンドクラスならばokな気がします。
あんまり数が出回ってないセカンドですので、見かけたら早めの購入を。

というわけで、オー・ド・ポンテ・カネの2011でした。
コスパグッドではあるものの、それでも高くなりましたなぁという気がします。
ちょうど私が飲み始めた頃、とあるシニアソムリエが「ここは絶対に覚えておけヨー」と言われた事があるのですがその頃は確かフラッグシップが9000円。
ボルドー値上がりをシミジミ感じつつ、しかしながらやっぱりポンテ・カネはスゴイと言わざるをえないのでした。

全体にまだ2011年は安いといえるかも


元気いいけど何となく真面目で子供な執事orメイド。で、何故かメガネかけてるというこのワインっぽさを体現したようなメガネふき。
関連記事

| フランス | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/615-48f1bf84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT