オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

典型的うま安ボルドー、その今を探る シャトー・サントオンジュ・vv・プルミエール・コート・ド・ボルドー2012

うぇるかむ!
パーカーたんが「自分もちょっちフランス高値の原因作っちゃったわね^~」とか言ったそうで
そんなワケで激高いし博打要素が高いしで私もメッキリ買わなし飲まなくなってしまったボルドー。
かといって安いラインが美味しいかというと、もっと博打率があがって散々な地域という印象しかありません。
と、ふと最近旨安ボルドー呑んだなぁと思ったので更新。

TcIMW.jpg
シャトー・サントオンジュ・vv・プルミエール・コート・ド・ボルドー2012
品評会受賞系のいかにもなバリューワインです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルからして、もうどこでも売ってそうな雰囲気がムンムンであります!
TeHdE.jpg
裏はVV(ヴィエイユ・ヴィーニュ)の説明。

これはJJモルチェというネゴシアン・ワインのラインナップのひとつ。
1889年に元ラフィット醸造家が立ち上げたというかなーり古くから存在するネゴスであり、彼らがチョイスしたシャトーのものです。
えっと、ちょっとわかりづらいのですが、要するに一般的なシャトー・ワインではあるんですが、大手の傘下として紹介されてるって感じ?んん、やっぱわかりづらいかしら・・・・・・
で、そのシャトー自体は1993年にシャルル・ユングという人らが設立したもの。
その中でも樹齢自体は不明ですが、一応VVづくりなのが今回のワインです。
どーでもいい金賞の数はやたらと多いという、如何にもな安ボルドーです。
とはいえ、私もワインブログやってるような身なのにあんまりこのジャンルは攻めてなかったので、久々に購入してみたのでした。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
そして、らしいミディアムさ!
そうそう、こういう感じよねっていうボルドー安めの軽いスタイルです。
割りと水っぽい印象ですが、まとまり方がこれはそれなりでした。

色はライトめな赤紫。どちらかというと赤さが強くルビーっぽさ。
香りは何とも沈む感じで、葉っぱと土っぽさがそこそこ。多少のミネラリーもあります。
果実感は強調性がなく、雰囲気サラッとしています。同時にヘンな甘さのある香りなどもない点は利点かな。
味わいもサラサラ系。口当たりは軽めで、酸味が強め。
いわゆるカシス&ハーブの要点とどこか土っぽさがある仕上がり自体は丁寧な気がします。
どれも強くはないんですが、かといって欠いてる度は少なめ(個人的にはもうちょい全体に強くないと好まないのですが)。
アフターもカベルネの青さが主体で、それと果実の酸味が短めに。
メルロ主体なんですが、ミネラルさや口当たり、それと香気からしてカベルネ主体それも2008年ぐらいの微妙でいてかつ多少年をとったヴィンテージみたいな雰囲気があるんです。
定番のボルドースタイル。
見た目自体はそれなりだけど、あんまり流行らなかったアニメのあんまり流行らなかったお姉さんキャラって印象。
良くも悪くもない、フックの弱さが難点かな。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
というわけで、コスパ的にも2000円ならふつーという感じ。
スペインとかチリだともっとぶっ飛んでるワインや個性のイイワインが出てくるので、そうした独自色の高いものを評価する私としてはちょっと弱いワインでした。
逆にいえば、どんな料理とも合わせやすい。レストランのちょっと高めのテーブルワイン(グラス700円ぐらいな)として出てきそうなノリです。
そうしたワケでして、お料理と合わせてデイリーに使ってあげるのがいいでしょう。日頃のむミディアムとしての要素はバッチリなのです。

シャトー・サントオンジュよりヴィエイユ・ヴィーニュ版でした。
ボルドーの旨安の難点はこのぐらいの味わいでも「旨安ボルドーの中ではなかなかイイ感じ」だと思ってしまうところ・・・・・・それぐらいに個人的に苦手。
私の感覚としては、このワインは結構「2000円アンダーのボルドーの味の基本値」として優秀な部類だろうとすら思っております。
測りにするのにはグッド。ラフに呑むにはぴったりですヨ。

価格相応しい感じはとてもします

それなりそこそこのメドック格付けワインがこの値段になっているのは、パーカーの責任以上にミレニアム事件やチャイナ事変の方が問題。この価格推移の限りボルドーは高所得者のワイン。

関連記事

| フランス | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/607-3f559f73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT