オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オレンジワインの王道!自然は最先端の最先端を言ってたワイナリー。 ラディコン・リボッラジャッラ2005

うぇるかむ!
今、自然派界隈で最も注目されているワインといえば、オレンジワインでありますネ。
え、オレンジワインって何ですって?それはこういうワインの事さ!!(ドヤ顔

YlelS.jpg
ラディコン・リボッラジャラ2005
オレンジワインの看板的存在ですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
もはやカルト自然派として定着した感じあります。
Y2jyC.jpg
このワインがなかったら日本でのオレンジワインの流れは遅れていたかもしれません。
これが怪しさ抜群の謎ワインとして注目されなければ、ならなかった。

*オレンジワインって何よ?
一言でいっちゃうと「白ワイン用ブドウを赤の作り方したワイン」です。
白ワインでは普通取り除いてしまう皮や種をそのままにしたり新たに加えたりする技法が主に用いられることで色がつくと。
この作りをすることで抗酸化作用が出来るので薬品をいれないでワインが作れるんや!と自然派の人々がウホウホ言いながら仕込んでいます。
グルジア出身らしい(小学生並の無責任さ

現オーナーはストニスラオ・ラディコン。
彼の祖父が始めたワイン畑で薬もあんまり使わず添加物も最小にしたワインを作り続けています。
また、ここ最近
「天然のコルクって入手困難になりそうやん?だから、ボトルをオリジナルで作る(迫真」
と、ボトルをオリジナルに作っており500ミリと1000ミリで口径がちょい狭いボトルを使っています。
(結果、値上がりました・・・・・・)
正直なところ、「ラディコン」という単語でググるとその神話的な評価各位が見られます。
ふと気になってエヴォディアとかで調べたらアドヴォケイトやステファン・タンザーも90点台つけててちょっと驚き。
そんなこんなで、ある意味では定番といえるワインでありますがその実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(極個人的に)
好き嫌いだけ言わせてもらえばあんま好きじゃないです
うん、あんま好きじゃありませんでした今回の感じ。
ただし、これは「今の御時世、ワイン好きというからには知っておかねばならないワイン」ではあります。

kgt77.jpg
色は写真よりはもうちょっと明るくて、しかしまぁオレンジ!
見事にロゼでも白でも赤でもない感じにあります。
香りも酸味がかなり明確に感じられ、それなりのスパイシーな山椒要素を持ちつつ中庸に赤ワイン白ワインの両方の要素がちょっとずつ感じられ、ベースはオレンジマンダリン、それと純粋にブドウ各種とベリー各種。
味わいにも独特の雰囲気が超展開され、まろみのある口当たりなどはむしろ日本酒に近いといえるでしょう。
アプリコットやオイリーさの部分、それにどことなくベリー感などもどれも微量に様変わりしながらグイグイと飲ませるドリンカピリティを追求したようなワインの出来栄え。
まさに自然派の真骨頂!
ちょっとしたピートみたいな雰囲気まであって、もはやワインという枠組みにない印象も持っているアクロバティックぶり。
とズババババッ!っとキまったワイン・・・・・・
・・・・・・なのですが、個人的にコレ好きじゃない。何故だろう?
これまで何度かオレンジワインの記事書いてた(いや、書いてなかったかも?)ような気もしますし、自然派もある程度呑んでいるハズであり去年だって自然派ワインを高評価してたりするんですけれども、これはこう・・・・・・うーん。
自然派のノリが強すぎる、と言いましょうか。
すっぴん美人なのはわかるんですけど、私の好きな顔じゃないというか。好きなタイプのキャラだけど絵のノリが苦手というか・・・・・・
まさしく自然派の王道を往くワイン。多分、このワインは大きく線引をしてくれるという事なのでしょう。

コストパフォーマンス(最大5pt)
?(値段で量るものではない)
当ブログオールドヴィンテージワインに使っているこの表現をこの年号で使わせていただきたい・・・・・・
多分これ、リボッラ・ジャッラのクセが私は好みでないのかもしれなく、なんとなーく同ワイナリのメルロが飲みたくなりました。
そんな訳で私個人としてはオススメは出来ない・・・・・・とはいえ、自然派ワインやオレンジワインを知らぬ場合は通過点であるとも言えるのは事実。
また、ハめるだけの要素はもっているだろう事も事実。
ないしは、日本カルトワイナリ好きとかは好きそうな気がしないでもないかな。
ひとつだけ言えることは、呑んだことが無い人は呑む方が経験値を大きく稼げるって事。

というわけで、ラディコン・リボッラ・ジャッラ2005でした。
評価するべきかしないべきかとても迷いましたが、敢えて素直に評価しておこうかと。
このワインを通してのワイン感というのは結構面白いトークになりそうな気もします。
スゴイワインであることは、確か。

あれ、ネットショップで割りと買える?前よりカルトレベル下がった感じしますな

多分・・・呑んでないけど、コレは私逆にとっても好きそうな予感がしてる

個人的に「評価は認めるけど好きになれない作品」の漫画・アニメ版がコレだったりします
関連記事

| イタリア | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/603-347ab162

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT