オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エゴン・ミュラーが最強醸造家に? ~コラム~

うぇるかむ!
えっと、酔ってるんです。なので通常更新できませーん!
が、気になる記事をワインレポートさんで見つけましてそれだけ書いてギリギリ今日の更新といたします。

ワインメーカーオブザイヤーにエゴン・ミュラー氏が受賞

ワォ!世界はドイツリースリングを再評価している!!
この記事の意味、つまりマスター・オブ・ワインが評価したこの賞の意義ってそれなりにでかくて要するに
「世界的トレンドはコレがいいなぁ」
って言われているようなものです。
日本ワインブームの億倍価値がある情報といえるでしょう。
前年度がルフレーヴ女史なだけに、余計にネ。

ドイツ再見を推しめな当ブログとしてぇあ大変喜ばしい話。
・・・・・・と、同時に日本での割り当てが今後一社独占になるらしいのは悲しいところ
(基本的によっぽどそのインポーターが思いいれて仕入れている場合を除けば、ワインはなるべく色んなインポーターが仕入れている方が価格競争が起こるので消費者としては嬉しい)
とはいえ、流石のエゴン・ミュラー。リースリングの担い手だなぁと思うのでした・・・・・・う、飲み過ぎたねまーす。

今日酔っ払ってる理由がまさにプリュムやエゴン・ミュラーのスロヴァキアバージョン呑んでたからなんですよー

関連記事

| ドイツ | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私はドイツワインからワインの世界に入りまして、
エゴンミュラーは本格的にのめりこんだきっかけだったりします。
今でこそブルゴーニュとイタリア贔屓ですが、
セラーの奥にはエゴンミュラーの「シャルツホフベルガー・リースリングKB」
を寝かせてあるくらいには原点としてリスペクトしてます。。
近年値上がりしているのは中国バブルのせいとも、
エゴンミュラー自身がドイツワインの権威を国際的に高めようとしているためとも聞きますが…それはともかく。
辛口や赤に比重が移ってきている昨今のドイツワインの中で、
クラシカルな魅力を保っているワイナリーは個人的に大好きですね。

| 斉田夏樹 | 2015/03/23 00:26 | URL |

> 斉田夏樹様
うぇるかむ!

>ドイツワインからワインの世界に入りまして、エゴンミュラーは本格的にのめりこんだきっかけだったりします

まだまだ全く飲みたりないですが、エゴン・ミュラーの実力は本当に恐ろしく高い。ハマるきっかけに成り得るのは納得でまさに最高峰。

>セラーの奥には「シャホルフベルガー・リースリングkb」を寝かせてあるくらい

うはぁ!イイですね!!それは是非飲みたい!!!
個人的にリースリングとローヌ品種は白において寝かせる価値が高いアイテム(それでいて若くて旨い!ワォ!!)と思ってまして・・・・・・想像しただけでムフフフフ
特にドイツの場合、甘味が高めに仕立ててあるだけに熟成感をもつと、それも、エゴン・ミュラー・・・・ムフフフフフフ

>原点としてリスペクトしてます

私も何だかんだいってカリフォルニアないしオーパス・ワンは大事なワインとして所持こそしてないものの高位のワインの木曽だと思ってたり。
そういう原点的なリスペクトってかなりワインの好みや評価をずっと保ち続けるなぁと感じています。

>近年値上がりしてるのは中国バブル

全部のワインの値上がりを支配する中国を私は許さないヨ。

>エゴンミュラー自身がドイツワインの権威を国際的に高めようとしているため

ここの事情は私は調べ不足なので何ともいえないのですが、確かに世界的にみても厳しい環境でのワインづくりをしているのに価格帯としてはリーズナブル気味なんですよねドイツ。
や、そこがいいので値上げをしてブランディングされちゃうと個人的には残念なのですが・・・・・・
ただ、個人的にエゴン・ミュラーに限って言えばインポーターの変更がかなり大きく今後左右される気がしないでもないです。

>辛口や赤に比重が移ってきている昨今のドイツワインの中で、クラシカルな魅力を保っているワイナリーは個人的に大好きですね。

私自身は、近年の辛口や赤の比重の移行・・・特にシュペートブルグンダーは最高!・・・という派ではあるので近年傾向派ではありますが、しかしながら従来からのカビネットでアウスレーゼな白使い達も最高!
たまーに安っぽいシャバシャバしいのが出てくる可能性こそあれど、どこも伝統と革新を持った甘味のいい白を仕上げてきている。
ワインブームの頃に逆に出来てしまったドイツ冷遇と離れられない日本食とのマッチング主義、そして甘い酒はダサい的な見識は非常に勿体無い事です(まあ、私もカルーアミルクはダサいと思ってるから何ともですが)
シュペートブルグンダーとクラシカルなリースリングやシルヴァーナ、この両立と良いプレゼンテーションがドイツの活路かなぁ。頑張って欲しい。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/03/24 01:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/600-56493bf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT