オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヴァン・ナチュールは主体となりえるのか?~更新予定他コラムゥ~

うぇるかむ!
今日は酔っ払ってるのでノートせずにコラムです!
つまり、だだだだ書き連ねるだけであります許してネ!!

というのも、自然派ワインをざっとグラスで1万円分ぐらい呑んできたのですネ。
ヴィナイオータさんはやはり偉大。
とにかくひたすらに酔っ払ってシャックリが出続けてる程度に呑んできたのすが、ヴァン・ナチュール・・・つまり自然派・・・というのを改めて考えるとこれはまた面白いなあと感じさせていただきました。

マニアックなワイン呑みは、もはやボルドーの投資ワインや価格大高等ブルゴーニュなんぞは曇った目で見てまして、そうした人達がたどり着いてるのは小規模な自然派インポーターのワインだったりします。
これが果たして正しいのか?
というと、個人的には全く正しくなくて興味深い味わいや自然派独特の風味こそあれ「基本的には」一般的なワイン、それこそ普通の大手なワインの方が美味しく感じられると思います。
基本的には、ネ。
要するに自然派というのはただただ「健康的によさそ^~」という女子向けワインではあらず、ある程度ワインに飲み慣れて新しい刺激が欲しい人向けのマニアックであることがとても多い訳です。
始めっから自然派系の味わいだけを好む人を除くと、ワイン歴は長くないとその価値性はわからないようにすら思います。
それこそ、ワイン飲み始めの人に薦めやすいワインは少ない。SO2無添加とか微量とかオレンジワインってあくまでもマニアがたどり着くものなんです。

そして、そうしてマニアックに突き詰めていくと自然派系はおもしろさの宝庫で、ソムリエ試験的な価値観とは一線を画します
(というか、本当あの手の試験やダサい田辺由美アカデミーの価値を疑います。)
したがって、ワインに対して色々飲みたい向きや突き詰めたい人にとってはこれら小規模インポーターさんは土下座したくなる程ありがたかったりはするんですネ。
自然派の雰囲気をまずい、と見る人とこれこそワインとする人の割合は極端な気もしますが、そうではなく平行に味わって確かめていただいてこそアキバ的マニアックな飲み方だというのが私の考えです。
一般的なワインと自然派を強調したワイン、その両方を是非呑み慣れて欲しいとたらふく呑んで思うのでした。

・と、今日たくさん呑んでたりして、実は更新出来るノート量がまたしてもここから1ヶ月程度は持つ感じになってまいりましたOTL
・なのに、同人誌の原稿とか色々やらんければアカンのデス。時間が欲しい。

この辺りを呑んできました。いやー、売り切れてますねぇ

関連記事

| コラム | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

マニアじゃなくて只好みの問題でしょ、酸化防止は大なり小なり香りや味にでるけど、それが嫌な人は自然派はかなりオススメ、特にワインが嫌いな人や美味しいと思った事が無い人はドンピシャだったりする。と言うかこの記事「自然派はワイン通が辿りつくもの、つまり俺はワイン通!」って感じで気持ち悪い、飲みまくったり食べまくらないと分からない味なんてのは存在しないよ。

| 涼 | 2015/10/01 18:50 | URL | ≫ EDIT

>涼 様
うぇるかむ!

>マニアじゃなくて只好みの問題でしょ

それを言ってしまうと全てが「味は人の好み」で完結してしまうのですネ。その極論は成立してはならないのです。

>酸化防止は大なり小なり香りや味にでるけど

・・・?それ、本当に酸化防止剤による効果の賜物だけだとお考えなので??

>それが嫌な人は自然派はかなりオススメ、特にワインが嫌いな人や美味しいと思った事が無い人はドンピシャだったりする。

このご意見、ちょっと本当にそうだろうか?と疑問です。
確かにバイオダイナミクスワインを初心者に勧めるとソムリエール原作が言っていたりもしますが、この記事オレンジワインなんかの事も指しているのでそれらがこうした条件に当てはまるとはあまり考えられません。
そもそも自然派ってどの程度を指しているのかもあやふやなのでもしも該当する銘柄があればハッキリ提示していただけると、興味深い所です。

>と言うかこの記事「自然派はワイン通が辿りつくもの、つまり俺はワイン通!」って感じで気持ち悪い

あ、それはそうかもしれませんネ!
そもそも方針がスノッブなところあるんですが、たまーにそんなように見えなくもないかも?
猛省。
それにしても、6ヶ月程度前の「酔っ払って書き連ねてるだけだからごめんねw」と前置きもある記事に今更こうしたコメントがつくの、びっくりしました。

>飲みまくったり食べまくらないと分からない味なんてのは存在しないよ

それは世界中のMW(マスターオブワイン)やソムリエやブルゴーニュやボルドーの細かい土壌単位で楽しんでいるワインマニアにも同じ事が堂々と言えるのであれば、正しいのでしょう。
食に対するスクールビジネスをしている方々にも是非ご持論お聞かせしてさしあげてくださいましまし。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/10/02 10:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/596-c01e67af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT