オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画じゃないよ!ド派手なボトルのチャイナ感煽るるワシントンリースリング。 パシフィックリム・リースリング2011

うぇるかむ!
ワシントンの白、というとカベルネ系やシラーが多いこの地域なのにリースリングが主体であることが多いです。
その中でもポピュラーにしてド派手な逸品を。

E3EuD.jpg
パシフィックリム・リースリング2011
このど派手さ、どうよ!(cv:大坪由佳)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルの何とも言えない東洋感が最高です
何故かワシントンの人々ってリースリングには「チャイナ系を主体としたどこか勘違いめなアジア感」を抱くのかそういうラベル。
中央の鳳凰がラベル内側に書かれており、クリアボトルに入っている事によって巨大化してみえるという凝ったカッキェーラベルになっています。
hTKwd.jpg
後ろからみてもカッコイイ。なんか評価の良さとか書いてあるのを無視すれば。

作り手といいますか、ワイナリーがボニー・ドゥーンが元。
そう、カリフォルニア1のヘンタイと言われていたグラハム氏のところのスタッフがやっている白専門のワシントンワイナリーとなっています。
元々ボニー・ドゥーンで出していたリースリングが好評で一部スタッフが「なら、最高のリースリング作ってみようぜ!」「ウォォォォォォーーーー」とワシントンはコロンヴィアヴァレーに移籍し、2006年に初リリースされたのがこのブランドです。
評価自体は裏に書いてあるとおり、主にエンシューリストがヨイショしています。
スペクテーターもそこそこにヨイショしており、今回のモノは3種類あるスタンダードクラスのリースリングの中間に位置するワインとなっています。
何故かスイート版がドラゴン(どっちかというと龍?)だったりでもうラベルだけで怪しさが溢れてドバドバなシリーズ。



その実力はどうかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥(使い方しだいでも少し映える?)
これ中間めでもあっまいぞ!?
スイートではないハズなのですが、例えばドイツのリースリングより甘みを強く感じます。
それは素材の部分にもよるものかとも思いますが・・・・・・通常表記に反した甘さだと思いますネ。

色はどちらかというと黄緑よりの透けたクリアカラー。
香りに駄菓子のメロンっぽさが割りとしており、甘い印象が香りから出ています。
オイリーさやスパイス要素はあまりなく、リースリングにおける果実要素がとても目立つタイプです。
特に甘味が目立ち、多少のシロップ感は持ちつつもメロン&洋梨っぽい雰囲気が漂うストレートなニュアンス。
味わいもとりあえずまず甘い。酸味などはあまり感じさせず、甘味要素の方が明らかに強く出ています。
なんともそれがフルーツフレーバー的。凝縮感などはないので濃すぎたりデザートとまでは言わないものの・・・・・・いや、デザートにする方がいいかなぁ。はじめからこれでスタートするとその甘さに後々のアイテムが引っ張られそうな気がします。
シロップ感もそれなりにありつつ、甘さを主立てた果実感と余韻で、複雑だったり逆に乱雑さだったりはないものの何とも「アメリカ人好み」という印象を受けました。
それなりに暖かいのでは?というパインっぽさなども若干ながら見られるのがドイツの安めリースリングとの最大の違いかな。
甘味の強さに関しては、ドイツの多くのワインよりも強いかも?
まさにアメリカン・チアガールなリースリングであります。フレーフレーってしてくる金髪ギャルキャラですな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
ラベルの派手さが最大のウリかもしれません。
味わい自体はリースリングの平均値、ないしちょっと高い気もしますが、このアメリカナイズなキャラクターとボトルデザインは個性がビンビンとしていて、あながち切って捨てたものではありません。
コツはこれを最初の白にしない事です。この後に赤ワインに移行したりするのは、赤ワインの味を大いにボカしてしまうでしょう。
普段使いの超カジュアルな白として使ってあげるのが1番ですが、ボトルの派手さを活かしてパーティーでの活用はイけるかも。
また、個人的に唱えたい「甘めリースリングの初心者向け度の高さ」には見事に適合しており、あまりワインを飲み慣れていないかたにはいいかも。
これを呑んで、ダサい作りのカルーアミルクから卒業することは大いに可能だろうと思いますヨ。

というわけで、パシフィック・リム・リースリング2011でした。
思ったよりも自然系の味でなく良く作った大手感あふるる感じなのは驚きでしたが、なんともアメリカ系テーブルっぽさをしみじみ感じさせてくれはしました。
なお、魚と合わせるよりはお肉向け。パワフルでストレートに殴ってくるような白を欲しい方にはグッドデザインかも?

うーん、まぁ平均値って価格かなぁ。

検索中思ったんですが、これもうチアガールって言わないよね?
関連記事

| アメリカ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/595-d088d765

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT