オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソノマ版組合ワイン、そのクラシカルな作り込み! ランチョ・アレキサンダー・カベルネ・ソーヴィニヨン2010

うぇるかむ!
じみーに最近クリスチャン・ムエックスが来日したのを今しがた知ってショックでした。
私好きなんですよ、クリスチャン・ムエックス大将。未だに前回の来日時にしてみた質問内容への返答は忘れませぬ。スワリング超します。
さて。
そんなクリスチャン・ムエックスなんとペトリュスを兄や弟子に任せエノテカ向けブランドから手を引いてしかもカリフォルニア(ドミナスとか)に集中するとのこと。びっくりです!
今回はムエックス大将とは全く関係ないワインですが、こういうワインをムエックス大将プロデュースで飲む日がくるかもですネ。

0EBTV.jpg
ランチョ・アレキサンダー・カベルネ・ソーヴィニヨン・アレキサンダーヴァレー2010
ソノマ産クラレットであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
まんま農家です
ザ・農家って感じのカラーラベルが実にほのぼのしい雰囲気。フランスだったらシャトー(洋館や城)なんでしょうけどね。それにしたってここまでバッチリ農家じゃないのっていうのは珍しい。
zEON5.jpg
裏も特筆する感じではないかも。

作り手はこうしたほのぼのしいラベルとは裏腹にド大手です。
プラタ・ワイン・パートナーズという大規模の会社がソノマに展開しているものの一つで、簡単に言っちゃうと組合ワイン。
ワイン・バイ・デザインというプログラムを組んだりして、ニューヨーク・ヤンキースの公式ワインを作ってたりするメーカー。
そのためでしょうか、このワインに関してもあんまり情報が転がっておらず、ソノマのAVAアレキサンダーヴァレーまで区域している組合ワインという程度にしかテクニカルデータは集まりませんでした。
ラングドック辺りが好きな方には「なら安くていーじゃーん」と思われるかもしれませんネ。
さて、そんなワイン実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(好みによって+♥)
お、思ったよりもクラシカル系!
シックで酸が強く、タニックさもそれなりにハーヴィー・・・みたいな、典型的ボルドーっぽさがあります。
メドックワインって気分。あくまでもそこまで高級な感じではないんですが、どことなく良く出来たワインにはなっていました。
多分、13%後半っていう度数も重要な気がします。

色はクリムソンレッドでそれなりに透けはします。
香りにカシスと草っぽさがストレートに出ていて、甘い香りは控えめに結構土感あるどっしりした印象。
樽っぽさやバニラ感はほぼほぼなく、まぁそういった熟成行程をあまり経過してないんだろうなぁという感じ。
味わいも同様にストレートにカシスの感じがまず出ています。
しかしながら口当たりはそれなりに丸さがあって、メルロっぽい口当たりの良さはそれなりに。
全体に品が良く出来上がっています。甘すぎず酸とタンニンがしっかり出ていて「メドックのお手本」と言われて飲まされても不思議でないような仕立て。
余韻までそれほど甘味がでしゃばらずにシックで、タンニン感が最後に残るという。
おぉ、とことんまでクラレット。まるで60年台とかの映画のような佇まいすらあります。古き良き。
したがって、そうした向きにはいいのですがそれほど特徴的でもないという。
このワインに近いようなメドック格付けのワインもチラホラ思い当たりはするものの、そうして思い当たったワイナリに私あんまり良い評価下してないしなぁっていう。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(セール2000円前後なら。定価3000円なら♥♥♥)
このワイン、どこでも今現在セールなうです
なぜか、このワイン妙にセールが展開されているみたいで、大体2000円前後で買える模様。
定価3000円だとうーん普通(同じ地域のSIMIよりは良いと思う)なのですが、この1000円の差は大きいといえましょう。
ソノマの単一AVAでこの値段であれば、とりあえず買いですし価格でも今なら多くのメドックワインよりもグッド。
謎のボルドー金賞ワイン買ってる場合ではありません。
上述の通り、このワインは擬似メドックワインめいたところが強いのでブラインドティスティングでこっそり忍び込ませるのがオススメです。
提供温度次第では確実にフランス産だと答えさせることが出来ると思います(チリって人が微量いるかも)

というわけで、ランチョ・アレキサンダーよりカベルネでした。
カリフォルニアもボルドーブルゴーニュに続いて高騰しがちな地域ではあります。が、こうして掘り出し物を探す余地が向こうよりはまだあるかなぁって。
例えば、ナパでピノとかネ。この辺りの土地性と同時に自由さがあるのもアメリカンスタイルの魅力です。

美味いかどうかは別として、この辺りと較べた時にバレにくいアイテム(わざわざフラッグシップ貼ってます)


クラシカルなラノベ(って書き方怒られるでしょうか?
関連記事

| アメリカ | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/590-a7ec8e96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT