オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワラワラ最古のワイナリー、ワシントン最強クラレットの実力とは? レオネッティ・カベルネ2011

うぇるかむ!
今朝方、クイルシーダというワシントン最強級クラレットで更新しましたが、その双璧とされているワインも同時に飲んだのでした。

mhjns.jpg
レオネッティ・セラーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン・ワラワラヴァレー・2011
ワシントンの最強クラレットの一つですね。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベル自体はシックで、どちらかというとイタリア寄りな雰囲気であります。
なんとなーく、柄やその文字配置がイタリアっぽいといいますか・・・・・・
VpKBI.jpg
ただ、ボトルのオリジナルっぽさはアメリカらしいかも?

作り手は元々はレオネッティ夫妻。名前まんまでありますナ。
1977年設立で夫妻でよっこらやってたらそれがとにかく好評。
日本国内では正規輸入があるにはあるものの、現地ではメーリングリスト5年まちもありえるワシントンカルトのひとつ。
このワイナリの特徴は「評論家の平均値が高い」ということにあります。
今回のものの一個上の「リザーヴ」版こそアドヴォケイト100点の経歴がある(このワインですら95点以上)んですけれど、実は他紙においてはクイルシーダよりも平均値が高くて、ワシントン最強クラレットはこっちのリザーヴじゃね?というワイン雑誌の方が多いそうな。
ポイヤックっぽい!と表されるワインであり、今回の年もこのワインで94点は何とか維持。
2011という貧弱ヴィンテージとはいえ、まぁワシントンの雄としての風格は保っているっぽい。
業務用で消えることのほうが多いとされるこのワイン、その実力とは・・・・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
むせる
(ボトムズ感)
とにかくシガーレットボックスのような、大人のダーティーな香りがするクラレットでした。
まろやかとか、ラムっぽいとかそんなものよりもとにかくむせかえるようなシガー感。
これはクイルセダとはなるほど確かに大きくスタイルが違います。

xFWtp.jpg
こんな感じでワシントントップクラスどうしで比べると(レオネッティのが格落ちとはいえ)如実に異なり、コレ同じ産地だと当てたら逆に味覚音痴の域です。もしくはもう本当漫画キャラを超えた天才!

色は、中心地が赤紫が強く透けないカラーリング。
香りからしてタバコ&葉巻の感覚にスパイスというしぶーい感覚。
これだけだとむしろチリっぽいといえましょう。果実のカシス感も渋い路線入ってます。
あまーい香りが殆どしないのですね。ずっと重たい印象。
味わいも全体にタニックさにつながります。
果実にカシス&プラムがあってそれもタンニン感に。
シックなタバコ&葉巻の要素もタンニンに。
余韻もしぶーく〆てあり、タニックさを強めに感じるところは否めません。
が、そのハードボイルドさが実に切実につくってあり、とてつもなくシックなんですが、少し漂う熟成から本来くるハズのキノコ感などもほのかにみえて、かつそうした渋みの中にエレガントさも垣間見える。
故にツンツンはしすぎておらず、おおらかさを感じられる。
果実感がそれほど高くないし、そうしたタンニンへのつながりが多いにも関わらず、品格とおおらかさがバッチリ・・・・・・多分これ、もうちょい寝かしてオッケーなワインナノデス。
まさにハード。まさにクール。
ワシントンが如何にシックさとエレガンスを持ちえる土地であるか。
それを証明するようないぶし銀ワイン。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
シックなカベルネをお求め?ならばコレ
価格そのものは2万円近いのでお得すぎィ!とは言いがたいのでありますが、最高峰のワシントンカベルネとしての風格は十分。
また、料理合わせには使えるタイプであるとは思います。
どちらかというと、アルマヴィーヴァとか好きな人向けかしら?
あんまり泊が日本ではないワインなので、一般的なプレゼントにはイマイチかもしれませんが、ワイン通へのアイテムとしては最高峰の逸品であることは間違いありません。
ワインが好き、と言った時にこのワインを好きなワイナリーに数えられたら結構な通かなって感じがただよいます。

というわけで、レオネッティより通常版カベルネでした。
正直なところ、個人的にはクイルシーダより評点高かったりしましたが、ちょっとクセが多いのも事実。
この味、皆様いかが思うでしょう?私は大人の魅力が溢れててグッドだという判定ナノデス。

個々のお店ごとでは仕入れていても本数は少なめの模様。


コスパを最高にしなかったのは「この辺りの傾向がある」からかな

ある意味こんな感じ(どんな感じ!?
関連記事

| アメリカ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/589-db840447

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT