オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラングドックロゼの名門、老舗の良く出来たロゼ! ドメーヌ・ド・ロルチュ・クラシック・ロゼ(ベルジュリード・ロルチュ・ロゼ)2013

うぇるかむ!
今日は何気にひな祭りだったんですが、後30分もない状態あわわわわ・・・・・・
というわけで、何故かそうした女の子シーズンはロゼっていうしきたりがワイン業界あるっぽいので習おうかと。

yvIWy.jpg

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
なんかオッサンがオシャレこいてるというラングドックとかイタリーっぽい雰囲気のラベルが特徴的。
ロゴのベリジーヌ・ロルチュがむしろセンスいい気がします。こういうラフさ、とてもラングドックらしくてグッド。
作り手自体は1981年頃開業とフランスとしては古くはありません。しかしながら、このロルチュ山脈の下で畑を耕し作り始めたパイオニアではあります。
当時未開拓だったそうで。目立った評論評価はないものの、地域では人気があるワインということになっております。
むしろ、サッポロのネットショップが詳しいかも。元サッポロで今はフィネスって感じなのかな?
微妙にレア度は高めっぽく、そんなに流通しているところを見るワインでもないのですが、ラングドックロゼということで物珍しいしラベルが絶妙なのでレッツ試飲。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
ワォ!どっしりシッカリなロゼだ!
それもそのはず、品種がシラー・グルナッシュ・ムールヴェードルのGSMブレンド。豪州とか寄りのスタイルでそりゃ重たい。
同時に、赤ワイン好きには嬉しい感じにこってりしたロゼになっています。とにかくスッキリなロゼ好きには向かないかな?

色は割りと強めにピンクさが出ており、この辺り赤ブドウオンリーっぽさがありますネ。
香りにローズ感と少しのマロングラッセ、薬草なども若干入っており。
いちごキャンディっぽさよりも紫ブドウのジュース感がある。
味わいは全体に濃厚さがみられ、白ピーチがつややかな。桜っぽいフレーバーも感じられ甘味と桃&チェリーのアフターが長めに持続します。
酸味もチェリッシュに入っていてクドくない程度の持続性なのがヨロシキ。
ロゼって基本的には料理と合わせて飲みたいモノが概ねなんですが、これは日曜日の朝から単品で呑んでもいいような雰囲気があります。
甘味の果実充実度がとても高く、単品でもドリンカピリティが高いのは強みといえるでしょう。
先日更新したミラヴァル(プロヴァンス)に比べて明らかに濃いスタイルになっているのでこれは好き好きかしら。
マッサンだとあれです、北海道の姉さんいるでしょ(メガネと結婚した)あんな人柄。
頼れる姉貴のロゼであります。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ロゼ好きは既にたっぷりケースで買ってる?
価格が2000円ちょいというお手頃価格なのが実に嬉しい!
知ってる人はごっそり持ってそうな実に懐の深いワインになっています。
ロゼの中でも強いので、カンペキなロゼ向け料理に使うよりも通常の食中前菜ぐらいからメインその1までをこれ一本で楽しませてくれそうな・・・って、あんまりコース料理詳しくないのですがネ私。
安めの試飲会では活躍度高いと思います。プレゼントにはちょっちラフすぎるので向きません。
自分の家で何となくじゃぶじゃぶ飲むワインです。クーラーバックに入れて外飲みもオススメしたい!

というわけで、ロルチュ・ロゼ2013でした。
ロゼ人気が世界レベルで進行しており、今後の値上がりも考えちゃうところではありますが、このぐらいの価格だとまぁ良心的といえるんじゃないかなーって。
ロゼ=あまりものの時代から選択してロゼを飲む時代。その渦中においてまさに王道を往くワイン。

これからの季節にもイイしね。

ロゼの似合わない桜キャラでも納得のたゆんたゆん感!
関連記事

| フランス | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/583-c03049c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT