オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メドック格付け5級・・・ではない?何ともダメそうながら意外と・・・? シャトー・ベルグラーヴ(ポムロール)2006

うぇるかむ!
パーカーたん、ボルドープリムールを引退
ワォッ!と言うニュースを見てしまったので、今日は急遽ボルドーで更新にしようかと。
これ最近のワインニュースの中でもスゴイヤバイ事件じゃないでしょうか。
で、ボルドーですごくみみっちく事件です。

t2NXF.jpg
シャトー・ベルグラーヴ・ポムロール2006
決してオーメドックで格付け5級ではない(戒め

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルもなんか色々意識してる感が強いのですが、ついでに名前がベルグラーヴ。
試験対策で皆さんが必死に覚えるベルグラーヴ・・・ではありません。微妙にスペル違うし地域が全く違います。
このポムロールのベルグラーヴ、有機系でメルロ比率の高いそのまま右岸ワインとなっています。
タイユヴァン、ギィ・サヴォア、ガニエールといった三ツ星レストランオンリストという、レストラン評価タイプのワイナリの模様。
EFqbM.jpg

で、下の方に見える蔵直の文字が怪しすぎるし色々とやっぱり誤解誇張がインポーター説明には多く付随するので少し改めておくと
・平均樹齢30年の古樹・・・・・・いや、そんな古くないヨ?オールド名乗るの早すぎない??(基準はないけれどサ)
・ペトリュスやル・パン他数十万円ワインがひしめく産地から10年ぶりに買い付けました・・・・・・だからこのワインは安い!という訳ではナイノデス
・サクラアワード受賞!・・・・・・あれだけ自分の所のスタッフ潜り込ませておいて「銀賞」やないか(呆れ

ちなみにパーカーポイントは最高が2005年の89点。他の年は大体86点。
スペクテーターが92点を一回だしたものの後は80点台後半。評論家各位は「ふーん」って感じ。
と、正直全く期待してなかったのですが、久々にメルロで10年前後経ったヴィンテージを飲むという行為自体はいいかなぁと思いまして。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(ボトル差ありそう)
あれ、なかなかイイだゾ?
というか飲み頃という感じで逆にこれ以上の熟成は望めなさそうな感じでもあるかな。
ギリギリ褪せておらず、熟成ワインの域に入る手前で何とか踏みとどまっています。

色は赤みがわずかに入ったカラーリングで、多少レンガに入りそうな具合。
香りはそれなりにキノコ要素がありつつ、ダシ感は控えめでほんのり程度に果実感(果実感自体はボヤけ気味)
杉っぽさなどもまだ見られ、またあまり酸のキツそうな感覚や獣感などはなく仕上がっています。
香りは結構イイ感じに熟成の一回目のピーク感(このワインの場合はこれ以上にならなそーですが)にジャストミート!
メルロらしい丸い口当たりが出ており、あんまり角もなくスラッとしたタイプ。
全体的に味わいの良さ、というよりは口当たりの良さのワインになっています。
バターケーキっぽいと言いますか、たまーに洋物のチーズケーキバーみたいのにあるようなどこかふかふかしたタイプ。
アフター自体の抜けは早めなものの、ここも特にどついて来る事もなく、また後ろ髪惹かれる事もなく。
中庸バランス型で香りの割には味わいに広がりがないのが惜しいのですが、腐ってもポムロール。舌触りの良さとスラッとした形で料理との合わせやすさは高そうに思います。
レストランオンリスト系なのは良くわかります。
手軽にポムロールらしさを楽しめる逸品として、シェフが選んでいるのでしょう。単品で飲むにはあっさりしすぎな。
ポムロール学園のセリフありモブ子!女子Bとかみたいな名前づけだけど、場面として必要不可欠だし妙にカワイイキャラ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥
が、値段は8000円前後です。それ主役級の価格ですヨ。
このご時世だとそれでポムロールが買えるなら安い・・・・・・
と、一瞬思いましたが高いモンは高いでしょう8000円ってナパの最低限ライン(ケイマスとかシルバーオークとかホブスニキとか辺りのセカンドぐらい)は買えちゃいますヨ。
ポムロール全体で見ても、最低クラスは5000円アンダーでスタートするのでやっぱりそれほどでもない。
なーんかレストラン系の割にボトル価格するよね?
調べてみたら09年が海外では$19.99・・・つまり2000円ぐらいみたい。
ワォ。
というわけで、プレゼントや試飲会向けにはすべてが地味。値段も高価格帯でテーブル向けでない。
使うタイミングが今ひとつ不明確なワインなのでした。どうしても10年前後熟成ポムロール飲みたい時用?

というわけで、ベルグラーヴ2007(ただしポムロール)でした。
ボルドー高いなぁ+インポーター価格が高いなぁ=コスパが悪いというボルドーの近年の典型的な例かも?
コスパボルドーかと思いきや調べてみたらそうでもなくてちょいガッカリ。
こういうのに今やブルゴーニュ以上に当たりやすくなっているボルドーが、ここから更にパーカーマジックがなくなるという。
ボルドーの明日はどっちだ?

さてここでクイズ。「メドック格付け5級のベルグラーヴ」はどれでしょう?



関連記事

| フランス | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/580-7a829d0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT