オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コラム:スペインワイン・ブームについて考えてみる(トーシロなりに)

うぇるかむ!
深夜です。
なのですが、どうにも眠れずにいるので駄文をツラツラ書こうかと。

このGWはスペインワインのテーブルラインで飲んだもののノートをしていこうと思いました。
丁度先にも書きましたがオタク的に丁度そんなイベントをしているゲームがあったので、というのが大きな理由でしたが、もうひとつあるのは改めて
「スペインブームを考える」
事をしようかなとも。

私はワイン歴は短くて先月で1年を迎えた程度の能力です。
(飲んだのモノは明確に覚えています。4月15日の催事場で出たオーパス・ワン2004。オーパスが評論家から見直され始めた再起のヴィンテージ)
で、その頃にはもうスペインブームを作ろうというワイン業界全体の風潮があったりしました。

なので今は割りと下火になり始めている印象なのですが、店頭にスペインワインをまず置く店も増え、それも概ね価格帯が安くPPが高めに見えるモノが並んでいて・・・という作りの店が多かったように思います。
ワイン界隈の情勢を一歩遅く紹介する傾向のある「神の雫」でもスペイン編が組まれたりと、完全にブームだったのです。
スペインは所謂安くて旨いと言われる国のひとつです。
基本的にワインブームは田崎真也氏の頃が最盛期であり、またテーブルワインが流行り始め、デフレしたり円高円安チャイニーズなど様々な理由から2003以降急激に高騰したり・・・・・・とあって、「安くて旨い国」がモテはやされます。
ようするにブームになるワインは投機目的やもうワインにドハマリしている人向けの発掘はしない。
私が知る前にチリブームやロワールブーム、カリピノブームなどがあったのですがそれらも基本的には「フランスより安い」が基準。
更にスペインの傾向が日本でも安くて濃いラングドックルーション地方(これはフランスの田舎)のワインは好まれておりスペインの傾向は時代に当てはまるものでした。
なにせ、チリより飲みやすくロワールより味わいが均一かつ気軽でカリフォルニアより格段に安いのですから。

私もまぁ、流行りにのらない変なギーグ傾向があるので、あんまりスペインワインを好んでは飲まず、特に最初に飲んだスペインのリゼルヴァワインの「バニラアイスを食っているような味」「そのまま樽をかじるようなモノ」という印象にイマイチだという印象を強く持っていたりも^^;
それは国の傾向というか文化によるものだ、というのは後々知るのですが、正直受けつかなったのでした。

実際に、スペインワインってブームしてるけどイマイチだな、とおもわれる方もいるのではないか?とおもいます。
流行りに乗らないあまのじゃく気質や高得点PPの弊害(評価の割に美味しくないという錯覚)や肉料理や豪快な海鮮パエリアなどが合うストロング・スタイルなワイン。
日本のワインブーム全盛期を経験し、今一番ワインを飲んでいるのは30代後半以降のお金を持っている世代です。
当ブログ、若いオタク向けなのですがその点は覆しようがありません。
そして、その世代が好んでいるのはブルゴーニュ……味わいとしては繊細だったり機微を楽しむワイン。
まずここが躓いている。
スペインは先に書きましたが安さ=若い世代向けです。
が、これも若い世代は「お酒を味で楽しむ事」をしません。と、若い世代の私が言うのもアレですが……
なにせ飲んで騒げばいい、という中で飲食の地位は限りなく低い。
お金が安くて騒げることが優先なので、パッと見値段が高いワインを買うという発想に至りません。
発泡酒、謎カクテルモドキ、謎サワー。これでいいのであって安いワインを買うという発想は0なのです。
よって、若い世代もスペインワインを飲まない。
スペインブーム自体は、スペインバルを多く新規開業させましたが、スペインワイン自体はそれ程大当たりしてそうには見えなかった、というのが素人ながら私の所感です。

ブログを始めるに辺り、食わず嫌いは良くなかろうと改めて色々と手を広げるようにしようと思った時、改めてスペインワインを飲もうと何本か飲みました。
丁度スペインブームが下火になりはじめそうな今、スペインワインもだんだんとマニアックであったりするものが入荷される傾向も見えています。
私が改めるようになったのはこの一つ前の記事で書いた、パラディグマというモナストレル100%のワインからなのですがこのワインからは強すぎる樽の印象は感じない(あるにはあるけど)。
ようするに、「スペインなんてブームで樽っこいだけだろ」と判断するには早いかなとようやくいたったのでした。
スペインにも地方が沢山あり、それはフランスやイタリア、アメリカと同様気候や傾向が違うのです。
単純に樽が強いという包の中に、地方の可能性は十分に感じられると思います。

情熱の国、なんて言われるだけにまさに迫力のある「熱い」ワインが多い。
スペインワインを改めて今こそ飲んでみる。
それも一興なのではないかと、思っているのでした。

なが~く書いてたら眠くなって来ました!おやすみなさい!!今日もワインだ!!!
関連記事

| コラム | 04:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/58-38f6590a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT