オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バルセロナの代表的ワイナリ?某自然派スペインインポーターが最も大事にしているレストラン御用達ワイン エスペルト・テレス・ネグレス2011

うぇるかむ!
ここのところ、一気に色々ジャンル違いに飲みまして正直1日に2回ペースぐらいで更新したい勢いであります!
なんとなーく、貯めちゃってそのまま風化しちゃうんですよネ。ううむ・・・・・・
さておき。
今日は某自然派・・・・・・ええい、和泉屋がずっと販売しつづけているワインのひとつがこちら。

9JgKW.jpg
エスペルト・テレス・ネグレス2011
またまたカリニャン克服の為に試したワインだニャン(突然の猫語

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはゆるーい感じで、そこそこカワイイタッチであります。
この画家、かのバルセロナオリンピックの公式キャラクターも務めたハビエル・マリスカルという方。
そのゆるさをそのままに、色々と意味深に描いてたりするそうな。

作り手情報に関しては、それこそ和泉屋インポーターのサイトを見ていただきたいぐらい。
簡単に説明しますと、このワインを好評しているのは「レストラン」なんですね。
何よりもエル・ブジ(スペインのレジェンドレストラン)での採用が最もドヤな部分なのですけれど、それ以外にもミシュラン星付きスペインレストランにたっぷり入荷。
小規模という割にはけっこー色んなレストランに入っており、また作り手のアナ・エスペルトはスペインのとある有名ワインショップで「スペイン代表の女性醸造家四天王」に選ばれているとか。
そんなこんなで、神の雫にもサクッーっと出てたりでこのインポーターさんの特に推しといいますか定番ワインのひとつなんですネ。
さて、私はコレでどう感じたか・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(料理との合わせ次第で+)
なるほど、料理がないとなぁ・・・
かなーり「サブとしてのワイン」です。単体としての魅力というよりは、料理に介添えするようなワインです。
良くも悪くも「レストランオンリスト納得」のワインであり、評論家勢があんまり見ていないのもわかります。
つまり、品評会向けの味わいではありません。

色は比較的薄めにレッド。それほど熟成などのニュアンスもなくカラーは単一的。
香りにほのかにラズベリーやアセロラの感覚、それと自然派特有のビオっぽさが高めにあります。
カリニャンワインなので、仕方ないとも言えますが結構青臭い。
カベルネの青臭さよりもカリニャンの青臭さってどこか目立つ気がして、それは赤系果実の風味ゆえだとも思うのですが、まさにふっつーにカリニャンっぽい表現がなされています。
味わいも同様で、酸味はそこそこ高めな中で葉っぱ系の苦味と風味、アセロラなどの小粒な赤果実の酸味と甘味がスラーッと出てきます。
口当たりからして軽めなのは特徴的で、よくもわるくも水っぽい。かなりガブガブいけるワイン。
なので、単体で飲むと全体のインパクトもないし、整った感覚も無いし、品位もそれほどはない感じ。
が、料理とは合わせやすい酸味や軽やかさはあって、その部分も嫌味にはなっていないから万能性があります。
言い切って、料理と合わせなければ美味しくないワインです。
あくまでも料理の補助、という感覚が高いワインとなっていて、その口当たりの感覚からついスラスラ呑んでるといつの間にか泥酔している・・・・・・ドリンカピリティはあるワインとなっています。
あくまでも、ふっつーのクラスメイト。美人でもモデル体型でもない変哲のなさ。
だけど、隣の机にいたらちょっと嬉しい感じの女子。
高校生時代の、あわーい期待感があるような気がします。
あくまでも日常の中のワインです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
3000円前後の自然派気味、としては特筆するところもなく可もなく不可もない打倒な価格設定だと思います。
すごく妥当・・・いや、2000円前後だったらもう少し評価も良くなる気がしなくもありませんが。

uCgPI.jpg
裏ももう少しデザインを感じるとより嬉しいかなぁ。

あくまでも料理と合わせるワインなので、プレゼント向けというよりは料理を振る舞う機会やパーティー向けです。
ガッバガバと当ブログみたいな評価なんぞ気にせずに料理と楽しんでいただければと思います。

というわけで、エスペルトよりカリニャン主体の一本でしたニャン。
何本かカリニェナ主体ワインを呑んで改めて感じてしまったのは「やっぱ私、ニャンはどーでもいいニャン」でした。
なかなかここの部分は覆りません。
うーん、やっぱり苦手品種かも。とはいえ、世界的にみれば良く作られていますから、今後もそれなりに見ていかなくちゃかんぁ・・・・・・うーん。

ちなみに樹齢も高いカリニャンですが、そうした滋養感はないかも

ラベルデザイナーはキティちゃんともコラボしてます。さすが鬼帝!

関連記事

| スペイン | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/569-875ad2e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT