オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南アフリカのド大手シラー、その特徴から見る感覚とは? ニールエリス・グローエンクルーフ・シラーズ2012

うぇるかむ!
実は先日、使い続けていたリーデルグラス(ボルドーヴィノム)を割ってしまいました:_;
なので、新しく買ったグラスと今回の記事と別のワインを楽しんでいます。(改めてリーデルのボルドーヴィノムという従来使っているグラスは買ってますが、ツィーゼルの柄物とかも買ったので今後更に色んなグラスでの検証が行えます!)
ほんと、今回の記事と関係ないですネ!

さて。
当ブログ、最先端のブームの検証として南アフリカはかなり優先的に追っているのですが、今回はそんな南アフリカの大手さんナノデス。

3cZ9G.jpg
ニールエリス・グローエンクルーフ・シラーズ2012
南アフリカのド大手シラーズです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体は正直地味の極みでそそらなさの方が強いと思います。
RZr56.jpg
裏までこう地味じゃねぇ・・・・・・うーんって感じではあります。
このニールエリスというワイナリー、南アフリカではKWVには至らないもののかなり大手でありまして、60万本も色々合わせると作っているワイナリーであります。
1989年に出来たワイナリで、名前になっているニールエリス氏が主体となりハンス・ローダー氏とおnジョイントとして作っているそうな。
ヒュー・ジョンソンが割りとイイ評価をつけている程度にしか参考にならなかったのですが、南アフリカでも大手も大手で、結構な種類のワインを作っています。
その中でも、今回はシラーズ(シラー)のスタイル。当然、私が目をつけないワケがない!という感じで、大手の南アフリカシラーズを考える意味でも呑んでみたのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
うーん、まぁ、そうねぇ・・・
シラーズ感覚よりも酸味が良く出ているあたりが南アフリカらしいといえばらしいとは思います。
この価格で感動を求めるのは酷ですが、基本的には「南アフリカらしい酸味をもったシラー」以上ではないかな。

色は比較的強めの赤紫。ギリギリ透ける程度。
薫りから果実感覚は多めで、プラムやプルーン感はあるんですが、どこか青臭さはありつつ。
バニラ感覚は比較的低めで、それほど邪魔にはなりません。
味わいは酸味が強めのフルーツ感覚が多いシラーという感じ。
余韻は長くないですし、ド強いワケではないですが、酸味自体は独特の個性を持っています。
酸味の部分がちょっとアセロラすら入るような、明確な強さを持っていてこのあたりに南アフリカを感じちゃいます!
酸味が特徴的なんですが、紫果実を主体として、全体としてはそれほど複雑さがありません。
南アフリカらしい酸の強さが付加された一般的なこの価格帯のシラーズって感じではあります。
ただ、その酸味部分がハッキリとしている為に、逆に飲みやすさすら覚えるのは注目すべき部分。
南アフリカって割りと酸味を径著に表す事が多いようにおもうのですが、これはまさにそうした傾向を把握するには充分なワイン。
シラーズっぽい紫果実感+南アフリカならではのミネラリーですらある酸味・・・という独特のバランスにメロメロになれるかどうか。
酸味がちゃんとある方が嬉しい、というワイン上級者にとってはかなり伏兵として効くワインでは?
または、初心者にとっての南アフリカの流儀は知れるかも。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
2000円前後のワインとしては特筆するほどではないかなーと。平均値+酸味って感じで、大オススメとはいかないかなー。
しかしながら、ちゃんとデイリーの南アフリカワインとしては充実しています。
2000円ちょいのシラーズとしては、ちゃんとしている部類なんですね。
あくまでもデイリーシラーズ。しかしながら、南アらしさは確実に捉えていて大手らしくちゃんとそれなりに作ってはいます。
コスパがいいとは言い切れないものの、デイリーワインとしての最低限は保っていて、南アフリカの感覚の楽しさは伝えてくれるでしょう。
プレゼントなどのは全く向きませんので、南アフリカテーブルワインの感覚を掴むために飲むのがオススメです。

というわけで、ニールエリスよりシラーズでした。
かなりの大手でも、特徴的な酸味は掴んでくる国南アフリカ。
これがクセになるとゾッコンになることは間違いありません!
それは二次元しか愛せないヲタクが如く・・・というのは流石に言い過ぎかしら?

100%ではないけど、同ワイナリのシラーズがこちら。多分、南アフリカ工業的ワインの定番の味が出てるとは思うので南アフリカ研究にはそれなりにGOOD

楽天ではケース買いが最高値にくるぐらいに大手

南アフリカの量産型って、実はこんな気分?
関連記事

| 南アフリカ | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/562-2fbefc78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT