オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タスマニアの悪魔!?ど大手の安めでもやはりオージーピノって・・・・・・ テイマーリッジ・デヴィルズ・コーナー・ピノノワール2013

うぇるかむ!
ついこの間、東京のスーパー銭湯に行ってきました。いやー、黒いお湯が出てるんですね。最初醤油かと思いましたヨ。
さて。
そんな感じの悪魔めいたラベルが今日のワインなんですネ。

rtTwc.jpg
テイマーリッジ・デヴィルズ・コーナー・ピノノワール2013
なんだこのラベル・・・面白いやん!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的に+♥)
こういう頭おかしいラベルつけてくるからオーストラリア大好き♥
完璧に悪魔めいた何かに船が攻撃されてます。
デヴィルズコーナーって悪いイメージ全快すぎる名前といい、なんでこれ?みたいな雰囲気満載です。
ちなみにタスマニアはオーストラリア1海綺麗らしいから・・・
ナンデ!?ナンデこの血の海っぷり!?
aUplv.jpg
と、思ったら裏に書いてあるっぽい。案内が大変な急流の川の付近っぽいのです。

作り手はテイマーズリッジというタスマニアにおける大手。
発端は1994年にジョゼフ・クローミーという方が始めたらしいのですが、2003年に大手木材会社のグループに買収されて大資本からタスマニアではトップクラスの生産量のワイナリになっています。
ウィル・アドキンス醸造長、コンサルタントはオージーきってのコンサルタントたるリチャード・スマート博士がやってるとのこと(日本のワイナリにもたまーに着てる人ナノヨ)
大手も大手でタスマニアにしては安い価格のワインなのですが、それなりに布陣は揃えつつ作ってる模様。
タスマニアピノ。実はオージーにおける注目産地であるものの日本では知名度がありません。
その大手が安く作ってるピノ、実力というと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
おぉぅ、色んな国のミックス!?
何とも色んな味がしつつ、整っている感じ。それはテクスチャがあるというよりはカオスの権化めいていますが統率がある。
ボーヌ?カリフォルニア?オレゴン?ドイツ?nz?総じてオージー?
要素がとても贅沢にできているのです。

色は比較的暗めのクリムゾンレッド。流石にアルコール度数14%の新モノだけあって強いカラーです。
香りはチェリーの感覚は濃厚に、しっかりとしたアルコール感が出ています。
果実の主張が強く、アセロラや大粒のさくらんぼなどがギュッとつまった凝縮系の印象。
味わいはベースとしては赤果実&紅茶感の凝縮フルミックスで、ニュージーランドやドイツなどに見られる寒冷さ。
酸味は結構高くあり、同時に甘さと茶葉っぽさがやってくるんですね。
口当たり自体は中庸でおもすぎず軽すぎずであまり特徴的でないものの、果実の感覚や紅茶要素は強めに入っているのデス。
ハッキリと苦味をうったえてくる辺りはボーヌよりな気も。酸の強さ辺りもどことなーくフランスめいてはいるんですが、果実的にオレゴンっぽいような・・・・・・
なーんて、深くブラインド的に考えてしまうと「どこの国なんだ?」という気がとてもしてしまうんですね。
これがタスマニアの面白いところ?
トータルでいえば、ピノに欲しい要素をガッツリ仕入れている(バニラ要素などは見られませんが)のだけれど、教科書頭で考えると要素がちょっとバラけている。
不思議な濁流のようなワインで、まさにラベルは表現的であるといえるでしょう。
嵐の海って気分にさせてくれる・・・・・・けれども、沈まない自信はあるような・・・・・・そんな感覚の良さがあります。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
2000円中盤の魅力じゃないな!?
このワインのすこぶる良い部分は「2000円っぽくない」これら魅力的でかつチープでない感覚でしょう。
どちらかというと、低価格帯NZなどにも近い部分があるのですが、それにしては明るく・・・あぁ!もう!とにかくこんな感じで楽しい要点がしっかり組み込まれています。
不安定なのか、それでいて安定しているのか・・・・・・少なくとも、良く出来たピノであると思います。
タスマニアらしい「中庸においしいところを拾っているバランス」といえるのかも。
デイリー向けでありますが、ネタで何か持って行っても楽しんでもらえそうなラベル。
タスマニアの超大手、なのに大手らしくないこの作り。うーむ、お手上げ!

というわけでテイマー・リッジ・デヴィルズ・コーナー・ピノノワール2013でした。
すごく熟度が高い、安い範囲の中で魅力をたっぷりもったワインでした。
もしかすると、ワイン慣れしていない方がシンプルに楽しめるかもしれませんネ。
日本に入ってきているオージーピノの実力はやっぱり異状なクオリティ!

2000円中盤でこの要素の取り入れっぷりというのがイイのです

ちなみに白版は水が青くなってるんですけど、船は沈む。

ワンピースのグランドライン入る直前ぐらいに乱戦してる感じ
関連記事

| オーストラリア | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/560-52405a74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT