オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最強ピノはオージーにあり!?この実力でセカンド!? バス・フィリップ・プレミアム2011

うぇるかむ・・・
KEIェ・・・・・・錦織圭惨敗してしまいましたね。まぁ、フェデラーの相棒で前回覇者じゃしょうがない。
さて。全豪テニスならぬ全豪ワインを行った場合、まさに優勝候補となるのがこのワイナリでしょう。

hZ15n.jpg
バス・フィリップ・プレミアム2011。
オージーのみならず世界最高峰のピノであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ただでさえ美味しいのが厳選入荷されやすいオージーピノの帝王
それが、バス・フィリップ。
当ブログ、既に去年別バージョンをご紹介してるので細かい事は省きますが・・・
一点、以前書いた記事では「クラウンプリンスがセカンド」と書いたんですけど、どうにもリザーブはシークレットキュベ(某所のダ・カポとかみたいな)でもないっぽく、このプレミアムがセカンドの立場みたいなんですね。
マジか・・・・・・としか言いようがないのですが。
yyzi1.jpg
裏面も奇をてらわないシンプル文字多め系。
ああ、もう、そそくさと香りと味にうつりましょう!!

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
早くも今年最強のピノが決まっちゃったか?
ベラボウにうまい、赫奕たる一杯でありました。すこぶる恐ろしいなフィリップ・ジョーンズ様!
果実感と繊細系とちょっとした熟成っぽさを調度良く兼ね備えて「こんなピノあったらいいなぁ」を完全体現!!
auHRn.jpg

色は少し熟成感が出ているような感じでエッジが少しオレンジさが出始めています。
色だけで判定すると、も少し寝かせた方が呑み頃なのかも?
香りはちょっとキノコ要素が伴いつつチェリーのしっかりとした酸と甘味を感じさせてくれます。
ぎっちりバニラ要素などはなく、ほんのり梅感などもあり、またチェリー各種の幅も大粒から小粒まで手広く揃えたような。
味わいは一口目は大分酸が強いように感じられます。
赤系の果実の酸、これがまず目立って見えるんですね。なのですが、あとからしっとりと紅茶葉と甘味がしんみりと伝わってきます。
すごく繊細に、チェリーと黒砂糖を使ったパイのような・・・・・・それも郷愁的な世界観がほんのりのる絶妙な加減でやってきてとにかくしみじみ。
そこまでくると果実要素がとても充実している事がわかる(ちょっとシュペブルに近いぐらい)し、同時にブルゴーニュめいたエレガンスやミネラル感もとらえている事が伝わります。
何かと落ち着くワインです。とても心が満たされる・・・
「うまい!」ではなく「美味い・・・」なんですネ。うーん、このバランス感覚の新世界旧世界全部含めたような圧倒的な表現力はなっかなか説明が出来ませんナ。
キャラクターでいえば、すごく知的なメガネ美女感?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
2万円台でこれと戦えるピノがどれだけあるだろうか?
うーん、ブルゴーニュ経験は私薄めなのでもしかすると沢山あるのかもですが・・・私はあんまり思いつかないなぁ。
ピゾーニ系を持ってきても、カリフォルニアより表現力は高いように思えます。
総合的なバランス感覚が、とにかくインテリジェンスでキまってるんですね。
よって、この価格帯のワインを買えるようなワインラヴァーは買うべし。以上。
プレゼントに使う前にまず自分で呑みましょうこれは。

というわけで、バス・フィリップよりプレミアム2011でした。
去年の5月に呑んだクラウンプリンスも充分すごすぎたなぁ、そういえばなんで私2014年ベストに入れてなかったんだっけ?ぐらいの気分でしたが、それよりワングレードきっちり上げてるような実力を感じます。
ピノ・ノワールで欲しい要素を大体取り入れて形にしているような出来栄え。ブラーボ!

これでトップでもないって辺りが、バス・フィリップのヤばさだと思います

う、うーん、そんなにメガネ派でもないからパッとキャラが思いうかばぬ。ノエインだっけノインだっけなんだっけあのシエル先輩みたいなこう(突然のもどかしさ)

あー、こう、こんな?私一巻しか読んでないんだけど・・・
関連記事

| オーストラリア | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/551-e8c9cb95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT