オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

我が麗し~のバレンシア~ パラディグマ2007

うぇるかむ!
ゴールデンウィーク真っ盛りいかがお過ごしでしょうか。
某ソーシャルゲーム(モバマス)がスペイン編だったりでバレンシアステージが追加されてました。
ついでに、タイトルは某音ゲー(ユビート)より。
という訳で、バレンシアからモナストレルの一本をと。

730471281.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
シンプルな。あまりにもシンプルな印象を受けるラベルです。
このぐらいシンプルだと「安い」か「高い」かのどちらかなのですが、これは「安い」方だったりします。
作り手はボデガス・エンゲラという小規模な家族経営者だとか。
有機農法の生産者でバレンシア認定も受けているようです。
いずれにしても、結構な新参系っぽくこうガレージ的な印象です。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
色は黒と言っていいかと思います。香りから赤い果実と紫の果実の両方のニュアンスが見られるのが特徴的。
口にすると面白いのが酸の立ち方と後味の印象。
微妙に軽いのですが、酸味が強くしかしバランスよく果実の印象も見られます。
樽感もそこそこあるのですが、香りと同じくストロベリーやプラムなどの味わいが見られるんですね。
そしてどこか魅惑的。
口当たりの塩梅もそこそこ……ううむ、全般的にそこそこって評価がつらなっちゃいました。
しかし味の連なりはいいんですね。
簡単な調子で終わらない果実のおもしろみが、モナストレル種の特徴。
特徴を良く捉えて仕立てられた一本ではないかと思います。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
味わいの印象からは2000円以下とは思えない不思議なワインです。
価格以上には複雑さがあり、土着品種系に良くある飲みづらさを感じさせないのが魅力的です。
いわゆるテンプラリーニョやガルナッチャ系に飽きたら、是非お試しあれ。

バレンシアワインって案外おもしろいなぁと思う次第。
スペイン=樽のイメージがある方にはよりオススメです。
・・・そうね、ゴールデンウィークは
スペイン祭り
としてスペインのテーブルワインに徹底しましょう!

パラディグマ


関連記事

| スペイン | 17:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/05/04 15:04 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/55-cd5c4e0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT