オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南アフリカの最高峰ピノ。ケモミミ系・・・? ハミルトン・ラッセル・ピノノワール2012

うぇるかむ!
南アフリカ、当ブログもけっこー推している地域でありますが、その中でも最も海寄りのピノというのがこちら

KUvF1.jpg
ハミルトン・ラッセル・ピノノワール2012
ウォーカーベイのピノ単一です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
なんかちょっとラベル怖くない!?
VUCBa.jpg
影になるとなんか異様に怖い!折角新世界系なんだからもっと楽しいラベルにすればいいのに・・・・・・

作り手だとかは正直全然情報がなくってですね。どうやら世界最強産地サンタバーバラと緯度が一緒!とかいうのが一番のウリ文句になっていて訳がわかりません。
緯度が一緒でも土とか作り手のジツリキが違うでしょ!カラテしろ!!
とニンジャ滅すべしという勢いで指摘したいところでありますが、一部でブーケンハーツ・クルーフ様と同程度の評価の南アフリカだと聞いて私の心はとっても動きます。
ddIQy.jpg
紋章も何故か旧世界タッチ。そんなかしこまらなくてもいいのに・・・
さておき、その実力は如何程のものかというと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(人によりけり?)
うぐ、私の一番苦手な獣感たっぷりピノだ・・・
ということで評価が芳しくはありません。ただ、そうした獣っ子系が好きな人にはたまらないワインであり強い個性には見るものが間違いなくあります。

色はちょっと朱色気味。そんなに熟成してるでもないのに、かなり褪せて見えました。
香りにオレンジっぽさとジビエ系のにくにくしさがありベーコンなどの要素が鑑みられます。
オレンジ感はまだしも、こうしたジビエ要素とかって個人的にネレッロ・マスカレーゼ(エトナ)とかシラーであると超がつくほど嬉しいのですが、ピノでついてると何故かそうした生臭さが残りがちで好みでなかったりするんですネ。
ということで、味わいは更に獣の雰囲気びんびん。
毛皮感、酸もじっとりとしていてオレンジ系。アフターの苦めのチョコニュアンスも強く、ダーティー。
そうした獣感たっぷり具合いはまさにケモナーなワインって気分なのです。

*ケモナーとは、オタク界隈でも特殊な獣属性持ちの人々の事。ネコミミは軟弱とされ、スヌーピーやフェリックスなどのように半獣人それも毛のモフモフさを争いがちな属性の事です。極端にいくと「人間の女の子をほぼほぼ動物にアレンジする」ところに至ることで萌えるタイプ。実は絵が旨い女性に多い。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には)
というわけで、自分では好んで買わないスタイルなのですが、好きな人はたまらなくケース買いしてそうなワインです。
n6ojB.jpg
後ろも徹底して硬派系であり、苦さがウリのフランスら辺を愛している人にもオススメしうる味わいかな。
クセがハッキリと強いので、藪から坊なプレゼントには向きませんが、好みまで特定している相手であれば検討に値するハズです。
なんとなーく、ブルガリアとか南アフリカのピノってこういう獣感あふるるモノが多い気がします。ソレ系好きな人は攻める価値が大有りです。

というわけで、ハミルトンラッセルのピノ2012でした。
いやー、苦手ですこういうピノ。ただ、知り合いにケモナーの超上手な絵の人とかいるので、そういう人と呑むときには敢えて買いたいかも。
個性的、特殊なピノをということであればオススメできる・・・と、苦手と公言する人間が言えるだけの面白さはあるハズ。

そろそろいーかげん、このショップで購入する事をしなければと検討中です

ケモナーは女性のが多い。理由として少女漫画のマスコットから変身するキャラからの発展があげられるかと(世界のワインブログで始めてケモナーの起源性について語る当ブログであった)
関連記事

| 南アフリカ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/545-47c1a10d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT