オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意外なほど磯臭い・・・ イガイ・タカハ・鼓動2013

うぇるかむ!
ニューワールドピノといえば、やはりセントラルコーストが一番!なーんて私は思っている訳です。
で、その中でも知名度が比較的高い・・・そう、ニンスレアトモスフィアがあるアイツを久しぶりにチェケラッチョしたのでした(古ッ!

QZ7fs.jpg

イガイ・タカハ・鼓動2013
メリケンでなんとも言えないアトモスフィアを放つシリーズの一つです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
相変わらず、なんともジャケ買いさせる雰囲気です。
vp4qH.jpg
裏まで合わせて、良くブランディングされていますよねぇココ。
詳しいところは、以前の更新を見ていただければと
特徴としては、サンタバーバラは一等地であるリタヒルズで15.5%もあるアルコール分。
カリフォルニアワインとはいえ、ここまでアルコール度数が高いワインもそんなにはありません。ましてピノでは。
なんでも、地球の鼓動がうんたらと話されるワインでありますがその実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(好きな人は+?)
とにかく磯臭い!!!!!!!!!!
アルコールが高いピノにたまーにある、ミネラルを通し越して海苔佃煮みたいな雰囲気が全開の仕上がりになっています。

色はかなり濃い目にクリムゾンレッド。流石の度数といったところでしょうか。
香りにかなり強くアルコールと海苔(日本のと韓国のりの)が見られます。
果実感とかいうまえに、妙に塩っぽいといいますか、独特のしょっぱさが鼻からも感じられるのですね。
味わいはミネラルが強すぎ、かつ香り以上になんとも海苔臭さが存在します。
そればかりが感じられ、よくよく注意して見ていけば果実要素も存在するもののそうした部分を全部潰してアルコール感と磯くささが先立ち最後までソレ。
チープさはないですし、最低限の果実感や雰囲気はあるものの、何よりもミネラルを通り越したしょっぱさが悪目立ちしすぎるのです。
故に、これは好み次第と言ってしまう方がいいのかも?と。
トータルで言えばバランスは間違いなく悪いと思います。
独特といえば聞こえはいいのですが・・・・・・
鼓動は早くなりそうです、塩分的な意味で。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥(好み次第ではプラスもありえる?)
というわけで、以前のシリーズ同様にあんまりコスパは良くないと思います。
すっごくクセのあるピノに仕上がっていますから。体験していただければ、とも思いますが7000円超えてしまうとなるとそう気軽にも言ってられないなぁと。
ファンが買えばそれでOK、と潔く割り切って見守ってあげるべきなのかもしれません。
サンタバーバラ周辺のもつエレガンスはここには、ない。
独特の世界観を突っ走っている辺りは、相変わらずニンジャスレイヤーみたいなワインです。

というわけで、イガイ・タカハ・鼓動2013でした。
ハッキリ言って、私の好みではありません!
このクセとどこまで向き合い、料理と合わせるか・・・・・・そこまで考えて妄想を膨らませるとイガイと面白いのかも?

正直、オージーピノ買ったほうがいいとは思いますが、雰囲気や佇まいは確かにあるんですよねぇ。

爆発四散!
関連記事

| アメリカ | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/542-d4b950f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT