オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スーパータスカン系の超テーブルワイン カザマッタ・ロッソ2011

うぇるかむ!
世の中はゴールデンウィークという事で、各種イベントやってたりするようですね。
私も出向きた言っちゃ出向きたいのですが……お金がね、ふふふ。
という方にも、気分的にはスーパー・トスカーナを飲めるってコンセプトのが今回のワインです。

764407243.jpg

ビービー・グラーツのカザマッタ・ロッソです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
デザイン的にシラーを使ってそうな雰囲気ですが、全く違ってサンジョベーゼ100%(うちグロッソ含む)。
ラベルだけならば結構高そうに思わせてくれるんですよね。この辺りはデザインセンスというべきかしら。
ついでにスクリューキャップです。サクッと開けれちゃいます。
00年台のルーキーワイナリーで、イタリアで賞をとったことなどから新星スーパー・トスカーナとして人気が出た「テスタマッタ」のテーブルワイン版です。
同じ漫画の単行本オマケ、ぐらいの位置づけでしょうか。それも鉛筆書きぐらいな。
また、いわゆる「神の雫ワイン」でもあり(8巻にのってました)、日本国内人気は高めなのです。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
色は良く透けた赤、粘りはあまり無くサラッとしています。香りに香草や木の実、少しの香水感とレモン感がありました。派手なタイプではないかな、と予感させます。
口当たりは軽快でタンニンは少なくゴクゴク飲めてしまいます。流石12.5%。
カシューナッツやクルミのような実やオリーブなどの印象がまさにサンジョベーゼ的。
スパイシーさはなく果実感にチェリーがコロコロとしている感じ。
余韻は短いですが香草感が最後に出ており、ちょっと苦味を残すかも。
安くてダサいキャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(イタリアの代表的なサンジョベーゼを使ったワイン)などにある軽い割に飲みづらい変な苦味などは感じさせない点はグッド。

KAZAMATTA.jpg


ヘンなクセはない、日常品という印象ですね。無印良品って感じ?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
コンセプトはバッチリ決まっていてまさに「テーブルワイン」だと思います。
価格としてこのヴィンテージは1300円でお釣りがくる店が多く、まさにバッチリその値段分ぐらいの良さ。
逆に言うとそれ以上のコストパフォーマンスは感じないかもしれません。
サンジョベーゼの味わいを感じるにはぴったりなので、試験対策にサンジョベーゼを一本飲んでおこう!というのであれば解りやすいなぁと思いました。
スクリューキャップですし、イタリアワイン体験としてあまりサンジョベーゼを飲んでいない方にもいいかな~。

コンセプトとしては決して間違っていない一本。
個人的には正直物足りなかったのですが、サンジョベーゼの味わいの再発見にはなりました。
ピザ辺りと飲みたい一本でしたとさ。



関連記事

| イタリア | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/54-c19b1c4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT