オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

果たして押入れから出てきたベーレンアウスレーゼは飲めるのか? リッター・ツァホニー ゴルトシャッツ べーレンアウスレーゼ

うぇるかむ!
私は必ず、年末年始は貴腐ワインも呑む事にしています。
一昨年はイケム様、去年はデリンジャーのナイチンゲールだったかな・・・・・・で、今年は格が大幅に下がりました(その分、ルーシーを呑んだのだけれど)

RG5Su.jpg
リッター・ツァホニー ゴルトシャッツ べーレンアウスレーゼ
なんと2000円アンダーの貴腐系です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
実のところ、調べてもあまりに情報がなく、とりあえずベーレンアウスレーゼである(貴腐か過熱ブドウのデザートワイン)であることは確か。
UnliP.jpg
値段が値段でありますし、特筆すべきラベル要因はありません・・・・・・
というか、私も何でこのワインが家にあったのか良く覚えていない!!!!!!!!
何か大掃除してたら部屋の隅から見つかったのです
あ、こんなのあったのふーんみたいな・・・・・・
もしかすると私以外の家族が買ったのをもらったのかも?
どうにも検索すると2013年頃に日本に入ってきてるっぽいので、大体1~2年ぐらい放置してたわけです。
因みに、うちのその場所はワイン保存環境としては悪目で日が当たりそうにない場所ではあったものの、洋服ダンスの近くで年中エアコンなんてついていないところ。
今年はこうしたワインを出さぬよう・・・という懺悔も込めて年始に開けたのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
あ、飲める!全然飲める!!
さすがは糖度たっぷりなデザートワイン。なんらヘンな事はなくバッチリ飲めてしまいました。

色は割りと緑がかったイエロー。色づきはあまりらしくありません。
香りはレモンとグレープフルーツがわかりやすくコロコロとしています。
フレッシュではありませんが、ドぎつくもなく。
味わいも同様に柑橘系が真ん前に備えたような味わいになっていて、よくもわるくも飲みやすく、価格なりのデザートかなという印象。
単純ですし単調ではありますが、臭みや苦味などはなくちょっとした茶砂糖感も出しつつ難なく終わってくれます。
果物要素が高すぎ、ちょっと複雑さや求めているような壮大さなどはありませんが、それなりの貴腐っぽい何か。
値段が安いベーレンアウスレーゼですし、環境が環境だっただけにダメだろうと思ったらちゃんと飲めた段階で結構びっくりと言いますか、意外ともつんだなぁって。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(多分)
えーっと、元々が1800円ぐらいのデザートワインなので、ある意味ではお買い得感はあります。
ちゃんとした状況で飲んだらどうだったのかがわからないのですが、普通に規定値を持っているかなーって思いました。
勿論、デザートワインの大ファン向けではなく足りない要素が多いのですが、普通に何かデザートワインも飲もうかな?という時の選択肢にはなったのではないかと。

という訳で、リッター・ツァホニー ゴルトシャッツ・べーレンアウスレーゼという謎めなワインでした。
当然ネットとかでももう売ってないっぽいです・・・・・・
今後は実験目的でも無い限りこういう事なきよう努めなければ。

去年はコレだったんですけど、さすがにコレの方が美味しいですよ~・・・値段全然違いますけどね!


レモンキャンディ系の味。ゆえに、ワイン慣れしてない人にも美味しいかも?
関連記事

| ドイツ | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/531-596e52de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT