オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3級最強。厨2力煽るる、マルゴーアペラシオン1級クラスの活力。 シャトー・パルメ88

うぇるかむ!
年末ベストも発表しちゃって、えっらく気の抜けている私です。あ、ちょっと色つけて見やすくしたのとコーナーを上に出しました!
さて。そんな中、いくつかまだ当ブログで掲載していないワインがありましたから、その更新。まずはグレート部門12位にしたこちら。

dhElD.jpg
シャトー・パルメ1988
もう皆さんご存知ですよネ?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
いつ見ても、超かっちょいいラベル
ボルドーワインのラベル中ではムートンの好きな年号と同じぐらい好きかも。
実は、当ブログでのパルメ紹介はなく、ヒストリカルを「ひとりぼっち~」さんで紹介していたという
ネーミングセンスとかが、どこか中二病っぽかったり(セカンドがアルテ・レゴないしレゼルヴ・デュ・ジェネラルですよ!)ヒストリカル・センチュリーという特殊ワインを販売したりする手腕がたまりません。
ボルドー格付けの中でも、妙にやってる事が派手と言いますか、なんか奇をてらってる感じがあるような。
チャールズ・パーマ(パルメール)少将が買い取ってその名前がついているというワイナリ。いわゆる「スーパーセカンド」のひとつです。
現在の総支配人はトーマス・ドゥローという方。あんまりパルメ以外で名前は見かけないかもです。
その超名声得まくってるのにもかかわらず、オージーブレンドワインとか作っちゃう感覚が、私はボルドーの中でも特に好きだったりします。
88年という年号自体は、マルゴー村周辺は「まぁ、普通の」ヴィンテージといった具合でこの年はむしろグラーヴが良かったりするという。
なので、そこまでは期待せずに呑み始めたのですが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
やっぱパルメはすごいなぁ・・・
シミジミしてしまうワインでした。
ボルドーにそれほど好意的でもない私ですが、この辺りを飲むと「うぉおおボルドーしゅごいいい」と唸ってしまいますネ。
ほんと、高騰してるのやめてほしいワー。

APF4m.jpg

色はわかりづらいですが、かなりオレンジが入っています。
とはいえ中心はまだまだ枯れた感じはありませんね。
香りにダシ感が強めに出ていて、干し椎茸や漢方などのオリエンタル要素がハッキリしています。
果実要素は香りから自体はそれほどみられません。
味わいはかなり滋養があるチャイナティー、それでいてマルゴー村ワインの特徴である明るく広がりがある口当たり!
割りとメルロに定評があるパルメだけに、オールドヴィンテージになってもまろやかさが健在であります!!
タニックさ、果実の感覚は梅系でアフターに少しミルキーな要素も残しています。
カシスやプラムもまだわずかながらに感じられ、飲み頃だったのではないかと。
複雑さが充分にあって、存在感がとても高い。
日本ではマルゴー村は人気が高い、という定説がありますがそれもわかるような気がするスタイル。
呑んだ瞬間に宇宙的開放感、卓越したクラレットでした。

コストパーフォーマンス(最大5PT)
コスパで測るものではない(買えれば割りとお得かも)
jubYU.jpg
まぁ、パニエが必要なワインですからネ。
仕入れインポーターや保存状態が関わるので、必ず上記のように優れた熟成クラレットの表情を見せてくれる訳ではないんですよねー。
今回はそんなに業界で評判が良くないエノテカ仕入れでしたが、これで充分に実力が感じられるのだからどこでもokかもしれませんが・・・・・・
1988ヴィンテージがそれなり程度なので(大体がしてパーカーたんはこのワインに89点しかつけてないし)、価格が3万アンダーで手に入るっぽいところは注目に値するとは思います。
人気が高いワインではあるので、投機もそれなりにはアリ。バースデーにコレを使ったら最強の域ですが当然取り扱いには注意を。

というわけで、パルメの1988年でした。
パルメ様すごいなぁという他ないワインでした。ボルドー格付けに関しては、ハッキリいいまして
「評論家評価の高いワイナリ以外は割高。そして評価の高いワインはもっと高い(たまに隠れてイイのがあるが)」
と、お買い得さはかなり吟味しないとならないのは事実。
その中で、不動の安定を保つパルメの活力には頭があがらない思いですネ。

80年台後半としてもコレってお買い得?
[1988] シャトー パルメ Ch. Palmer

[1988] シャトー パルメ Ch. Palmer
価格:25,056円(税込、送料別)


アルターエゴな

そしてコレ。このセンスがボルドーで最高。
関連記事

| フランス | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/527-3ed06485

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT