オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おどりゃ!バレンシアのシュヴァルブランじゃと!? ラファエル・カンブラ・ドス2011

うぇるかむ!
スペインといえば、ガルナッチャやテンプラリーニョが繁栄している訳ですが、イタリアなどのようにたまーに国際品種があったりもします。

pg9rq.jpg
ラファエル・カンブラ・ドス2011
バレンシアのカベソーとフランブレンドです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的に+♥)
出た!スペイン伝統のもじゃもじゃラベル!!
で、もじゃもじゃしつつもワイナリー名と葡萄をかたどっているんですね。この手の中ではそれなりに意味合いを感じさせる気がします。
作り手の名前がワイナリー名で、元々は葡萄栽培家の人。それが醸造家になって~というサクセスストーリーが概ねです。
昔から農家だった一族の人らしいんですが、高樹齢系でもなさそう。

ワインに詳しくない人向けにもう少し書くと、ワイン業界では「葡萄を栽培する農家」と「葡萄を使ってワインを作る醸造家」は別である事も多いんですね。また別々の場合は醸造家(醸造メーカー)の方が名前が先立つしエライ事が多いと。
ラーメンないしスパゲッティの知名度の高いメーカーは有名ですけど、その麺の小麦を作ってる人の名前って知りませんよね?そのため、ワイン栽培家が醸造も始めたがるのは良くある話ナノデス。
Cxqo9.jpg

評論家評価はまず相変わらずスペインに甘いアドヴォケイトが90点台を献上して「うっとり」と何回みたかわからない評価をおくっています。
また、誰が言ったか異名が「スペインのシュヴァル・ブラン」です。
カベルネソーヴィニヨン50%のフラン50%という亜種的ブレンドなんですけどネ!(シュヴァルブランはフラン主体のメルロ少々でブレンディングから比較出来ないッス)
という訳で、まぁスペインらしさに溢れたワインですがその実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
思ったよりもシンプルかつキレイ目
もっとジャミーなのかと思ってたのですが、ほどほどのカベルネブレンドを楽しませてくれます。
フランがある分、草原ぽさが高いんですね。

色はバイオレットカラー系で、カベルネらしい赤紫と言っていいでしょう。
香りにカシス感が多めにあって、そこにほんのりとハーブ感に微妙な熟成ニュアンスがあります。
11年というヴィンテージよりも、もう少し古い感覚を(といっても09年とか08年ぐらいかなー)覚えます。
味わいは香りに比べると思ったより果実感が控えめ。
ついでに甘味や酸味もそこそこに抑えつつ、ハーブ感などがちゃんとやってくるという。
どこかテンプラリーニョっぽさも持ち合わせていて、赤果実と紫果実のミックス、それにフランからくる草っぽさがあるんですね。
フラン系の場合、青臭さが目立ちすぎることも多いんですが今回はそういった悪目立ちがなく仕上がっているのが最大特徴と言っていいかも。
バランス感覚がちゃんととれていて、タンニンもそこそこにバランスのいいスタイルの平均点がしっかりとれるワインになっています。
特筆して愛すべき要素はないけれども、全部ちゃんと持っている。
格闘ゲームでいえば、いつものリュウ。波動拳が撃てるし昇竜拳で相手を撃退できるし竜巻旋風脚で突進も出来ます。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
シュヴァル・ブランだと思わなければおk
シュヴァル・ブランとは全く傾向が違います。シュヴァルらしさは微塵もない。けれども、1800円前後のカベルネ&フランとしてはこなれて秀逸です。
この価格帯だとチリに優秀なカベルネがたっぷりいますが、それらよりも総体的なバランスがいいです。
目立った要素がない分、初心者向けというよりはこの価格帯のワインを飲み慣れた人向けだったりします。でないと、このバランスの取り方に驚くことが出来ないんじゃないかなーと。
よくもわるくもそういった意味でテーブル向けでしょう。カベルネの選択肢にスペインがありえる、という事実が何より楽しいのではないかと。

という訳で、ドス2011でした。
スペインの底力をひしひしと味あわせてくれるワインでしたネ。というより、ラングドックより下側の実力ともいえる?
テーブルクラスにおいては、やはり最強クラスのワインがぽんぽんとありえるのが本当に恐ろしい限りであります。

2000円アンダーの中では、バランスと品があるかも

我が愛しのバレンシア

ドス・・・と聞いてモンハンよりも、最近お亡くなりになられた為か仁義なき戦いが思い浮かびました。
関連記事

| スペイン | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/516-b74e100b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT