オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スペインだから出来るこの古さでこの値段? トーレ・レオン・グランレゼルバ・バルデペーニャス 2003

うぇるかむ!
最近では薄旨でも人気を出しつつあるスペイン。実は伝統国側でありつつもその評価がまたあがりつつありますね。
という前置きから、こんなワイン。

JD4T7.jpg

トーレ・レオン・グランレゼルバ・バルデペーニャス 2003
スペイン産の超安ワインです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥(ギリギリで+♥?)
ラベルは壊滅的にダサい
なんか異様にチープ。なんだか異様な偽物感。なぜゆえこれほどふにゃんふにゃん。
2nmmG.jpg
ついでに金賞ワイン(ダメな方向に)
謎のコンクール金賞なんですが、当然このコンクールが知名度が高くなく、またこのぐらいしか情報がないという具合で、ついでに金賞ワインセットの最近の投入アイテムであります。
(初心者が絶対に買ってはいけないのが「金賞ワインX本セット」ナノデス・・・)
という訳で、本来ならば私は思いっきりスルーなのでありますが、何で買ったのかというとアルコール度数と年度です。
安ワインになると12%という例が結構多いのですが、これは13%は確保しているらしいと。
もうひとつは2003年・・・11年前のグランレゼルバ規格だという点から。
安いワインは数あれど、この古さではあんまり見かけないんですよね。ついでにブームのテンプラリーニョ。
ということで、購入しちゃったのでした。

香り・味わい(最大5pt)
♥♥♥♥♥
う、うーん、確かに年数がたった感じはあるのですがむしろ中抜けした感覚の方が強かったですネ。

色は意外なほど赤さが強めで、あんまりオレンジは入っていません。着色してると言われて納得しちゃうぐらいに、妙に若いカラーリング。
香りはわずかーにチェリーの雰囲気があるものの、全体にそもそもあまり香らず。
味わいはどことなく熟成感を持ちつつも、しかしなんかスパイス感はないですし中抜け度が激しいような・・・・・・
渋みが目立ちめなのですが、抜栓からある程度時間がかかるとシンプルにまろやかになります。
本質的な果実の弱さが目立ちゃってて、確かに樽がけしてるんだろうなぁと思わせる事もあるんですがなにせ寝かせた事による味わいも(存在してるけど)弱い。
明確に「こんな感じ!」というのが浮かびません。悪い訳でないけど、いい風格がないという。
ラベル同様にふにゃんふにゃんした感じといえるかなー。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
そういう訳で、コスパも高くはありません。
悪くはないんです、重要な欠陥は見られないといいますか・・・・・・というより、値段が1000円いかないから「仕方ない」ってなっちゃう感じ。
このタイプが好きな人にとっても、どうなのかちょっと微妙でありますが、それでも1000円以下で2003年のワインが飲めるという事実は知っていただきたく今回の記事を作ったのでした。
興味がある人は、試してみるにはいい料金だという。

という訳で、スペインの安旨ものより一本ご紹介しました。
某ブログ激推しのクネあたりはこれを遥かに旨くしたワインだったりで、改めて出来の良さを思い出してしまいましたネ。
それにしても、スペインのバラエティさは驚きの方があります。2003年産でボルドーとかブルゴーニュとかこの値段で言われたら、もっと評価低くなる可能性のが明らかに高いですから・・・・・・
なんかレビューもふにゃんふにゃんしちゃうのでした。

オススメはしませんが、参考にはなるワイン

この価格帯で300円差って超でかいんですけどダイジョブ?

じょぼぼぼぼぼぼ
関連記事

| スペイン | 08:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/515-637bcc35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT