オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平均的ボルドーの実力者 レイニャック・キュベスペシャル2010

うぇるかむ!
昨日はデイリーコーナーを途中まで更新だけで放置しておりましたテヘペロ。
さて。今日は私が「たまに有料試飲とかであったら呑んでおくワイン」があります。それがコレ。

l2pow.jpg

レイニャック・キュベスペシャル2010
某インポーターの主軸ワインですね。割りと思い出深かったり。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(+♥?)
ラベル自体は何ともボルドーとかフランス周辺めいたタッチですね。城だけか耕作だけかってことの方が多いですが、あくまでもフランス仕立て。
そんなボルドーの知名度がある名のれる村の出ではないワインなのですが、ここには謎に評論家評価が多くあります。
「グラン・ジュリー・ユーロピアン」「ワイン&スピリッツ」なる品評会でボルドー格付け1級連中を抑えてトップだとか二位だとか云々かんぬん。
なんかそのムービーが見れたりします。ムービーまで用意されてるのは珍しいと言いますか・・・・・・
また、「スキャンダラスなボルドーワイン」という本の中で高評価をパーカーたんから受けてルンルンしてたりとか。
で、パーカーポイントはというと平均ギリギリ90ぐらいの点数となっているワイナリ。

0Eg64.jpg


作り手はイヴ・ヴァテロという人で、この周辺に湖を人工的に作ったりオクソラインシステムという地味に設備設営にお金のかかることを早いうちからやってたりと巨万の持ち主。
ロランたんコンサルタントのワインでもあります。
メルロ主体という右よりの作り、という事でまぁ得意分野。
その実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
ド普通なメルロ
全てにおいて平均点といった感じのメルロであります。

で、しかも注文したらソムリエが勝手にデキャンタつきポワラーをかけてしまいまして、今回は「デキャンタされた状態での」ノートになります。

色は赤みが強めにあり、紫度は意外と薄め。
香りは単一にカシスとバニラ。(推測すると、カシス要素はデキャンタしないとずっと濃かったのでしょう)
カシスの方が強く、葉巻とミルクっぽさが少々。
味わいはメルロらしい口当たり・・・の中では水っぽい仕立て。
重た目の紫の果実の印象が最も強く出ていて、そのまま変化率も低めにフェードアウト。
デキャンタした分、呑んでて中抜けを感じはするものの、全体にチリ寄りの重たくない仕上がりだと思います。
2010という09と連続したグレート・ヴィンテージなのですが、その結果日射がヨすぎたのかしらん?
スタイル自体はロランワイン的であり、そのベーシックコースって感じなんですね。よってド普通。
よく「ファッション誌のモデルやキャバ嬢がみんな同じに見える」なんてオタクをいうのですが、これもそんな印象のワインかな~。
デキャンタポワラー効果がガンガンに効いてるのだとしたら、かけすぎるとあっという間に化粧が落ちちゃう感じなので注意が必要です。

コストパーフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(ギリギリで)
で、こちらのインポーターではしょっちゅうイベントのたびに割安セールを通販番組みたいにやってる訳で。
その上では何とも判断しづらいんですが、5000円前後だと高すぎであり4000円前後でもギリギリで普通かどうかという感じ。
3980円ぐらいで売ってるケースがあり、試してみたい場合は呑んでみるのも良いかなーと。

と、直近の飲んだ話をいたしましたが、冒頭の通り私は何度かこのワインを飲んでいたりします。
理由は「評価の割に美味しくないなと一番最初に思ったワイン」がこれの別年号だったからです。確か09年。
本当にワインを呑み始めの頃、ティスティングコーナーで今日の目玉として出てた時に呑み、そのあんまり良くない加減に驚かされてから、私は定期的に・・・・・・1年に2回ぐらいは・・・・・・呑むようにしています。
ナンデ?と思われるかもしれません。理由としては、「これがそこそこのワインの基準値」に私がしているから。
ある種、呪いの如く私のなかでこのワインが多くのボルドーワインの標準として君臨しているのです。
最初の印象ってコワイよネ。
当ブログで激推ししているクラレットスタイル(カベルネやメルロが主体)は概ね、これより美味しいと思ってから掲載してるって感じ。
何だか調べてて、苦い思い出をいじるようで感慨深くなってしまったのでした。

ネットショップよりも実売店で買った方が安いかも?そして、そのティスティングコーナーで飲めることが多い。

シークレットボトルなのかフラッグシップなのか?わからないけどフランス品評会2位だったのはこっちネ。

「苦い思い出」で調べてみたら何故かリモコンが出てきた件について。
関連記事

| フランス | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/511-3a238b09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT