オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガテン系ワインもいいよネ!とても中学生めいたラベル サンチョ・バロン

うぇるかむ!
ここ最近ローヌ続きでしたが今回は一転してスペインです。
スペインといえば現在は「和泉屋系ニューフェイス」とか「リオハピノ風スタイル」などが流行っているような雰囲気なのですが、むしろ逆を行く「パーカーポイントめちゃ高系」であります。

EMWkb.jpg

サンチョ・バロン
ね、なんとも安ワインめいてらっしゃるでしょう?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
なんか中学生が着てそうだよネ
文字配置とかシンボルとかそういうのが異様なまでに中学生スタイルなラベルになっています。
作り手はボデガス・ドメコ・デル・ハラウタというそうで。
ワインコンクール参加系の作り手で、バルセロナの博覧会だとかで賞をとりつつ100ヘクタールぐらい自社畑も持っているんだとか。
樹齢65年というオールド・ヴァインで一応あります。ステンレスタンクとオークの使い分けもしてるそうで。

A8qHa.jpg


ただ、何故かラベルにはヴィンテージも記載されておらずその中二的ラベル要素が「うーん、これ大丈夫なの?」という感覚にさせてくれます。
ついでに「アメリカでは40ドルで売ってます!」が多くのウリ文句です。それはむしろアメリカが高いんじゃ・・・・・・
また、このワインは冒頭で書いた通り「アドヴォケイトポイント90点」のようで。
因みに多くのサイトで「パーカーポイント90点」と記載されていますが、パーカーポイントではありません。間違いです。
レビュアーがボデガス・ブレカと違ってニール・マーティン・・・・・・スペインに甘めのレビューが多い理由の人であります。

という事は!なんか濃~いワインなんでしょ!
って既に通の人は思ってるハズ。いやね、たまには私もこうただただこ~いワインをお鍋で豚肉をしゃぶしゃぶしながら飲みたくなったんデス。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
そして、大体そんな感じ
開けたてはとても濃い仕上がりになってて、ステンレスと樽の併用の割にバニラ感もあって
「これこれ、パーカーポイント90点ぐらいのワイン!」
と納得させてくれる訳ですが、味わいの抜けが早く、次の日には一気にしおらしいテンプラになってしまいます。

色は赤紫系であんまり透けないカラーリング。
香りは素直な果物とバニラの両立です。ブラックベリーなどの濃いカラーの小果実、そこにバニラが出ているという。
カベルネの青臭さがないバージョンといいますか、ジンファンデルに近いタイプというと一部にわかりやすいでしょうか?
最近はテンプラリーニョもピノに近いと思っていたのですが、改めて作りの万遍なさというか
テンプラリーニョってもしかして、実は別品種だったみたいなパターンが多いのでは?
とすら疑ってしまうのでした。
つまり、味わいも紫系のタッチがまずは出ています。
プラム、乾燥プルーンの果実感が主体で、そこにバニラがのっかるというカフェオレ系に近いタイプ。
ただ、どこか軽い調子も見られまして果実感や樽感がそれほど訴えてはきません。
私の気分的にはもっとパワフルであって欲しかったんですが、その辺りがガルナッチャ主体との違いでしょうか。
そうしたバニラ&果実の押せ押せ感が次の日には一気に抜けて、いちごなどの赤い果実感に変わってしまうのが特徴的というかグッとベールが落ち込みます。
さながらツンデレ的で、あまりのチョロインぶりに落ち着きのない不安定なワインとも言えるでしょう。
飲めなくなっている訳でなく、よりテンプラリーニョっぽい素性が出てくるといった感じで初日で飲み切るべきか二日目以降に呑むべきかは好みにわかれます。
良いワインは「グラス内の味の変化率が高い」と私は思っていますが、これは「日数経過で変化率が高い」タイプ。
つまり、安旨スペイン的とでもいいましょうか・・・・・・

コストパーフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(リオハだと思えば+♥?)
この価格帯のスペインは敵が多すぎる
私の知り合いに「スペインは安い方が旨い」という人がいたりするのですが、そのぐらいスペインのこのぐらいの価格帯のワインは戦いにして群雄割拠で三国志というより戦国で「なんか武将と勢力めっちゃおおいね?」みたいな感じなのです。
定番大手がいない、しかしどれも似た軍勢・・・というのの典型例であり、このワインも綾波レイが如く「私の代わりはいるわ」って気がしなくもありません。
なのでコスパ評価は控えめにいたしました。悪くなく良くもなく、1200円前後の値段の直球だと思います。
その中ではリオハであり、テンプラリーニョ100%なのがそれなりに使い勝手や品種把握に使える部分だとは思いますけれどもネ。
プレゼントにこれを使うのは勇者というより無謀でしょう。高級感ないラベルですし。テーブルでピンシャン開けてくださいまし。

という訳で、サンチョ・バロンでした。
まぁこれビックカメラ酒販で私は買ってて、大体そんな感じだろうという目星で買ったらまことにそのとおりなワインでした。
たまにはこういうのも、悪くないと思うのでありますヨ。

ネットでは京橋オンリー?ビックカメラともしかして資本同じなのかな??
サンチョ・バロン 2009【P06Dec14】

サンチョ・バロン 2009【P06Dec14】
価格:1,274円(税込、送料別)


サンチョってオッサンたしかいましたよね?
関連記事

| スペイン | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/509-10c4556f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT