オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジゴンダスで最も有名なワイナリ。定番アイテムだけど裏ラベルがカワイイ!  シャトー・ド・サン・コム・コート・デュ・ローヌルージュ2012

うぇるかむ!
低価格帯ローヌ、ひとまずネタ切れであります。最後は定番のコレを・・・

U5L4O.jpg

シャトー・ド・サン・コム・コート・デュ・ローヌルージュ2012
ジゴンダスの人気ワイナリですね。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
単純にこのちまっとしたのかわいいよネ
ワイナリーの由来が近所の教会なんだそうですが、その分社なのかな?正直、本家本元のジゴンダスよりこっちのがラベルデザインは可愛い(すごそうとは言わない)
ついでに、このワイナリに関しては
nIxBr.jpg
由緒あるワイナリにしては、説明の書いてる感じが可愛い気がしてなりません。
「グラスが飛び跳ねちゃうぜ!」ですヨ。大手にしてはやったらかわいい文章です。

で、このワイナリ、評価軸が日本で欲しいものの大体を有しているんですネ。
まず「限定キュヴェがパーカーポイント100点」をとっています。
次に、「スペクテーターで特集が組まれ高評価を受け」ています。
そして、日本人的に最も有名な理由になってるっぽい「神の雫で雫が激推しした(しかも初期)」んですね。
日本における海外評論筋&日本評価筋が揃ってると。
そのためか、サン・コムで検索すると私が書かずともワインブログがザックザクであります。
正直言って、このワインの正確な素性よりも遥かにワインブログ掲載率が多いのが特徴的といえるでしょう。

さて。
なので正直「ググれ」ぐらいの気分なのですが、現在の作り手はルイ・バリュオール氏。
「ジゴンダスの天才」なる異名を持つ彼の代から、500年以上続くこのワイナリの中でも最大評価を受けるワインができつつあると。
イタリアに近い土壌なんだとか云々ありつつ、これはネゴシアン版(買い付けブドウ含めて作ってる版)ですね。
100%除便しているそうで、作り自体はしっかりもの系っぽい模様。
というわけで、どうだったかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
まとまりがよろしいフルーティースタイル!
シラー100%かつ安めであると、概ねが辿りやすい「ちょっち水っぽいけど、果実感は強い」というもの。
その典型例ではないかと思います。

色は割りと透けている赤紫。カラーリングは中庸ですね。
香りにまずフルーツ感が残るのがポイントで、それからスパイス要素が出てきます。
フルーツは赤果実が目立つ感じで、それからちょろっと黒胡椒と白胡椒のミックス。
味わいも全体にみずみずしい感じが強くでており、果実主体です。
果物の印象自体は全体にくっきりとはしていませんが、赤&紫果実のあわせにスパイスを加えつつ、タルト感があるというタイプ。
イタリアの花っぽい雰囲気がちょっとアクセント程度に存在しているのが面白いところかもしれませんネ。
っていうか、どっちかというとシラーズ寄り(オーストラリアっぽい)ワインだと思います。
ただ、シラーズよりはシックな仕上がりであり、タニックさがある分もう少し大人っぽい点はひとつ加えねばなりません。
シラーズ全般が「なんか化粧したりしてるセクシー小学生」ぐらいの感覚があるとするならば、これは「そこから成長してちょっと大人になった中学生」みたいな?
除便効果なのか、あんまり雑味なくバランス良く飲めちゃうのが良いポイントでしょうか。うーん、やっぱり書いててあんまりローヌという気がしない。シラーズよりもおとなしい・・・・・・テノヒラクルーしちゃうと、ワシントンっぽいとも?
そういう中庸さがあるワインです。メロン系の青っぽさとかもあんまりないのに、渋めっていう。
なお、多くで語られている「開けてからしばらくしてからが本番」という話ですが、ようするにタニックさがとれて果実感と酸が出てからの方が渋くなく飲みやすいということ。
この点においては私も「神の雫」で主人公達が30分待ってから呑んだのはある程度正解なように思います(まぁ、目の前に30分おいてあぐらかく必要はありませんけど!)
チープすぎず、かつ甘すぎないバランスのとりかたがなかなかイイ感じにキまっているワインではありました。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
雫が飲んでた頃は1600円だったんよね・・・
ギリギリで2000円を超えるようになった昨今、あくまでもコート・デュ・ローヌのテーブル軍団の平均値にあるように思います。
解る人向けに書くと「シャプティエよりは重たく、ギガルよりは軽い」という印象でした。
この地域のテーブルクラスは個人的にどれを飲んでも好きなので、あんまりバランスのとれた評価が出来ないんですが、その上で妥当性がある感じだと思います。
このぐらいのクラスの場合、ケース買いするよりも色んな生産者を試す方が面白いとは思います。
コート・デュ・ローヌはフランスの中では価格がまだ似てます(ブルゴーニュやボルドーは似ませんからネ)し、色んな生産者を試すうえでジゴンダス地域トップの作るモノとして一度は飲むと楽しいですよ。

という訳で、サンコムよりローヌ・ルージュでした。
カワイイ気がしたけど、ちょっとぼんやりとしか思い出せない昔のクラスメイトみたいな印象が個人的にあります。
それだけローヌ全体および品種に安定感があるという事なのかそれとも・・・・・・

あ、この値段なら+♥しちゃう!!

因みに検索中一番高い価格だったのがロティ。うぉたっかい!!

これの3巻登場があまりに有名ナノデス・・・・・・どこのBOOKOFFでも100円なので立ち読みすると笑えます(色んな意味で)
関連記事

| フランス | 23:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/07/23 23:07 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/508-2c639ab6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT