オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

低価格帯でローヌ白を体験!何とも高そうな印象? ドゥラスコート・デュ・ローヌ・ブラン・サン・テスプリ2011

うぇるかむ!
今日は今、まさに飲みながら更新しようかと思います。
有名どころのローヌ白、それも2000円アンダーであります。

Gvp2t.jpg

ドゥラス・コート・デュ・ローヌ・ブラン・サン・テスプリ2011
北ローヌ名門の安値白です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベル自体はシンプルなローヌワインらしいスタイルですね。
ちょっと整いがいいのがローヌ的。何よりも、ボトルデザインがローヌは最高だと思うのですが、ドゥラスはオリジナルボトルをここでも出してくるあたりが好きかな。
以前、赤の最高峰ベッサールを紹介しましたが、今回はある意味真逆のポジションでしょうか。
前回の記事に補足しておくと、このワイナリの評価がグッと上がったのはジャック・グランジというシャプティエなどで修行した人が来てから。
うーむ、なんだろう、名門の経験値は名門を作るのか・・・・・・
SuNxu.jpg
裏はむしろラングドックっぽい?
さておき、今回のはあくまでも白だしコート・デュ・ローヌ。ドゥラスで買えるワインでは最安値かもしれませんがその実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
あー、しっかり地方っぽいクセが・・・
このクセの好き嫌いでローヌ白に対する相性は決まると思います。
使ってるブドウはグルナッシュ・ブラン主体にヴィオニエ、クレレット、ブールブランという配合値っぽいんですが、割りとソーヴィニヨン・ブランっぽい印象も持ちます。
InaLp.jpg
あ、ラベル項目で書いた紋章ボトルってのが↑。実際に見ると奥行きがある綺麗な紋章になってるんです。

色は価格の割には黄色みがあります。品種個性でしょうか。
香りに梨、白い花、おしろい、桃の缶詰などなど。ヴィオニエが意外と幅きかせてるんじゃ?って感じの香りではありますが、高級感はないところは残念かしら。
アルコール感なども高く、蜜っぽさは少なめ。香りからしてしょっぱそうな雰囲気があります。
味わいもそのとおりでミネラリーさがまずやってきてから、白桃缶詰と青めのスイカ、少しのマロングラッセがありつつも、ソルト感がアフターに残ります。
ソルティ・ドッグよりも塩辛いかも?
まぁ、安いローヌ白っぽいといえばそういう具合ではありますか。
想定以上に塩っからい要素が多い部分が賛否ありそうで、上手いこと使うと映えそうな料理と合わせたい感じになっています。
魚だけでなくお肉にもいいんじゃないかなーなんて。
あくまでも、下町のおねーさんって感じですね。どっか田舎くさいけど、全体に品はもっているみたいな。古典的なファンタジーのヒロインっぽいですねそう書くと(ちょっとシンデレラにはなりえないけど)

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(ハまれば)
1500円前後、という価格で飲めるのであれば充分な味わい!
ローヌ系の白のサンプリングとして勉強するにも悪くないぐらいの価格だと思います。
ドゥラスのいいところは上述したとおり、ボトルが派手なところ。ワインに詳しくない人相手であれば、パーティーでも充分に使える雰囲気を「説明なし」で持ってくれてるのは嬉しいところですね。
ただ、料理との合わせ方は是非検討なさってください。使い方しだいで良くも悪くもなる両刃であります。

という訳で、ドゥラスの最安値白でありました。
有名ドコロがしっかりと低価格で出してくるって所がローヌ地方の私の好きなところ。
ドゥラスも充分に貫禄をもっているなぁと改めて感じさせてくれますネ。

残念な事に楽天では売り切れっぽい?ちぇー。クリスマス用の白に悪くないのに・・・

フラッグシップも扱いが難しい印象がありましたネ。玄人好みのワイナリかも

一部のゲームオタク的に「ドゥラス」はこれのキャラをイメージするらしい
関連記事

| フランス | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/507-22dc700d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT