オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年最強コスパのワインがヌフだなんて・・・ レミー・フェブラス・シャトーヌフ・デュ・パプ2012

うぇるかむ!
ワインブログをやっている身として、一番悩ましい時が
「これ最強にヤばいんだけど、自分もう少しこれをかってからのがいいんじゃないか?」
みたいなとき。で、今日のワインはまさにそんな感じ!
だからいつもより更新速度を早めてサーッ(迫真)ってトップページにこないようにしようかと^^;

ecYsy.jpg

レミーフェブラス・シャトーヌフ・デュ・パプ2012
おそらく、現行で最も安いヌフです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体は至って普通にヌフ。鍵のマークなどでお馴染みの感じですね。
xivk4.jpg
裏面も全くもって普通。ネタバレしておくと、普通どころか大手会社が作ってるワインであります。
ピカール・ヴァン・エ・スピリチュー社というフランスの大手会社・・・・・・まぁ、日本でいえばアサヒなりサントリーなり思い浮かべていただければよいのですが、その会社がヌフでやってるリーズナブルがモットーのワイナリです。
最新の醸造技術と知り尽くした醸造家・・・などと書かれているものの、深く書いているところは全くありません。
まさしくド大手が作っている、日本人が割りと嫌煙したりしがちな「大手のワイン」の一つといえるでしょう。
日本においてそれはあまり好まれず、それこそ
「評論家高評価」「小規模とかファミリーとかカルトこそジャスティス!(カレーメシ君めいて」
が絶対の世の中です。私もこれを売っていたショップの店長に勧められつつ
「ヌフ好きだからいいけど、まぁ価格が安いし買うかー」
ぐらいの気分でした・・・がッ!

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥♥)
ワォッ!ピノ系グルナッシュだッ!!
果実自体の弱さがキッカケなのか、それともヴィンテージの奇跡なのか・・・・・・
グルナッシュには濃くて強いスペイン系(ガルナッチャっぽい系)がある反面で、ラヤス様あたりがやってのける南仏ピノ類似系というのがあります。
このワイン、見事にその特徴を捉えているッ!

色は比較的赤さが目立つタイプ。それほど濃くはありません。この段階でピノというよりはガメイ寄り。
香りからアセロラ、チェリーなどを主体にスパイスが後からやってきて、このスパイスのセクシー要素自体がいいワインの予感を携えています。
果実感自体はシンプルで素朴。しかしながらスパイスの胡椒感とカルダモン少々などなど、それなりにメリハリがあるのが特徴的なんですね。
味わいは、そうしたスパイス要素がまずやってきてから、今度は果実が後からピノぐらいの所謂「繊細さ」をもってやってくる訳です。
ストレートといえばストレート。ラヤス様など程の複雑感のある果実や紅茶要素、またはスパイスにはありません。
しかしながら、それを小規模ながらに演じている。
いちぢく、チェリー、アセロラなどの果実要素はチャーミングだし、それらをおおってスパイシーさがしっかりと見えて作品を大人にしているような。
中国茶よりは英国茶なタッチ、くせっけのあるライチ感が微量に感じられることも。
アフター自体は長くないものの、そうした要素がバランス良く入っているためドリンカピリティと料理への合わせやすさが良好。
自分で買った以外に、先日の中華との合わせにも持って行かれたワインなのですが、中華に対してはアリアニコ同様に抜群に楽しませてくれるでしょう。
ヌフらしさ、というものを表現しつつ、その中でもどちらかというと最高峰と言われる「ピノ寄りのグルナッシュ」の立場でいるという・・・・・・
ヲタクが大好きなセクシーで誘ってるけど処女的なアレを彷彿とさせます
おそらく、来年とか去年のこのワインにはなかったんじゃないでしょうか?2012年、なんだかスゴイヤバイヴィンテージでしたっけ?

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ワォ!このタイプのヌフが3000円!?ケースの準備が必要だ!!
という訳で、私はとりあえずクリスマス用に一本ストックいたしました。
ヌフという一等地のしかも充分に楽しめるワインと、ターキーレッグをかぶりつくサバイバルなサイレントナイトが今から楽しみになっちゃいます一人身だけどネ
グルナッシュという品種が、実はピノに近いタイプであることを知るのには安いという他ないワインです。
それも熟成しているわけでもないワインで。本当に大手がこういう事しちゃうと小規模生産者が困っちゃうんじゃないの?という感じ。
プレゼントにするには全く向かないのですが、デイリーにグルナッシュが欲しいならこれはダークホースでしょう。

という訳で、レミー・フェブラス・シャトーヌフ・デュ・パプでした。
大した情報が得られない上に土地の割に格安なワインでしたが、それゆえに奇跡が起こったのかもしれません。
毎年コレだったら、とっくに大人気ワイナリのハズですもの・・・・・・たまには飲んでみるモノですねぇ大手。

ヴィンテージも書いてないような不安さがありますが、楽天最安値はここ。必ずヴィンテージはたずねてくださいネ

スパイシーかつ少女的な
関連記事

| フランス | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/506-5346cf2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT