オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モナストレルと国際品種の魅力 プエルトサリナス・アリカンテ07

うぇるかむ!
今、ワイン業界ではスペインに注目させようとどこも必死です。
価格帯の安さの割に強く濃い味わい。なので、値段が上がりに上がっている地域や安い印象がつきすぎているチリに変わってどこも倍プッシュ中。
流行にのっている酒屋はスペインワインが多くなっています(大分最近落ち着いてきましたが)。

741828982.jpg

本日はこちら、ボデガス・シエラ・サリナスプエルト・サリナス07
スペインの代表的なぶどう品種として「テンプラリーニョ」「ガルナッチャ(フランスではグルナッシュ)」「モナストレル」があります。
今日はその中でもモナストレルを多く使用しているワインです。

ラベル・歴史(最大5pt)
♥♥
シンプルな黒背景に文字配置というラベル。ちょっと特色に欠ける印象があり身分相応な雰囲気かも。
作り手はボデガス・シエラ・サリナスで比較的若い生産者のようです。
新参アニメーターって感じ?
パーカーポイント(WAポイント)は90点以上をこのワインでとっています。
割りとスペインの評価者WAは甘いのか90点以上の利率が高い印象もあるのですが、なかなかな点数ではないでしょうか。

味わい・香り(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
色はかなり黒く、ギリギリ透かして見える程度。
果物よりもモカやビターチョコの印象が目立っていて、値段の割に落ち着いた印象から入ります。
ほんのりとアメリカンチェリーのような味わいがするのですが、これが一度みえ始めるとジャムのような濃さ。
この香りが出始めてからが本領発揮ですね!一気に華やかさが出てきます。
スペインといえば樽の強いワインが多いのですが、今回飲んだものはかなりこなれており、くどくなくいい塩梅でした。
余韻は30秒程度。日持ちはそれほどしないかもしれません。
口残りにブレンドされたカベルネのハーブの香りが入り、なかなか上品に仕上がっています。
ちょっとしたゴシック風なワイン。

puerukannte.jpg


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
味わいの重たさや作りのバランス感の良さで、2100円程度で手に入るのはモナストレルという品種ゆえ。
ラベルなどの地味さや贈呈品にするには渋いセレクトになるので、自宅用にいいでしょう。
ゆったりとソファに座って壮大な歴史ものの映画をみながらどっぷり飲んでみてください。
アニメ的には・・・ガンダムUC?

スペインワイン=樽がくどくてべらぼうな甘さ、という印象の方は見かけたら是非飲んでみてください。
価格帯以上に高級感があるものが結構ありますよ。
萌えアニメばっか作ってるわけじゃねーぞ!と怒られるみたいな気分。

関連記事

| スペイン | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/5-43a7c769

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT