オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JOJOっぽい紋章で有名?定番の名家のルージュの実力! モンジャール・ミュニュレ・ブルゴーニュ・ピノノワール2012

うぇるかむ!
当ブログもたまにはふっつーなブルゴーニュ・ルージュもやろうかなぁなんて唐突に思ったのでした。

X7mLs.jpg
ど定番ですネ!
モンジャール・ミュニュレのブルゴーニュ・ルージュの2012であります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ど有名な手のアイコン!
承太郎さんとしか多くの荒木飛呂彦信者には見えないんじゃないでしょうか?
っていうか、荒木飛呂彦側がここからインスパイア??
というのがモンジャール・ミュニュレ、ブルゴーニュファンには説明不要なワイナリの一つです。
Ptv8z.jpg

何かドメーヌ(家ね)もふっつーな。
ヴォーヌ・ロマネ村の大所有社のひとつであり、特急畑エシェゾーをDRCの次に多く所有している事で名をはせています。
近年になってビオロジックも展開。超ド大手といっていいでしょう。
で、そんなド大手が作るド大量のブルゴーニュ・ルージュなわけですネこれ。
ゲーム業界でいえば・・・うーん、どこだろ、バンナムというよりはソニー的立場?
それもそんなに良い年ではない2012年、さてさてどうでるかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
ふっつーに良く出来たピノ
少しまだ尖った酸がある気がしますが、まぁそれなりに飲めるタイプのピノとして仕上がっています。
すごく妥当性があり、そこそこの高級感を兼ね備えたスタイル。

色は赤紫の濃い目。
香りに葉っぱ感がそこそこに感じられ、重た目のチェリーの要素。
意外なほどにシックな苦味成分が感じられるのが特徴ですね。
果実要素よりは葉物の印象が強く出過ぎているともいえますが固さゆえ?
味わいも同様に、苦さがほんのり残りつつもチェリーなどをストレートに伝えてくれます。
割りと真剣味があります。なんか果実の感覚が沈んで感じられるんですね。
それは、こう結実不良とかではなくこうマジメさが見られるような・・・・・・
果実の重さと苦味要素が目立ちますが、それらが総合して良くまとまりを感じさせてくれるバランスには仕上がっています。
軽口の、それこそヌーボーライクだったりアメリカやニュージーのライトなピノの感覚にはあらず、正統派のフランスの品質を感じます。
甘味や酸味で推さない辺りはとてもブルゴーニュらしいといいますか・・・・・・
正統派の6時台アニメとすらいえましょう。全うな作りを感じる。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(ブルゴーニュファンなら+♥)
その真っ当さで2500円前後ならグッド!
もちろん、上位のレベルに比べればずっと落ちますが、醸造力の高さを伺わせはしてくれます。
ヴィンテージ的にちょっと重たさやミネラル感などの細かい調整が上手くない気もしますが・・・・・・充分にブルゴーニュを感じさせてくれるんですね。
素朴さゆえに思い出させてくれるブルゴーニュらしさ。
ただ、あんまり日持ちはしそうにありません。グラス内変化だけでも酸が出やすかったように思います。
複数人でしっとりと呑む時に(パーティーというよりは懇談会的な?)大人なピノを選ぶならば悪く無いと思います。

という訳で、モンジャール・ミュニュレの最下層であろうブルゴーニュ・ピノノワール2012でした。
正直、ブルゴーニュ・ルージュって私はあんまり推奨しないスタイル(本気じゃないのが明らかなのぜ)なんですけれども、長年のやり手は伊達だけで大手になっていないことをヒシヒシと感じさせられてしまいますネ。
ブルゴーニュも選びかたが大事ということです!

これからもっともっと高くなるブルゴーニュ。逆に今のうちに呑む必要性がある?

やれやれだぜ・・・
関連記事

| フランス | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/496-b03893ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT