オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーストラリアサンジョベーゼの熟成レベルはすごいかも? ピズィーニ・サンジョベーゼ・キングヴァレー2005

うぇるかむ!
「サンジョベーゼ種は世界で最も有名なイタリア地品種である」
と言われて、違和感と反論が出来る人はワイン通です。まずサンジョベーゼって何?ってなる人。まぁ、普通です!
さておき、そんな訳で今日はオーストラリアサンジョベーゼについて書く訳であります。

vohGN.jpg

ピズィーニ・サンジョベーゼ2005
オーストラリア版サンジョベであります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はシンプル系のエンブレムと文字という形。特別な要素はないといっていいでしょう。
fiCpB.jpg
裏面も極めてシンプル。
ピズィーニというのはファミリーネーム。
彼らはイタリア(アルト・アディジェ)からの移民で、最初はタバコ作りをしてたとか。
で、そんな彼らがふと1980年代、それこそワインブームが着てる時に「うちらの祖国のブドウ植えたら面白くネ?」と始めたのがこのワイナリーであります。
そんなに大々的な評価はなさそうなのですが、ジャンシス・ロビンソン女史が
「この辺りはイタリア品種が植わってるけど、大体ピズィーニのせいよね」
とか言ったとか言わないとか。
なかなか面白い試みをしているっちゃーしているワイナリではありますが、どうにもインポーターが現在ついていないようで日本国内ではあまり見かけないかもしれません。
こういうワイナリこそ、面白くてオンリーワンなところがあると思うんで中途半端かつダサいふつーなワイナリ仕入れてる場合でないと思うのですが・・・・・・とにかく、まぁ、オーストラリアのサンジョベという段階で面白いワイナリでございます。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
それなりに熟成!
私自身、正直なところそれほど熟成したサンジョベーゼを体験している訳ではないのですが、しっかりとほぼ10年の月日を感じさせつつ、オーストラリアらしい熟した果実感がある逸品でした。

色は褐色がエッジに入っており、真ん中も朱色。それほど澱はありませんが、底の方には流石にチラチラ見えます。
香りに旨味感と梅っぽさ、それとハーブ系要素の明るい感覚・・・・・・と、まさにイタリアど真ん中の香り。
それだけでなく、どこかそのハーブにオーストラリアっぽいユーカリ成分を感じさせるのが気のせいかしら?
割りと青臭さがある香りだと思います。カベルネにトスカーナサンジョベーゼよりも近いかも。
味わいは確実に熟成したワインである事がわかる出来であり、旨味感が如実。
口当たり自体はスラッとした通りのいいタイプで、キノコ感や魚醤っぽさもありつつしなやかに見せてくれます。
それでいて、果実感もちゃんと存在している部分がいいですね!
ブラックチェリー要素などがありつつ、ハーブ感がじんわりと徐々に拡大し、最後はその青さも含んだ草原っぽさで口の中を満たしてくれます。
超個人的な表現で恐縮なのですが、「大草原と手を広げた女の子」の印象です。
概ねイタリアはトスカーナのキャンティないしスーパータスカンなどなどに私は割りとこのイメージを抱くんですが、このオージーサンジョベにもかなり近いモノを感じるわけです。
それでいて、果実の甘味に関してはより穏やかかつじっくり感じられる。
イタリアの明るい吹き抜けた感覚、というよりはちょっと夕焼け空ぽさがあるような仕上がり。
んんー、それなりの熟成サンジョベーゼとしてかなり秀逸では?

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(ただし買えれば)
実は私が最後の購入者かもしれない・・・
という訳で、万人にオススメが出来ないのです。SORRY!
ただ、もしも、このワインを売っているところを見かけたならば速攻で購入するのがいいでしょう。
勉強的な意味でも、味わいの面白さとしても、ワイン通を楽しませてくれる事を保証します。
何故ならば、このワインはオーストラリアらしくスクリューキャップ!
サンジョベーゼの熟成というのをシンプルに「ブショネかどうか」に怯えることなく感じられる確率が高い。
そのうえで、オーストラリアという地品種ブレイカーであるという。ついでに、一応AVA程度には産地も限定されてますし。
総合的に、これだけの条件でワイン通が喜ばない訳がないのです。
普通にプレゼントに使うには向きません。マニアの為の逸品といえましょう。

という訳で、ピズィーニ・サンジョベーゼ2005でした。
実は、今しがた飲みながら更新してる訳ですが、二日目でもバッチリ!
こういうワインを飲むと元々私はテロワールって大事ではあるけど重要度は低めと思っているタイプですが、余計に感じてしまいますね。
「作り手の力量、情熱でテロワールは覆せる」
私はテロワール信奉よりも、醸造家を応援したい。

ここを売り切れにしたのは私です。ゴメンネ

買えたら確実に買ってたと思う・・・

これのオープニングのイメージが出るサンジョベーゼは良質だと思う
関連記事

| オーストラリア | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/493-095af196

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT