オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

佐藤! サトウ・ワインズ・リースリング2013

うぇるかむ!
キムラにつづいて、サトウ!

vymrl.jpg

サトウ・ワインズ・リースリング・セントラルオタゴ2013
もう日本のワイナリーじゃん!と思われる可能性もありますが、ばっちりニュージーランド活躍系です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ドーモ、サトウ=サン
と、思わずお辞儀したくなるアトモスフィアのショドー!
e8wri.jpg
裏はコモンジョめいて字が並んでいるが、右下のハンコ=アイコンがゼンにあふれているではないか!!
・・・・・・という感じで、ニュージーランドリースリングですね。
相変わらず日本人が絡むと説明が丁寧やね。

佐藤嘉晃という方が作り手で、元銀行マンから転身しフェルトン・ロードやドメーヌ・ビゾーやベルンハルト・フーバー様などで働いた経験のある方です。
で、今はマウント・エドワードのワインメーカーとしてやっていく中、独立ワイナリを始めたというのがコレなのです。
2009年がファーストヴィンテージだというから実に新しいワイナリであります。
作りとしては奥さんのほうがフィリップ・パカレなどで働いていたそうで、バイオダイナミクス寄り。
SO2無添加ではないものの、かなり自然派型なようです。
さて、そんな訳で意外と見かけないNZリースリングですが実力といいますと・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
pSqe4.jpg
アイエエエ!?
ラベルのせいか、ショドーのアトモスフィアがあるリースリングであります!!

色は割りと黄緑系。
香りに青リンゴ、ライム感とオイリーさがあってなんともリースリングらしい要素が出ています。
どちらかというと果実重視ですが、その中にじわっとオイル感が交じるんですね。
味わいも同様にフルーティーさとオイリーさをそこそこにミックスさせたライトタッチ。
明るみがある感覚の中、多少の山椒要素があるアフターにもそうしたスパイス味がこっそり残っています。
ドイツほどキリッとリースリングしておらず、ちょっとゆるめなバランスにスパイスとインキーさを若干含んだような面白みのあるラフな書道感ワイン。
総合的な完成度の高さ、というよりは「なんとなーく出来てしまった」感じがするんですね。
ボトル個体差などもありそうな、アンバランスさがありそうにも思えますが・・・・・・
少なくとも、今回のはきっちり世界観のあるいいリースリングでしたネ。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
あんまり良くないヴィンテージ、とはいえこの出来で4000円アンダーぐらいであればなかなかなのではないでしょうか?
キムラ・セラーズやクスダ辺りと同じく、日本人奮闘系ワイナリですからプレゼントには少なくとも使いやすいでしょうし。
このワインを飲んで感じたのは
「ブルゴーニュとみんな比べたがるけど、ニュージーランドが近いのは実はドイツなのではないか?」
という事。
なので、ドイツファン・・・リースリングファンにもちょっとお試しオススメしたいタッチですね。
ニュージーランド白というとどうしてもソーヴィニヨン・ブランが思い浮かびますが、もしかしてリースリング国家になる日があるのか?
なんて思わせてくれますヨ。

というわけで、サトウ・ワインズ・リースリングでした。
2013ゆえか果実のボリュームがも少しあるとグッドかなぁなんて思ったのは少し。
リースリングだし、ちょっと寝かせてみるのもいいのかも?色々、飲み方を検討したくなるワインです。

ピノはほぼ売り切れてて、リースリングぐらいしか今は残ってないっぽい

そういえば今日、けいおん!の一気放送やってたそうな

個人的に、佐藤といえば、ユヤタン
関連記事

| ニュージーランド | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/480-4affa49f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT