オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

率直すぎる名前!旗印がかっちょいい シャトー・ラ・フルール・ペトリュス2010

うぇるかむ!
昨日はすっかり更新をすっぽかしましたが、今日は早朝からグランヴァンというやつナノデス。

j7126.jpg

シャトー・ラ・フルール・ペトリュス2010
意外と正統派ポムロールって当ブログはじめて?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
旗のマークがなんともジャンヌ・ダルクみたいな雰囲気で古典的な柄の中では好ましく思ってたりします。
名前の由来は「ペトリュス」と「ラ・フルール」の真ん中辺りに位置しているから、であります。
田中と佐藤と間だから田中佐藤・・・ってそんなバカな!
すごい名前ですわよコレ・・・・・・っていうか、これセカンドとか名前ままパクリ系だと思っている人も多いんじゃ(っていうか私がそうでした)
V91DU.jpg
この2010年、このシャトーとしてはppが過去最高評価で97点とってたりする評論家枠が高かった(っていうかグレートヴィンテージですしね2010年)ものです。
00年台以降は安定しだした、というのがここの特徴でそれまでは上述した「名前パクリ系シャトー」の筆頭みたいな状態だったとか。
なにせ、20年前は97点どころか87点が平均みたいな状態だったのですから。
ポムロールの巨塔、カリフォルニアでも美味しいムエックス大先生が運営しているのがキッカケ・・・でもなく1952年にはムエックス社所有になっています。
ムエックスが技術介入を強くしただろうことも思い浮かびますが、どうやら1994年に古樹のある隣畑(ラフルール側っぽい)を少し買い足したとのこと。
そんなに効果が高く出るモンですかね?っとも思うのですが、データが集めきれませんでしたスマヌ。
さてさて、そんな訳ですが実際のレベルというと

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(おそらく寝て伸びる)
流石のムエックス!
ベレール・モナンジュとかもそうなんですが、ムエックスが関わる高額ポムロールらしい舌触りの良さが良好な作りですね。
ew2x5.jpg

色はギリギリ透けない程度に赤紫。
香りがかなり強めに存在しており、プラム感やカシスとキャラメルの香り。
ハーブ感などは少なめで正統派のメルロの印象を持ちえています。
味わいはとてもスマートにメルロの絹ごしを体感出来るものとなっています。
コレコレ^~って思わず言いたくなる、まろやかな舌触りに紫の果実要素とバニラによるなめらかな味わい。
酸は少し強めですが、タンニンもキツすぎずに結構サラッと飲ませてくれちゃうんですね。
凝縮感もありエレガントなものの、味わいの変化率や多様性自体はちょっと少なめ・・・
まぁ、もう少しこれは寝かせた方が美味しいだろうというタイプではあります。案外3年後ぐらいに最初の飲み頃がきそうだなぁなんて素人ながらに考えてみたり。
今の段階でもなめらか高額ポムロールのそれっぽさを体感出来る唸るワインです。
ゴージャスともまた違う、現代的なクールさをもった貴婦人みたいな。ファンタジーのお姫様的と言えましょう。

コストパフォーマンス(最大5PT)
?(お店によって大きく異る)
これは買い時と買う店を選ぶワインです。
まず、2010年というグレート・ヴィンテージかつ高評価でお値段がダダ上がっているというのがひとつあります。
また、そろそろ各ショップに2011年ヴィンテージが入り始めており、そっちの方が一見明らかすぎるほど安いです。
参考に3つほどショップリンクを貼ると




2010年はショップ差で4000円違ったりします(探せばもっと差が出るかも)。
2011年は逆に2010年と同じショップでも1万円以上変わってくる訳です。
2010、確かに良い出来ナノデス。ただ、ここは投機によってそこまで伸びる感じでもないかなぁなんて思いもしますからかなり購入が悩ましい・・・
ただただ美味しいポムロールの比較的新しいモノが飲みたい、というのであれば推奨しえますしプレゼントには悪くない選択肢であるものの、一般的には買いづらいというのはあるかもですネ。

という訳で、ラ・フルールペトリュス2010でした。
高額ではありますけれど、ムエックスの良さは良く出ているワインでした。
たまのポムロールはいいですね。右岸は新モノも伸びやかなエレガンスを持つ事が多くてやっぱりよろしい!

本家本元はこんなになっちゃいますしネ。

旗もってると、何となくジャンヌ・ダルクなイメージ。
ジャンヌ・ダルクの生涯

ジャンヌ・ダルクの生涯
価格:741円(税込、送料別)

関連記事

| フランス | 04:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/472-e9fce8bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT