オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コラム:ワインサイトの少なさを考える

ちょっと今日は酔っちゃっててちゃんとしたノート、調べ、更新が出来そうにないので、簡易更新です。
明日、六本木にミュシャ展を見に行くのとたまたまスタッグス・リープのワインを抜いたのですが凄まじい酒石だったりで興味深く飲んでてて寝過ごさないかで心配です。

酔った頭でなにか書いておこうと思ったのですが、最近一番思う事に

ネットのワインサイトって少ないよね

という事。
ようするに、ネット世代がワインを飲んでいないという事になると思うのです。
私は完璧にオタッキー!というやつなので、その世代であろう20~30代がほとんど呑んでないだろう事実には悲しみを覚えます。

基本的に、若い世代は
・ゴミみたいな居酒屋でゴミみたいなアルコールの入った「カシオレもどき」「カルーアもどき」を飲んでいる
・第なんとかの飲料を飲んでいる
・とりあえずビール以外を知らない
・甘いお酒は飲む
・梅酒しゅきぃぃぃぃ
・日本酒しゅきぃぃぃぃぃぃ

というのが日本の情勢かなと思います。
ようするに、安くてゴミみたいなモノを飲んでいる率が非常に高く
「ご飯なんてお腹にはいればいい」
という人が多い=ワイン人口やネットを使ったワイン民が増えない
というのが実情のように思います。
またマニアックなお酒=日本酒というのがベター。
これは日本人、としては喜ばしくもありますが・・・・・・

ワインブームがきてほしい、とは思いません。
しかしながらネット世代としては、ネットにおけるワイン情報が一部ブログと店舗の誇大広告(これはしょーがないともいえますし)しかないという環境なのは非常に珍しい感があります。

そういった観点から、大手ワイン販売店の売り方にも若干違和感があるのも事実。
甘いお酒が日本人なれしていない、という定説などは特に胡散臭いかなぁと。
美味しいワインが飲めれば、価値観が大きく変わると思うのですが・・・
(かくいう私もそういう口ですし)

お酒類の中でも、発展が日本であまり望めない印象があるワイン。
多くの部分が大きく変容する必要性がありそうだなぁと思います。
関連記事

| コラム | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/47-f59339bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT