オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サンジュリアンのタルボ白ってどうなの? シャトー・タルボ・カイユ・ブラン2011

うぇるかむ!
昨日は「グルコミ」をすっぽかしたり目当てのイタリアワインティスティングも逃したり更新も出来ずと微妙な不運続きでした。
ちょっとしょんぼりしつつ、今日は久々に正統派?

VFVIk.jpg

シャトー・タルボ・カイユ・ブラン2011
そう、サンジュリアンの軍神様、白版であります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はちまっとしたボルドースタイル。いかにもいかにもな伝統の内容ですね。
タルボ自体については意外にも当ブログ登場は1年以上ぶりっぽい
サンジュリアンの中でも近年のモノは割りと安定感があって好きなシャトーなんですけどね私・・・・・・
以前の時、書かなかったんですが何気にジャック・ボワスノやステファン・ドゥノンクールといった名プロデューサーの手が加わっている様子。あぁ、どうりで早のみもokな?
今回の白、ソーヴィニヨン・ブラン80%のセミニョン20%で畑の広さは随一のタルボの中でも少ない(といっても5ヘクタールあるぞよ)場所から作られるワインとなっています。
殆どのサイト説明でパーカーたんが「ボルドーの白ではめっちゃいい方の一本なりー^^」とか言ったとかナントカっていうのがウリ文句になっています。
伝統的なメドック格付け4級、の白という事でどんなモノかな?というと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
よく出来たコーン系ソーヴィニヨン・ブラン
きっちり、良く作ってあるのではないかと。感覚としてパーカーたんが好きだと言ったらしいのは納得で、アメリカ系などにも良く見られる樽から来てるだろうトウモロコシっぽさが特徴です。
EyRbF.jpg
色はかなり濃い目で黄色さが強く出ています。この写真の映り込み方だとビールにすら見えますな~。
香りは草っぽさやライムの印象がかなり強めに出ていて、そこにコーン要素がそ~っと入ってきます。
ハチミツ要素もありますが、そんなに複雑ではなく個々の要素がハッキリと見えるタイプ。
シンプルな香り同様に、味わい自体も構成要素はライムと甘いコーンのmixin!
うーん、なんというかコーンポタージュにサラーッと柑橘を隠し味に加えたような感覚を自分は持ちました。
度数の割にアルコール感もしっかり感じられます。
アフター自体は中庸。濃い目のsbだと思います。
素直で綺麗なタイプではなく、ガッツリ作った印象の白ワインといった感じで、好みを左右するかもしれません。
個人的には嫌いじゃないぜ・・・・・・(CV:諏訪部順一)

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
価格にはバラつきがありショップ次第では4000円アンダーだったり4000円中盤だったり今現在はする模様。
なので、信頼できるショップでお買い求めくださいませ。
価格の平均的なSBを行くスタイルではなかろうかと思います・・・・・・多少カリフォルニアの有名ドコロよりは高めかも?ぐらいの感覚かなぁ。
贈り物にするには、味が多少左右されますし「小石」という使い方が私には「古明地こいし」しか思いつかなかったんですが、軍神タルボ様あやかりという使い方をするならこっちのが赤より安くていいのかも。
ボルドー白の実力をよくよく体感させてくれる、濃い口白としていい日に抜くのも悪くないかな。

という訳で、タルボ・カイユ・ブランでした。
平均して結構いい感じのワインという所かなぁと。
ボルドー格付けシャトー、意外と白が侮れないと改めて感じるにはいいワインでありました。

パッと見安かったのはここかな。

本家赤タルボ様もこんな具合。ボルドーの中では価格的にも(飲む分には)オススメ度非常に高し

ゲームも安かった
関連記事

| フランス | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/467-1ebfe483

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT