オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すっげぇ血の丘のワイン!? メイヤー・ブラディーヒル・ピノ2013

うぇるかむ!
前日に続き、ピノノワール・オブ・オーストラリア!
前回が正統派の綺麗なピノだったのに対して、今回はその逆引きのようなスタイルになります。

TtFCM.jpg

マイヤー(メイヤー)・ブラッディーヒル・ヤラヴァレー・ピノノワール2013
自然派系のワイルドピノ最新版であります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
ラベル自体は良くある「フォントだけで高いいんだか安いんだか・・・」系です。それ以上でも以下でもないシンプルすぎる感じ。
今年の5月に同ワイナリーの別口を書きましたが、そっちのが派手でしたよね
という訳で、細かいワイナリ情報などは前回参照の事。
今回のワイン、つまりブラディーヒルという場所のぶどうを使ったピノなんですよ~って話なのですが、名前の由来がすごい。まんまインポーターからコピペしますと
「毎日この丘を上り下りして働く事があまりに大変である事から」
つまり、「すっげぇ血のにじむようなところ(BLOODYには血だとかすっげぇという意味がある)」だからなのです。
ブラック企業やないか!

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
皆さんの(血のにじむ)努力のおかげでメシウマ
ガバガバと呑んでやる!ドバドバとかっこむ!!
まさにドリンカピリティピノとなっています。

色はピノらしさが良く出ているレッド。
香りにかなりチェリー感とビオっぽさが混在。
割りとわかりやすくビオビオしているのではないでしょうか。同様にチェリーの質感は強めに存在しています。
バニラ要素や他カラーの果物感などはほぼほぼなく(ないとは言っていない)、小粒目の赤果実でしっかりと。
味わいはしかしながらクリーンなのは前述のとおり。
変な臭みがなく、果実のチャーミングさがしっかりとギュッとしているという。
ほんのりアセロラ感などもあり、ゴクゴク行けるという訳。
良くも悪くも、クセッ気が「あるようでない、不思議というべきか煩雑というべきか」というところに収まっています。
個人的にはかゆいところに手が届・・・かない、という印象であったんですけれどもネ。
前回のルソーパロディの単純に縮小版、ダイジェスト番組といった印象かな。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
6000円ぐらいのワインだと考えると、少しお高めな気もしました。
この手の自然派ピノ好きで争奪戦になっており、なかなか見かけないのもあって手に取りにくいワインといえるでしょう。
本当にこのワインが好きな人は、とっくに数本家に空瓶がおいてあって不思議でない・・・・・・・
というか、2013って試飲私はしましたけど(たまーに、ティスティングカウンターで新入荷酒を振る舞う事がある)まだ出荷されてないんじゃない?
このジャンルに興味がある人にとっては、ベースを作るにはもってこいだと思います。
買ってぎゅパッ!と飲む。レッツパーリィ!!

というわけで、メイヤー・ブラッディヒル・ピノ2013でした。
新モノな事もあってフレッシュさが目立ちましたが、熟成がちょっと気になりますね。
誰か覚えてたら5年後ぐらいに私に飲ませてください(迫真

ネットショップに2012がまだあるっぽい?んですが多分表示だけで在庫切れしてるか2013出荷になるんじゃないかと。

実はカワイかったりするヤンキーお姉さんキャラ?ニッチな!
関連記事

| オーストラリア | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/463-7d02ea1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT