オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マルベックの・・・泡? フィンカ・フリッチマン・エキストラブリュット

うぇるかむ!
一個前の更新がアルゼンチン泡でしたので、それに連ねてもう一個やっておこうかなぁと。

g1QVM.jpg
フィンカ・フリッチマン・エキストラブリュット。
見えづらいですが、使用ぶどうがそうシャルドネとマルベックであります!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体は何の変哲もない仕様。むしろ、もうちょいデザイナー使ってもいいような気がしますネ。
作り手のフィンカ・フリッチマンというところも「老舗らしい」「フィンカ=シャトーの意味でフリッチマンさんが始めた」
程度にしか出てきません。
また、一時期なのか今でもなのかサントリーなど大手も仕入れていた模様。
FK4HL.jpg
要するに、結構大型のデイリー系ワイナリーです。
それだけなら、まあ普通の安いスパークリングワインなのですが、使っているぶどうがピノではなくマルベックなんですね。
これ、あれですよ、普通のドラえもんの中に何故か同人誌とかでありがちなリアルドラミちゃんが唐突に挿入されてるようなモノなんですね。
そうとなれば私の出番であります!

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
hvz4I.jpg
一応、ロゼ表記がないのでつまりロゼで作ってるつもりが無いっぽいのですが見た目は完璧にロゼでしょう。
ここのテーブルが茶色にしたって、オレンジのカラーリングなわけです。
で、香りもどことなくマルベックっぽさを感じられます。バターっぽさがしっかり出ているのですね。
チョコっぽさなどは出ていないので、恐らくこれはマルベック効果・・・のハズ。
味わいは更にその要素をハッキリと感じる舌触りになっていまして、マルベック独特の「サン・テミリオンのブレンドっぽい感触(だけどちょっと違う」な雰囲気。
で、ありながらスパークリングとしては強めの泡なのでそのチグハグさがまた面白い!
グレープフルーツとチェリー少々を主体とした味わいになっており、またちょっとした乳くささがあり。
味わい自体は単調といえば単調。しかしながら、それなりの個性は感じさせるワインであります。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(個人的に+♥)
で、2000円前後ぐらいでコレ、買えるようで。
それならばお試しあれって感じの一本になっており、平均的なところよりはひとつよいしょ出来るんですね。
安めスパークリングの妥当性の範囲ですが、しかし変わり種でもあるというまぁまぁな立ち位置。
プレゼントや一般的なパーリー向けではありません。あくまでもデイリーのひとつとしてどうぞ。
食事には意外と合わせやすいかなーなんて思っています。

というわけで、フィンカ・フリッチマン・エキストラブリュットでした。
泡のセパージュも色々考えるべきところは多いハズなんですよね。
どーしても、シャンパンないしフランチャコルタブレンドを中心に飲みがちですが、こういうのも悪くないと。

しかしネット上での販売が見当たらず。同社のカベしかなかった残念・・・ってなんかコワイ!

ふと「リッチマン アニメ」で検索したらこんなのバッカリ出てきました。これはこれでコワイ!
関連記事

| アルゼンチン | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/460-fbb0762a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT