オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本家サッシカイアより安定してるアルゼンチンピノ?ボデガ・チャクラ・バルダ2013

うぇるかむ!
昨日はお休みしましたが、一昨日に続いてアルゼンチンで何か一本書こうかと。

83NVY.jpg

ボデガス・チャクラ・バルダ・パタゴニア・ピノノワール2013
おや、左上に何かついていますね・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
dZwhi.jpg
わ、グイード家!
という訳で、イタリアの名門サッシカイアの系列のワインであります。
オーナーファミリーの甥であるピエロ氏がチリに近いパタゴニアでやっているピノ、というのが今回のいきさつです。
そのほかのデータというのがそこまで多くはなく、公式のインポーターによれば100%手作業除梗だとか土地の特異生について見ることが出来るでしょう。
初リリースが2004年と新しいのもあり、評価誌掲載率はサッシカイアのマークがデカデカとしているのに殆ど見られない模様(日本の雑誌では見かけたことがあるかな?ぐらい)
個人的に、本家本元のサッシカイアって
「安定感の悪いクラレットであり、特にセカンドのグイダルベルトは名前カッコイイけど味が酷い」
というのが見解です。あまり熟成したのを呑んだことがないというのもあるのですけれど、フラッグシップのサッシカイアは暗くて微妙な味わいだしグイダルベルトはそれがもっと酷くなっってて美味しく飲めた事がありません。
こう、なんと言いますか、オタク的に「どーでもいいというか、画面に出てくるとウザいキャラクター」ってのが私にとってのサッシカイアかも・・・・・・
贔屓してないワイナリーの海外進出版しかも品種違いなのですが果たして・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
ところが新世界ピノ・ノワールらしさ全快フルアクセル!
kq2aW.jpg
これが本家とは比べ物にならぬほど安定感のある新世界ピノになっています。
本家が「フランスのクラレットのクローン」というような方向性で戦っている最中、このバルダは場所らしさを良く捉えたバニラの強いピノになっています。
また、実はこのワイン何回か経験しているんですけれども、いずれも大きく差を感じさせず本家のヴィンテージ毎に差がありすぎる状態に比べて遥かに安定しています(それが良い人も悪い人もいるけれど)

色は良く透けるきっちりとした赤いカラー。新モノですからかなりハッキリしたカラーリングです。
香りに強くバニラ感が出ており、ビオディナミらしいんですけどそうした印象はないかも。
赤みのあるチェリーやスモモなどの果実、小粒なさくらんぼも含みますが脅かすほどではなく、キャンディにはなっていないのが良いポイント。
味わいは大体香りのイメージですね。パワフルスタイルですが、キつくない程度の味わいは出ております。
チェリーパイ、というよりはさくらんぼのケーキって感じで煮た印象はなくフレッシュ要素が強い。
一種ボージョレ・ヌーボーをずっとぐっと美味しくしたようなバランス感ともいえるかも。方向性としてはリジェ・ベレール家などがもつ「シルキーでミルキーなピノ」のスタイル。
あったか系ピノの中でもよくよく作ってある部類ではないでしょうか?本家の田舎っぽさよりずっとシティ派かもしれません。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
これで3000円前後、であれば悪くないと思います。
一族のブランド感やシンプルだけどちょっとデザイナーセンス入っているラベルからプレゼントアイテムにも該当しうる点からちょっとオマケの点数で。
今回のモノはシリーズの一番安いモデルですから、プレゼントするならランクがもっと上のやつの方が本当はいいのですがネ。でもこの価格帯ならばって感じ。
私の知り合いに、このワインを呑んで気に入りワイン会に一本持って行ってみたら真っ先になくなった!とおっしゃってたマダムもいらっしゃりーの。
万人に飲みやすくかつボリュームがあるので、ワイン会での筆頭人気は頷けるところです。

という訳で、バルダ2013でした。
新世界的な雰囲気が大きいのですが、妙に果実が生き生きしていてバニラっぽさが不快じゃない・・・・・・というのはもしかするとアルゼンチンピノの特徴?
いずれにしても、アルゼンチン=ピノの可能性は今後も深まりそうに思えてなりません。

この価格ならまぁまぁな・・・

フラッグシップがこれっぽい。過去に呑んだ事があるんですが、割りと今回ので充分な気がします。

ムッチリ、ポッタリ、ミルキーなワインを飲むと思い出すキャラが三村かな子な私。
関連記事

| アルゼンチン | 14:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/452-1d3f877f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT