オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名家のルージュの実力は只者ではない! ティボー・リジェ・ベレール・ブルゴーニュルージュ2011

うぇるかむ!
地味にピノ特集になってます。これまであんまりブルゴーニュ・ルージュ(ブルゴーニュ産ピノノワールの超広域モノ)は書いてきませんでしたが、これはなかなかの逸材だと思います。

YjdP4.jpg

ティボー・リジェ・ベレール・ブルゴーニュルージュ2011
リジェ家の分家からの一本です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はとにかくシンプルなモノになっています。
初心者にもわかりやすいぐらいの紋章、年号、生産者、産地、ピノです。
ooURL.jpg
裏もまぁシンプルな。
作り手はティボー・リジェベレール。の、ネゴスなのが今回なのですが・・・・・・まぁ、本拠地はニュイ・サン・ジョルジュにおいています。
リジェベレールというと、「ラ・ロマネ」というロマネ・コンティの隣畑のドメーヌ・リジェ・ベレールが有名ですがその血族であり、ニュイ・サン・ジョルジュのトップ畑の一つであるレ・サン・ジョルジュを引き継いだのがこちら。
アニメとかで言えば、声優の「大塚一家」みたいなモノかしら?
フェヴレイという大手にしばらく畑を預けていたのを一気に巻き返して自社のモノにし、一気にトップドメーヌへといっているノリノリなベレール一家のまぁ端の端なワインではあります。
ついでにネゴス=自社ブドウばかりじゃないわけで、そんなに期待はしていなかったのが正直なところでしたが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
おっ!ブルピノー!!
って感じの一本になっています。いわゆる繊細なってヤツなのです。

色はハッキリと赤みが強めにあります。この辺りはちょっとアメリカンなカラーかも。
香りは小規模ながらチェリーの質感があり少々のキャンディ香とスモモ。フルーツ要素の方が良く出ていて、小柄ながらまとまりは良いという。
味わいは香り同様の印象で、とってもカワイイキャラクター。
そこそこの品の良さを舌触りと控えめな小ぶりの果実&バニラで感じさせる、小公女な味わいの一本となっています。
濃さという点では不足がありますが、しなやかな印象は実にブルゴーニュ的。
案外と、リジェ・ベレールのオーラを感じさせる洗練としてまとまりのある味わいになっています。
押せ押せでも酸が強すぎるでもない、小品といった感じ。ピアノというより、オルゴールなタッチ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
今どき2000円前後でACブルって買えないもんネ!
これ、2000円中盤からもうちょっと安いぐらいの価格なんですね。
ブルゴーニュ・ルージュですら高騰しまくっている昨今、さすがのブルゴーニュキチ達ですら離れが起こっているとされている最中、2000円でこれを出すのは立派。
その分、小さな作りではありますがブルゴーニュらしさを良く捉えていて、秀逸でありながらグッドなお値段だと言えるでしょう。
まさしくコスパワインです。デイリーにかなりオススメ!
安旨産地やアホみたいなラベルに軍配をあげがちな当ブログも、流石のこの出来には正直ビビった!!

というわけで、ティボー・リジェ・ベレールのブルゴーニュ・ルージュ2011でした。
例えると5分アニメですら秀逸な作品作ってくるような生産者だと思います。
この年号でもしっとりバランス良くまとめて仕上げてくる。うーん、すごい。

ブルゴーニュ入門にもいいかも

トップは実はリシュブールだったりするティボーさんですが、本領は多分コッチよね?
関連記事

| フランス | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/443-cb44d10c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT