オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デイリー向けシュペブルはやっぱりお得感高し! リッツバーグ・クリエーション・シュペートブルグンダー2012

うぇるかむ!
今日の更新もシュペートブルグンダー。
昨日は最高峰生産者の熟成シュペブルで更新しましたが、今度は逆に「協同組合モノの若いシュペブル」です。

o9roE.jpg


リッツバーグ・クリエーション・シュペートブルグンダー2012
これはグッと安いワイン!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はちょっと高そうな感じがしないドシンプルなラベルになっています。

HSzD9.jpg

裏面もシンプル。
なので♥♥でも良さそうな感じではあるんですが、ここも農協系にもれずに微妙に名前がかっこ良かったり。
クリエーションですよ!
サンシャインクリエイション?
知り合いがこんなの担当してらしゃったの思い出しましタ
農協系で他に有名なのと言えば「キュベ・ミティーク」「ラ・パッション」「エステザルク」などなど本当何故かカッコイイ。
で、リッツバーグというのが村の中心地に建っているお城でその名前を協同組合がつけたと・・・・・・
あくまでも大量生産品なわけですが、日本だったら「姫路城・想像・ぴののわーる」みたいな感じになったのでしょうか。
そんなこんなであくまでも安めのワインです。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
ファルツ産らしい、極めて果実感のあるワイン。
ピノ・ノワールってこうだよね~って感じのボリュームの良さです。
色は割りとピンクみよりも赤さの方が強く出ています。
香りからしてチェリー缶。コロコロとしたタッチを感じさせます。味わいも同様にチェリーの印象が強く出ているんですね。
それが酸味と甘味、特に甘味の面で強めに出ており、新世界・・・というよりはNZライクな仕上がりナノデス。
味わいはそうしたシンプルさであるものの、飲みやすさと甘さが良く出来ています。
シロップっぽさは値段の割に少なめであり、果実に重点がおかれているのでクドさがない部分がグッド。
家のみデイリー用ピノとしては充分な仕上がりではないでしょうか。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
それが1500円アンダーなので、デイリーにどうぞ
各国、色々な産地で安いピノはできていますが、これもかなりのコスパワインだと思います。
苦手な人もいるかもしれないですが、何ともシュペブルらしい果実の豊かさです。
これがチリとかだとスモーキーさが出たり(コノスル先生はそういうのが無い特殊な部類)、ラングドック辺りだと草っぽさが感じられたりするのですがこれは何かというと「フルーティーさ」が強い。
良くも悪くも素朴なんですが、それが一興なワインになっています。

というわけで、リッツバーグクリエーション・シュペートブルグンダー2012でした。
特別面白い訳でもないんですが、値段がとってもいい仕立て。
繊細さを求めるには向かないんですが、ピノ種をサクッと買ってのめちゃうのがたまりません。
あんまりロリータじゃない、ちょっとジュヴナイルなキャラ好きは是非。

この値段のピノにしては本格

サンシャインクリエイションで検索したらこんなの出てきたり。何かイメージに合う。そういえばカタログとかって大手でネット販売してないのかしら・・・
関連記事

| ドイツ | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/441-8c5db879

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT