オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロティらしさあふるるわいん ドメーヌ・ジャメ・コート・ロティ2007&2009

うぇるかむ!
先日の状況からキーボードを買いました!いやぁ、いざって時びっくりしますネ。多分、ワインこぼしたのが原因(反省OTL
さて、そんな訳で新しいキーボードに慣れるためにも、ロティです!なんで?ってロティ好きだからナノデス!!

Klvc4.jpg

ドメーヌ・ジャメ・コート・ロティ。
今回は2つのヴィンテージ、ですが07の方が先に開けており09は大分日が経ってからの抜染なので正確な飲み比べにはならず・・・・・・(その分07が破格でごちそうになりました!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ロティなのでっていうのもありますが、結構ギリギリでこのぐらいかなぁと。
ラベル自体は派手気味ですが、ローヌらしさという意味では一般的な感じでしょうか。
ジョセフ・ジャメという方が立ち上げたのが1979年と古くはないワイナリー。このぐらい、ということはアメリカでパーカーたん辺りがローヌを評価し始めるホントのスタート頃でしょうか?
で、現在はその息子さんがたがやっている小規模めドメーヌ。
なんでも、このワイナリーはロティしか造らないのだそうで。故にあんまり世間的に知られていません。
ミクロクリマの話をすると、インポーターによれば75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドでリュット・レゾネで作ってたり・・・・・・と、それなりに情報は明らかになっています。
検索をかけてみると、どうもスペクテーターの評価はめちゃくちゃ高いみたいで90点後半、タンザー先生も90点前半ですが、パーカーたんの評価が驚くほど低い!
2003年以降が90点いかないロティ、という日本入荷のロティにしては珍しい気がする状態になっています(今回の09年が久々の90点でスペクテーターは97点とハイスコア)。
というわけで、好みが別れるワイナリーなのでしょうか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(09年)
お手本のようにロティ
07年は状態も状態だったので、とりあえずは
kV032.jpg
09年について書きますね。
色合いは少し濃い目の赤。それほど紫要素は強くなくてちょっぴり驚きでした。
香りにかなりきっちりとしてトリュフっぽいキノコ要素少々に肉々しさ、ベリーを主体とした香り。
それぞれがあまり明確でもない辺り(どの要素も「っぽい」どまり)はちょっと残念ですが、それぞれの香りとそして味わい自体は良くデています。
ベリーを主体として、肉感たっぷり。お手本的なロティのベースを楽しませてくれます。
スパイス要素は胡椒っぽさが多めで、それとなくセクシー・・・・・・
なんといいますか、ちょっと惜しいワインとも言えて、主要な欲しい要素は全部持ちつつも遠くで見ている感じなんですね。
野球観戦で遠くの席から見ている感じ、とでもいいましょうか。
なんJ民以外にはわかりづらい?ええっと、なんだろう、アイドルコンサートで一番遠い席みたいな?
双眼鏡で見てやるとしっかりと確認できて嬉しいんですが、あともうちょっとが欲しい感じですね。
プロ各種の意見の違いはこの加減を調度良い、と見るか濃さが足りないと見るかで好みが別れたのではないかと思います。
個人的には・・・・・・文面どおりもうちょっと、欲しいかも。
9INjE.jpg
07は更に数日経ってあんまり良い環境でもなかったようでちょっと酸味が強くはなっちゃってたんですが、大分時間が経過してかつ環境が悪くてもポテンシャルは流石のロティ。
それでも充分に楽しませてくれるワインになっていたので、日持ちは(当然ともいえますが)充分にします。
ローヌというかシラーのいいところは、数日経った時にヘンな酸化しづらいといいますか元々のボディがたっぷりどっぷりしてかつ香草系や口当たり要素がカベルネやメルロに比べて低い分、日持ちが良いように錯覚出来るあたりかな~って改めて思いました。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
というわけで、ロティで1万中間なんですがそこそこという印象であります。
ロティらしいロティ。
何かこう、コート・ロティを求めるのであればキッチリとハマってくれるワインではあります。
ロティ全体で見れば安い方ではあるので、なんとなくで一本試すには悪くはないのかも?とは思います。
プレゼントにするには、ちょっとラベル力やストーリー性が足らないようにも思うので、あくまでもロティ研究に使うのが吉。
限りなく、教科書的なロティなようでそこが平均値をとってくるのではないか(または、全体集合型評価のスペクテーターにはちょうどいい)と思いますネ。

というわけで、ドメーヌ・ジャメの一本でした。
ロティらしさマンマンで個人的には満足の行くところではありました。
相対的には少し落ちるものの、もしもコート・ロティのシラー経験の無い方は試す程度には良さげに思いますヨ。

ネットでは最新10年ぐらいしか置いてません。多分、ちょっと今呑みには向かないかも。

私がコスパ評価点♥♥♥にしてるのは、この辺りが買えちゃうからっていうのがあります
関連記事

| フランス | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/434-3eede6eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT